読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

Billboard Hot 100 2/4 【スーパーボウルのハーフタイムショー予定のLady Gagaが……】

f:id:djk2:20170125215056j:plain

みなさんこんばんは。この時期のHot 100は去年のヒットがだんだん消えていき、そして今年のヒットが増えて、入れ替わる様子が見どころだと考えています。↑の画像は今週1位に返り咲いたMigos。

 

99 Marian Hill – Down

アメリカのシンガー、Marian HillのDownが99位で登場。新人シンガーとしては珍しくダウンロードでポイントを稼いでいるようです。

 

95 PARTYNEXTDOOR – Not Nice

DrakeのレーベルOVO Sound所属のPARTYNEXTDOORのNot Niceが95位で登場。DrakeのViewsのシングルWith Youでの客演、RihannaのWorkでのソングライトの実績などがある彼ですが、それらの曲と同様にこのNot Niceもダンスホール風の曲となっています。

 

94 Flume ft. Tove Lo – Say It

FlumeのSay Itが94位で再登場。ビデオをリリースした時以来。このSay Itも収録されるアルバムSkinがグラミーのベストDance / Electro アルバムにノミネートされていて、もしかしたらグラミーの時期が近づくにつれて注目を集めるかも。

 

88 Luis Fonsi ft. Daddy Yankee – Despacito

プエルトリコ出身のLuis FonsiのDespacitoが88位で登場。ラテン系ソングがヒットする時、有名歌手との組み合わせが多いですが(例Enrique Iglesias(有名)+Nicky JamのEl Perdon、Shakira(有名)+ MalumaのChantajeなど )、トップ40入りの実績もあるDaddy Yankeeがどこまで牽引車になれるか注目。

 

77 Halsey – Not Afraid Anymore

HalseyのNot Afraid Anymoreが77位で登場。Taylor SwiftとZaynのI Don’t Wanna Live Foreverと同じく、Fifty Shades Darkerのサントラからの一曲。この曲にはMagic!のボーカルNasri Atwehが参加。彼は過去にJustin BieberのAs Long As You Love Me等でもペンを取っています。

 

43 Migos – T-Shirt

MigosのT-Shirtが43位で登場。Bad and Boujee以前はFight Nightでの69位が彼らの最高位でしたが、それを1週目から超えてくるあたり、彼らの勢いを感じます。そのBad and Boujeeも今週1位に返り咲きました。

 

38 Clean Bandit ft. Sean Paul, Anne-Marie – Rockabye

Clean BanditのRockabyeが38位に上昇。トップ40入り。イギリス9週連続1位の本領を発揮しつつあります。Rather Be(アメリカでのピーク10位)を超えるか、に注目が集まりますが、個人的には客演のSean Paulがどこまで復活するか、Anne-Marieが躍進を果たせるか、にも注目しています。

※イギリスでRockabyeが9週連続1位、それに対しRather Beは4週連続1位なので一見Rockabyeがイギリスでは優にRather Beを超えたように思えますが、Rather Beを取った時はストリーミングがチャートに導入前で今とはチャートの特性がかなり違うので単純な比較は出来ません。どちらが売れたかは、まだ判断が付きづらいです。

 

28 Ed Sheeran – Castle on the Hill

先週、同一アーティストによる同時トップ10入りという新記録を達成したEd Sheeran。Shape of Youは今週も2位でトップ10圏内を維持していますが、Castle on the Hillは28位まで順位を落としています。Shape of Youではなくこちらのビデオが先にリリースされましたが、その効果での上昇が期待できそうですかね。

 

19 The Weeknd ft. Daft Punk – I Feel It Coming

最近Selena Gomezとのゴシップが報じられているThe Weeknd。それを受けてSelena Gomezの元カレとされているJustin BieberはThe Weekndを”Wack”(主にヒップホップ用語で、偽物などの意味)と発言。このI Feel It ComingはHot 100で19位とヒット中ですがR&B/Hip Hop Airplayで50位圏外、Pop系のAirplayで9位と、R&B/Hip Hop界隈よりもPop界隈で評判が良いことが伺えます。Justin Bieberの発言はチャート的に言えば正解なのかもしれません…?

 

※とはいえ、The Weeknd = Wack と決まったワケでも無いと思っています。理由はDaft PunkR&B/Hip Hop 界隈との相性が微妙そうだからです。

Daft Punkとヒップホップ界隈の関わりと言えば、2007年のKanye WestのStrongerがありますが、それもR&B/Hip Hop Airplayでは30位ピークとHot 100で1位だったことを考慮すると物足りない数字。 ではKanyeもWackなのか、と言うとそうでもなく、Strongerと同じアルバムに収録されているGood Lifeは同チャートで3位に到達しています。なので、The WeekndがWackかどうか(チャート的に)決まるかはDaft Punkが関わらないParty MonsterなどのStarboy、I Feel It Coming以外のシングルのR&B/Hip Hop Airplayの出来次第では無いのでしょうか。

 

8 Zayn / Taylor Swift – I Don’t Wanna Live Forever

ZaynとTaylor SwiftのI Don’t Wanna Live Foreverが8位に上昇。再びトップ10へ。チャートに登場した当初はポイントがダウンロード一辺倒でしたが、今週はストリーミング5位などバランスが改善されてきて、さらなる上昇も期待できそうです。

 

7 The Chainsmokers – Paris

The ChainsmokersのParisが7位で登場。Closerでは歌詞にBlink-182、ソングライトでThe Frayのメンバーがクレジットされるなどバンドの影響が見られる彼らですが、このParisはM83のMidnight Cityの影響が感じられると個人的に感じております。バックコーラスはUntil You Were Goneの客演を務めたEmily Warren。

※Emily WarrenはDon’t Let Me Downでソングライトも務めており、The Chainsmokersの右腕的存在なのかも。

 

× Lady Gaga – Million Reasons

Lady GagaのMillion Reasonsがヒットしないままチャート圏外へ。Joanneからのシングルは軒並み不調。2/5に開催されるスーパーボウルのハーフタイムショーでパフォーマンス予定の彼女ですが、そこで華麗なる復活を遂げられるでしょうか。

 

× Young M.A. – Ooouuu

Young M.A.のOoouuuがチャート圏外へ。ピーク19位とヒットしたものの、年を跨っている関係で年間チャートには入るのは難しそう。他のHot 100エントリーは今のところありませんが、このOoouuuは評論家から高い評価を得ているようで、彼女の今後の動向、並びにヒットには期待が持てそうです。

 

 

チャートで今週伸びを見せた曲たち

今週最もラジオで伸びた曲 Ed Sheeran – Shape of You

今週最もダウンロードが上昇した曲 Andy Grammer – Fresh Eyes

今週最もストリーミングが伸びた曲 Migos ft. Lil Uzi Vert – Bad And Boujee

最も高い順位で新登場した曲 The Chainsmokers - Paris

 

今週チャートから姿を消した曲

(左の数字は先週の順位)

100 Granger Smith - If the Boot Fits

98 Russ - What They Want

97 J.Cole – Immortal

96 Lady Gaga - Million Reasons

89 Sam Hunt - Drinkin' Too Much

75 Brett Young - Sleep without You

52 Florida Georgia Line ft. Tim McGraw - May We All

41 gnash ft. Olivia O'Brien - i hate u, i love u

39 Young M.A. – Ooouuu

 

 

近いうちのヒットが期待されるシングルたち

Hot 100以外の場所で好調なものの、Hot 100にエントリーしていない曲を集めました。

 

Spotify (アメリカ、デイリーで上位50位圏内)

28 AJR – Weak

39 G-Eazy ft. Marc E. Bassy – Some Kind of Drug

47 The Vamps & Matoma – All Night

50 Julia Michaels – Issues

この曲はいわばSelena Gomez版のPPAPかもしれないです?要注目かもです。

 

Shazam (探索 → アメリカ合衆国のトップ20、おそらくラジオの指標です)

16 Hey Violet – Guys My Age

 

プレイリストはこちら