チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

Billboard Hot 100 6/4

※遅れてすいません!&画像も無くてすいません!

 

99 Unsteady - X Ambassadors

Renegadesが昨年ロングヒットを記録し、年間54位まで行ったX Ambassadorsの次なるエントリーが99位で登場。長いこと100位付近にはいたようですが、今週、ようやくHot 100にエントリー。

 

92 That Part – Schoolboy Q ft. Kanye West

Schoolboy QとKanyeによる新曲、That Partが92位で登場。2014年には3曲を年間チャートに送り込んで(客演含む)アルバム1位も獲得したSchoolboy Qですが、今年もまた活躍できるでしょうか。

 

86 No Problem - Chance The Rapper ft. 2 Chainz & Lil Wayne

Chance The Rapperがストリーミング限定で公開したアルバムが、アルバムチャートで8位を記録。(ストリーミングのみでアルバムチャートにエントリーするのは史上初!)そのアルバムから、Blessingsが93位、No Problemが86位で登場。

 

83 Redemption – Drake

Apple Musicのみ配信だった先週までと変わって、Spotifyなどでも聞かれるようになった結果、DrakeのViewsの複数曲が再登場。この83位Redemptionをはじめとして、4曲が再登場。

 

67 Wherever I Go – One Republic

稀代のヒットメーカー、Ryan Tedderが率いるOne Republicの新曲Wherever I Goが67位で登場。YouTubeでのMV歴代再生回数16位のCounting StarsやApologizeがピーク2位だったので、シングルで1位をまだ獲っていないのは有名かもしれませんが、アルバムでもまだ1位が無い彼ら。新アルバム/シングルはどうなるでしょうか。

 

66 The Sound of Silence – Disturbed

オーストラリア4位、イギリス29位など、カバー曲ながらも各国でそれなりのヒットを記録したDisturbedのThe Sound of Silence。カバーされた方した方両方の母国のアメリカではピーク42位と僅かにトップ40を逃す結果に。今週は66位まで順位を落としており、ピーク更新は厳しいか。

 

39 Me Too – Meghan Trainor

Meghan Trainorの、新アルバムThank Youからの、NOに続くシングルMe Tooが39位で登場。前アルバムTitleはアメリカ、イギリス、オーストラリアいずれも1位でしたが、Thank Youはアメリカ、オーストラリアで3位、イギリスで5位という不本意な結果に。シングルでの巻き返しが期待されます。

 

36 Ride – Twenty One Pilots

今年のはじめにStressed Outがピーク2位とスマッシュヒットしたTwenty One Pilotsの次なるシングルRideが36位とトップ40に到達。昨年Shut Up And DanceでブレイクしたWalk The Moonはその他のHot 100のエントリーが無かったので、そう考えると、わりとすごいことなのかもしれません。

 

32 My Boo –Ghost Town DJ’s

1996年の曲ながらも復活から3週間チャートに滞在しているMy Boo。ラジオにかかりはじめ、本格的なヒットを果たせば、面白いことになりそう。

 

13 Never Forget You – Zara Larsson & MNEK

DrakeやBeyoncé、Prince関連が大量にエントリーしていた時期に順位を落としていたZara LarssonのNever Forget Youですが、その大量エントリーが減って、再浮上。今週13位とピークを更新し、再びトップ10を伺います。

 

1 One Dance – Drake ft. Wizkid and Kyla

ラジオ、ダウンロード、ストリーミングいずれでも1位でもありませんが、総合的にポイントを稼いでいるDrakeのOne Danceが1位を奪還。ストリーミングの公開が広がったことが追い風になったのでしょう。

 

×Team – Iggy Azalea

2014年は輝かしいキャリアを送っていたIggy Azaleaでしたが、新曲Teamは、ヒットを記録できなかったBritney SpearsとのPretty Girls(ピーク29位)を下回るヒット(ピーク42位)に…今後のシングルorアルバムで巻き返すことは可能なのでしょうか。

 

×Youth – Troye Sivan

勢いこそはあったTroye SivanのYouthですが、最終的には15週という短い滞在で終わる結果に。インパクトこそありましたが、年間チャートに入るのは絶望的と言えそう。

 

ほか、KanyeのThe Life Of Pabloの曲が今週すべてチャートからいなくなりました。