チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

Hot 100 歴代記録紹介① 【Most consecutive weeks in top ten after debuting in top ten】

 

こんばんは。今回はHot100で打ち立てられた一つの記録について書こうと思います。

みなさんもご存知かもしれませんが、Billboard Hot100は1958年から始まってた今年で58年目を迎える歴史のある音楽チャートです。そんな感じで長い間チャートが続けば、様々な記録が生まれます。メジャーどころでいえば、「1位滞在期間最長」や「チャート滞在期間最長」などでしょうか。

 

その他にもたくさん記録があります。その記録はwikiにたくさん載っているのでそれを参照してください!  ↓

List of Billboard Hot 100 chart achievements and milestones - Wikipedia, the free encyclopedia

 

この表に載っているように、数多くのさまざまな記録があるのですが、その中でも、このブログではこのページに昔は載っていたor昔でも載っていない記録を紹介したいと思います!

 

今回紹介するのはMost consecutive weeks in top ten after debuting in top tenという記録です。やたらと長ったらしくて分かりづらい記録だと思いますが、日本語に訳すると「トップ10圏内でデビューし、その後何週間トップ10に滞在し続けたか」というものになります。トップ10でデビューしてから一週でもトップ10から落ちるとこの記録にはカウントされないんです。

以下がMost consecutive weeks in top ten after debuting in top tenの記録です。

 

• 27 weeks – The Chainsmokers featuring Halsey — "Closer"(#1 for 12 weeks) (2016-2017)

• 23 weeks – Justin Bieber — "Love Yourself" (#1 for seven weeks)(2016)

• 21 weeks – Nicki Minaj — "Starships" (2012)
• 21 weeks – Maroon 5 - Sugar (2015)

• 21 weeks – Jutin Bieber— "What Do You Mean" (#1 for one week) (2015-2016)

• 21 weeks – Jutin Bieber— "Sorry" (#1 for three weeks) (2015-2016)
• 20 weeks – The Black Eyed Peas — "I Gotta Feeling" (#1 for 14 weeks) (2009)
• 19 weeks – Maroon 5 featuring Wiz Khalifa — "Payphone" (2012)
• 19 weeks – Mariah Carey and Boyz II Men — "One Sweet Day" (#1 for 16 weeks) (1995–1996)
• 18 weeks – Avril Lavigne — "Girlfriend" (#1 for one week) (2007)

• 18 weeks – Adele — "Hello" (#1 for 10 weeks) (2015)
• 17 weeks – Taylor Swift — “Shake It Off (#1 for 4 weeks) (2014)
• 17 weeks – Katy Perry featuring Snoop Dogg — "California Gurls" (#1 for six weeks) (2010)
• 17 weeks – Puff Daddy and Faith Evans featuring 112 — "I'll Be Missing You" (#1 for 11 weeks) (1997)
• 16 weeks – Zayn — “Pillowtalk” (#1 for one week) (2016)
• 16 weeks – Jessie J, Ariana Grande & Nicki Minaj — “Bang Bang” (2014)
• 16 weeks – Ariana Grande featuring Iggy Azalea — "Problem" (2014)
• 16 weeks - Jay-Z featuring Justin Timberlake - "Holy Grail" (2013)
• 16 weeks – Eminem featuring Rihanna — "Love the Way You Lie" (#1 for seven weeks) (2010)
• 16 weeks – Mariah Carey — "Fantasy" (#1 for eight weeks) (1995)
• 16 weeks – Eric Clapton— "Change the World"(1996)

• 15 weeks – Justin Timberlake — "Can't Stop the Feeling!" (#1 for one week) (20016)
• 15 weeks – Pink — "So What" (#1 for one week) (2008)
• 15 weeks – Mariah Carey — "Always Be My Baby" (#1 for two weeks) (1996)
• 15 weeks – Whitney Houston — "Exhale (Shoop Shoop)" (#1 for one week) (1995–1996)

 

この記録、かつては↑にあるページに載っていたのですが、おそらく「基準が分かりづらい」「最近この記録に載る曲が連発している」などの理由で削除されてしまいました。時折このページ、スリム化が図られて一部の記録が消されてしまうことがあるのです。

たしかに、私もこの記録は基準が分かりづらいとは思いますが、なぜ私がこの記録を今回取り上げようと思ったかというと、今週Maroon5のSugarがこの記録を更新しかけたからです。惜しくも首位に並んだだけで更新とはなりませんでしたが。

2012年以降は年3曲ペースぐらいでこの記録に食い込む曲が生まれていますねー。まぁそんな感じなのでこの記録のレア感が無くなってきてしまいましたね。

この記録に載っている曲は、「勢いのある人同士のコラボ」が多いですね。まあ、いきなりトップ10に入ってそのポジションを維持するのに必要なのは話題性なのですね。

 

こんな感じで今回はHot100のマイナーな記録を紹介してみました。みなさんも、ぜひHot100の歴代の記録を見てみてください。歴代の記録を知っているとチャートを見る楽しさも倍増すると思いますよ!

 

では