読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

UK Official Single Chart 10/28

97 D.R.A.M ft. Lil Yachty - Broccoli (↓)

D.R.A.M.のBroccolが今週は97位。アメリカでは5位と大躍進中ですが、イギリスではかなり下位。近年、Drakeの躍進などもあって北米とイギリスのヒップホップシーンが接近しているように思えますが、そうではないケースもまだ多々ありますね。アルバムは100位圏外。

 

88 The Killers - Mr. Brightside (↓)

アメリカのHot 100と違って、長くチャートに居座る曲を制限するルールが無いため、古い曲が100位付近にいることが多々あるのが、イギリスのシングルチャート。2003年にリリースされたこのMr. Brightsideは、2016年の約半分をシングルチャート100位圏内で過ごしています。

 

66  Lady Gaga - A-Yo (New)

コラボアルバムのCheek To Cheekを除いて今まではすべてのスタジオアルバムでイギリスでアルバム1位を取ってきたLady Gagaでしたが、今回のJoanneは3位という結果に。

そのアルバムからのシングルで最高位なのはこのA-Yoの66位。ここから巻き返すことは可能なのでしょうか。 

 

37 Drake - Fake Love (New)

DrakeのFake Loveが37位で登場。急なリリースでしたが、高めな順位で登場したと言って良いでしょう。同じくSneakinも77位で登場。

 

35 Fifth Harmony - That's My Girl (↓)

Fifth Harmonyのアルバム7/27からの3曲目のシングル、That's My Girlが35位。アメリカよりも先にイギリスのシングルチャートで存在感を示していますね、今後はどうなるでしょうか。

 

11 Bruno Mars - 24K Magic (↓)

Bruno Marsの24K Magicが11位。登場から9位→10位→11位と悪くはないですが、好調とも言いづらいですね。もう少しストリーミングが上がれば良いのですが…

 

7 Clean Bandit ft. Sean Paul & Anni-Marie - Rockabye (New)

Clean Banditの新曲Rockabyeが7位で登場。客演はSean PaulとAnne-Marie。Anne-MarieはAlarmでもしかしたらアメリカでもブレイクするかも…?

 

6 Neiked ft. Dyo - Sexual (↑)

スウェーデン人プロデューサーのNeikedとDyoによるSexualが6位まで浮上でヒット中。DyoはMs. Dという名義でも活動しており、Wileyなどとのコラボ歴もあります。

 

2 James Arthur - Say You Won't Let Go (→)

1 Little Mix - Shout Out to My Ex (→)

今イギリスの上位2つを占めているのは、Xファクター出身のこの2組。両者はいずれもアメリカでの特大ヒットはまだありませんが、2曲とも近いうちにHot 100入りしそう。アメリカでも花を咲かせるか。

 

以上です。

綴り等ミスがあったら申し訳ないです。

(綴りミス怖い…)