読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

Phoebe Ryan インタビュー withビルボード 和訳

 

 

2015年頃から自分が注目している、Phoebe Ryanのインタビューされているようで、これは是非紹介しよう!ということで初の和訳に挑戦してみようと思います。

 

英語力は可もなく不可もなし、といった感じなのでミス等があるかもしれませんので、不安な方は原文をご精査お願いします。

 

それでは和訳を進めていきます!インタビューのページはこちら

www.billboard.com

Before becoming a singer in her own right, Phoebe Ryan crafted hit songs for the likes of Skizzy Mars, Bea Miller and Britney Spears. Last year, though, the 26-year-old Texan -- who grew up in New Jersey and recently relocated to Los Angeles -- stepped up to the mic. She first released a mashup of R. Kelly’s “Ignition” and Miguel’s “Do You,” which has garnered over 1.8 million views on YouTube, and followed the track up with two originals, “Mine” and “Dead.”

 

彼女の名義で歌を歌う前から、Skizzy Mars, Bea Miller, Britney Spears等のヒット曲に携わってきたPhoebe Ryan。ニュージャージーで育ち、最近ロサンゼルスに引っ越した26歳のテキサスっ子はついにマイクを手に取りました。彼女が最初にリリースしたのはR.KellyのIgnitionとMiguelのDo You...のリミックス。この曲はYouTubeで180万再生まで到達し、後に彼女自身の楽曲MineとDeadをリリースした。

 

Now, Ryan -- who rocks striking electric green hair -- is riding the wave of her first Hot 100 hit for her feature on The Chainsmokers “All We Know.” She spoke with Billboard about what she has learned from having a successful song, how she first met The Chainsmokers and what she has in store for 2017. 

 

緑色のきらびやかな髪の毛が際立つRyanはThe ChainsmokersのAll We Knowの客演で初のHot 100入りを果たし、今波に乗っている。彼女は、そのAll We Knowの成功で何を感じたか、どのような経緯でThe Chainsmokersと面識を持ったのか、2017年の計画などについて、ビルボードに語ってくれた。

 

What was it about “All We Know” that made you want to be part of the song?

Phoebe Ryan: I can’t remember exactly the day or what I was doing, but when I sat down and listened to that song it really made me feel something. It’s so honest. It says everything in a poetic way, while still being very straightforward and to the point. I recorded the demo, and they called me, saying, “We need to record the vocals for this tomorrow.” That’s how fast they work.

 

イ:あなたが歌いたい!と感じたAll We Knowについて聞かせていただけますか。

P:いつ曲を聴いたとか、その時に何をしていたとか全く思い出せないけど、その曲を聴いた時に何か大きく心を揺り動かすようなものを感じたの。本当に。その曲では表現を本当に詩的に仕上げているのだけど、それでいて言いたいことがすごく伝わってくるの。それからデモを録音したら、The Chainsmokersは私を呼んで、「明日から声の録音を開始するよ!」って言ったの。それからは早かったよ。

 

How did you first connect with The Chainsmokers?

I met them in New York when I was living there two years ago, back in the day when they were out there too. They’re pretty hilarious -- I just liked their vibe. We’ve partied pretty hard together.

 

イ:どうやってThe Chainsmokersとコンタクトをとったのですか?

P:彼らとは2年前に、私が住んでいたニューヨークで会ったわ。彼らも当時はそこに住んでいたようね。彼らは本当に陽気で、本当に馬が合うと思って一緒によくパーティーしたものだわ。

 

How does it feel to have your first Hot 100 hit with “All We Know”?

Is it? That’s funny, I didn’t even realize it was. I don’t know! It’s amazing. It’s weird. I heard it on the radio for the first time maybe two weeks ago during an Uber [ride]. There’s a lot to learn from having a song be successful, but I just try to focus on what’s important. It’s all about the music, about the song itself.

 

イ:All We Knowでの初のHot 100入りについてはどう思われますか。

P:うーん、面白い事にまだ実感が沸かないのよね。なぜだかー。素晴らしいわ!でも不思議。この曲をラジオで初めて聴いたのは多分2週間前にUberに乗ったときなの。その出来事から、本当にこの曲はうまくいったんだわ、と思ったの、でもやっぱり何が大切か、ということを見失ってはいけないとも思ったの。それは音楽のこと、この曲自体のことも。

 

What would you say is your personal songwriting process?

I’d say it’s pretty different everyday. Some days I want to dive into a concept and some days I’m just wanting to do melodies. It’s kind of hard for me to talk about the process now because I have been on a break for a few weeks from writing, just because I wrote everyday for four months, so I’m taking a really long break just to restart everything. I’m trying to forget everything I know and think about what I can do better.

 

イ:あなたの歌を書くとき、どのような過程で曲を書いていますか?

P:それは時と場合によって違うの。曲の主題についてずっと考えている時もあるし、メロディーにただ乗りたいと思う時もあるの。でも、実はわたし今曲を描くのを休憩中だから、曲を書く過程について話すのは難しいの。私は4ヶ月くらい毎日曲を書き続けてきていて、長めの休みを取って、リフレッシュすることにしたの。出来るだけ今まで見てきたものを忘れて、どうやったら上手くいくかを考えているの。

 

You’re about to head out on tour with Tove Lo, what’s the best advice she has given you?

I’m really excited. It’s really cool, she’s amazing and we’re both really pumped for this tour and it means a lot for both of us. She’s literally walking wisdom in my eyes. Whenever she tells me a story about the business or whatever is going on I’m just like, “Wow, I should be taking notes.” She’s just super smart and on top of her s---.

 

イ:あなたはそろそろTove Loと一緒にツアーを回るそうですね。何か良い助言はありましたか?

P:本当にクールで楽しみだわ。彼女は天才的だし、私達はお互いこのツアーに向けて意気込んでいて、このツアーは私達にとって大きな存在なの。彼女は文字通り歩く知恵 ― 私の目にはそう写るの。彼女がビジネスのことや、今何が起こっているなどを話してくれる時、「あぁ、ノートとらなきゃ」と思うの。本当に賢いし、もう本当にアレよ!

 

Looking ahead, what else do you have in store for 2017?

A lot more music, I think it’s time to put some more music out. It’s kind of refreshingly a mystery to me at this point right now as I’m on my couch looking at the wall ... I would say it’s going to be an interesting year.

 

イ:では、今後のお話を。2017年、何か計画はありますか?

P:もっと音楽を………多分いくつか音楽をリリースするべき時が来たと思っているわ。ソファーに座って壁を見つめながらこういうことを言うのは奇妙なことかもしれないけど、今年は面白い年になるに違いないわ…!

 

 

いかがでしたか!最後のほうにアルバム?もしくはEPを今年リリースすることを示唆していて、楽しみですね!また、この記事には書かれていませんが2015年にEPをリリースしているので、興味があったらそちらもぜひ聴いてみてください!

 

また個人的な話、和訳で気をつけたことは、日本語で読みやすくすることと、本人になりきって?訳すことです。それゆえ、やや原文からずれた訳になっているかもしれないので、そこはご了承ください。

 

Phoebe Ryanについて前に書いた記事があるので良かったらそちらも参照してみてください!

(↓の記事の2つめ)

 

あと2015年に”Mine”と”We Were Young"をお気に入りトラックに選びました。

 

あとPhoebe Ryanには直接関連しませんが、ソングライターを紹介する記事です。

djk2.hatenablog.com