チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

Billboard Hot100 2015 9/12

※最初はBubbling Underコーナーです。

Bubbling UnderとはHot100の下のチャートのことです。つまりこのチャートの1位は101位相当ということです。ただし、一回Hot100に入った曲はこのチャートには入れません。

 

f:id:djk2:20150913002458j:plain

(122位相当)Sweater WeatherでHot100の14位まで躍進した、The Neighbourhoodの10月リリース予定の新アルバムからの一曲。

 

f:id:djk2:20150913002730j:plain

(120位相当)今年序盤にヒットしたTake Me To Churchで名が知られた、Hozierの一曲。このSomeone New、イギリスではまぁまぁなヒットなようで、ピーク19位まで到達。

 

f:id:djk2:20150913011536j:plain

(117位相当)母国イギリスでは爆発的ヒットを記録しているJess Glynneですが、アメリカではソロではまだHot100へのエントリーは無し。ただ、この曲がいつかHot100に入るような気がします。

 

f:id:djk2:20150913011704j:plain

(114位相当)Afrojackのサマーソング。彼は客演やプロデュースではトップ10に入ったことは多くありますが、自身の曲ではTake Over Controlでの41位が最高位。この曲はPitbullリミックスの効果が期待されます

 

※Afrojackの客演でのトップ10=Give Me Everything、Hey Mama

※Afrojackのプロデュースでのトップ10=Look At Me Now、Titanium

 

f:id:djk2:20150928062108j:plain

 (112位相当)Try Meで名を馳せたDej Loafが7月にリリースした#AndSeeThatsTheThingからの一曲、Back Up。彼女はこれから客演での活躍も期待できそう。 

 

f:id:djk2:20150928062131j:plain

(105位相当)アメリカでアルバム2位見込み、イギリスでアルバム9位と、デビューアルバムがヒットしたHalseyのNew Americana。Lana Del ReyのNational Anthemみたいな雰囲気の曲。

 

f:id:djk2:20150928062216j:plain

(102位相当)Rita OraのBody On Me。来週頃にはHot100に入っていけそうですかね。ちなみにRita Oraの自身の曲での最高位はHow We Doでの62位。客演ではBlack Widowで3位までいってます。

※結局入る気配が無くなってきてしまいましたね…

 

f:id:djk2:20150928062246j:plain

(101位相当)Lil WayneとCharlie PuthのNothing but Trouble。See You Againと同様、この曲でもCharlie Puthが主役と言えそうな一曲。Puthの人気もあってヒットしそう

 

f:id:djk2:20150928062309j:plain

Andrew McMahon in the Wilderness というアメリカのシンガーソングライターのCecilia and the Satelliteが99位で登場。リリースから一年以上経ってからのHot100登場です。

 

f:id:djk2:20150928062350j:plain

Chris Brownの新シングル、Liquorが96位で新登場。Royaltyという新アルバムに収録されるという情報もありますが、どうなのでしょうかね。

 

f:id:djk2:20150928062411j:plain

Macklemore & Ryan Lewisの新シングルDowntownが94位で新登場。2013年時のようなヒットになるでしょうか。彼らは2014年FencesというバンドのArrowsという曲で客演をつとめましたが、ヒットせず

※今(執筆時9/28)のところ調子良いですね

 

f:id:djk2:20150928062508j:plain

Nick Jonasの新曲Levelsが87位で新登場。新アルバムに収録される曲と思われています。この曲のソングライトリストにはSam Martinが名を連ねています。彼は今年多くの曲に関わっていますね。

 

f:id:djk2:20150928062531j:plain

順位は落としたものの、引き続きチャートに残ったN.W.AのStraight Outta Compton。この曲はPitchforkの「1980年代ベストソング」で3位に選ばれています。ラップ曲では最上位。

※Pitchforkの「1980年代ベストソング」のサビメドレーが素敵。

Pitchforkが選ぶ「1980年代名曲ベスト50」メドレー ‐ ニコニコ動画:GINZA

 

f:id:djk2:20150928062712j:plain

先週から20以上順位を上げて52位まで来たHailee SteinfeldのLove Myself。実はこの曲、「あること」(ここでは書けないような…)ことの歌詞を含んでいるんです…(気になる人は答えはPitchforkにあります…

(これです…)

pitchfork.com

 

f:id:djk2:20150928062850j:plain

DrakeのHotline Blingが29位まで浮上。Apple Musicの多くのDrake関連のプレイリストに入るなど、浸透してきていますね。

 

f:id:djk2:20150928062921j:plain

Jason DeruloのWant to Want Me、アメリカでも5位ピークとそれなりに売れましたが、それ以上にすごかったのはイギリスでのヒット具合で、この曲、イギリスで6月~8月で一番ヒットした曲となりました。

www.officialcharts.com

 

f:id:djk2:20150928063213j:plain

先週から順位をかなり上げてきたのHit the Quan。Watch MeやNasty Freestyleと同じく、「踊ってみた」のような動画がヒットの要因と思われます。

 

f:id:djk2:20150928063245j:plain

PVリリースの影響で、ストリーミングだけでなくダウンロード数も伸ばしたOne DirectionのDrag Me Downが一気に14位まで戻ってきました。

 

f:id:djk2:20150928063310j:plain

8位まで順位を上げ、ダウンロード数が今週1位など、ものすごい勢いでヒットしているRCityのLocked Away。個人的にはOverexposed以降のマルーン5のファンにおすすめの曲という印象。

 

f:id:djk2:20150928063336j:plain

再びCheerleaderを抜き返したCan't Feel My Face。ですがポイント自体は実は伸びていません。それでも順位が上がったのはCheerleaderもポイントが伸びていないため。