読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について。変なところに熱意を傾けるオタク。

Billboard Hot 100 3/11 【初のトップ40を記録した期待の新人が逮捕!?】

f:id:djk2:20170301202119j:plain

こんばんは。今週はFuture祭りかと思っていましたが、思ったよりは増えず。

⇡の写真の2人は昨年にトップ5を記録した2人なのですが、誰だかわかりますか…?逮捕されたのは別の人です、笑 答えは記事の真ん中に書きました。

では、今週もよろしくお願いします。

 

(R) 77 The Weeknd – Reminder

ビデオが公開されたThe WeekndのReminderが77位で再登場。ただし本格的にシングル化されたわけではなく、ラジオでは期待できないために本格的に上昇する望みは薄いでしょう。

 

(N) 56 The Chainsmokers & Coldplay – Something Just Like This

The ChainsmokersとColdplayのSomething Just Like Thisが56位で登場。The Chainsmokersの曲にしては順位が低い?と思うかもしれませんが、2日の集計でここまで来ているのでむしろすごい。来週はトップ10かそれに近いところまで順位を上げるでしょう。

 

(N) 52 Linkin Park ft. Kiiara – Heavy

Linkin ParkとKiiaraのHeavyが52位で登場。かつてとは一回りも二回りも違う新スタイルの1曲には賛否両論の声が。ソングライターにSorryなどを担当したJulia Michaels、Justin Tranterを起用するあたり、彼らはJustin Bieberを目指しているのかも。

 

(N) 46 Future – Draco

Futureが先週リリースしたアルバムFutureから5曲がHot 100に登場。その中の1番人気はビデオもリリースされたDraco。46位。次点は49位のMask Off。アルバムでは見事1位でしたが、Hot 100では個人的に思っていたよりも曲数が増えず。次週に集計されるHNDRXXもアルバム1位の見込みです。

 

(N) 44 Lana Del Rey – Love

Lana Del Reyの新曲Loveが44位で登場。今後のアルバム等の新情報に期待です。この曲はビルボードからロック曲認定されていて、今週のロック・ダウンロードチャートで1位。

 

(N) 41 Ed Sheeran – How Would You Feel (Paean)

3/3のアルバムリリースが間近となったEd Sheeranの÷。その中からHow Would You Feel(Paean)が41位で登場。従来のアコースティックスタイル。オーストラリアでは3位から1位が全てEd Sheeranが占拠するなど、世界的にアルバム発売前から期待値がMax。どこまで売れ、そして何曲Hot 100に登場するのか。見ものです。

 

() 35 Rae Sremmurd – Swang

ファーストアルバムと打って変わって、シングルヒットに恵まれていなかったRae Sremmurdのセカンドアルバムでしたが、Black Beatlesのスマッシュヒットで息を吹き返したのか、後続のSwangが好調。57位 → 35位とチャートを駆け上がっています。

 

(N) 27 Kodak Black – Tunnel Vision

先週も言及したKodak BlackのTunnel Visionが27位で登場。ポイント源と思われるストリーミングは今週5位。彼にとって初のトップ40ヒットで、今後の彼にも期待が持てそうですが、先日暴行の容疑で逮捕されるなど(しかも去年も逮捕されていた)素行面が心配です。

 

(⇡) 12 Kygo & Selena Gomez – It Ain’t Me

集計が1週間フルでされ、チャート的にはじめて本領を発揮したKygoとIt Ain’t Meが12位まで上昇。Kygoにとってはアメリカでは初のトップ40(=本格ヒット)すでにポップ系ラジオを中心に支持を得ていて上昇が見込まれます。ライバルはこの曲の歌詞が向けられているとも考えられているJustin Bieberが歌ったLet Me Love You(ピーク4位)あたりでしょうか。

 

(⇡) 6 The Chainsmokers – Paris

ビデオのリリースが追い風になったのか、The ChainsmokersのParisが6位とトップ10に返り咲き。このハイペースでのトップ10ヒットを連発には【同一アーティストによる連続トップ10滞在】という記録の将来的な更新が期待できそう。(現在43週。歴代トップはKaty Perryの69週)、さらには来週DJ/プロデューサーとしては初の【トップ10に同時に3曲入り以上】という記録も期待できそう。

 

(⇡) 4 Bruno Mars – That’s What I Like

グラミーやブリットアウォードでのパフォーマンスに加え、ラジオやストリーミングの好調で、ビデオ未解禁ながらも24K Magicのピークと同じ4位まで到達したBruno MarsのThat’s What I Like。Shape of Youの次の1位候補のひとつ。ライバルはSomething Just Like Thisでしょうか。ちなみにRihannaと並んで2010年代最多のトップ5を記録しています(30曲)

 

(⇣) ×Zayion McCall & Zay Hilfigerrr - Juju On That Beat

「踊ってみた」系の曲として一時期5位と瞬間最大風速はすごかったJuju On That Beatですが、ピーク後は落ちるスピードも早めで、今週チャートから姿を消しました。トップ10に入りながらもラジオには入らないという偏ったポイント源、さらにはパット見では読みにくい名前?もあり彼らの名前を覚えた人は一体どれくらいいるのか?という疑問が自分のなかで生じました。「踊ってみた」系発のアーティストの明日はどちらだ。

というわけで、最初のクイズの答えはこの2人です。

 

(⇣) × Hailee Steinfeld & Grey ft. Zedd - Starving

Hailee SteinfeldのStarvingがチャート圏外へ。この曲のプロデューサーはZeddですが、その彼の2013年の曲Stay the Nightとはいくつか共通点が。一つは似たような時期にヒットしていること。ちょうど3年前のこの時期にStay the Nightもチャート圏外に落ちました。そして年間94位という数字。Stay the Nightは2014年の年間94位、Starvingは2016年の年間94位でした。

 

(N)=new (↑)=順位上昇 (↓)=順位下降またはチャート外へ (R)=再登場

 

 

チャートで今週伸びを見せた曲たち

今週最もラジオで伸びた曲           Bruno Mars – That’s What I Like

今週最もダウンロードが上昇した曲 Kygo & Selena Gomez – It Ain’t Me

今週最もストリーミングが伸びた曲 Kygo & Selena Gomez – It Ain’t Me

最も高い順位で新登場した曲          Kodak Black – Tunnel Vision

 

 

今週チャートから姿を消した曲

(左の数字は先週の順位 ※はリカレントルールが適用された曲)

 

100 Martin Garrix & Dua Lipa - Scared To Be Lonely

99 Childish Gambino - Redbone

97 G-Eazy ft. Marc E. Bassy - Some Kind Of Drug

95 Rihanna - Sex With Me

90 Brett Eldridge - Wanna Be That Song

84 Kodak Black - Everything 1K

81 Kaleo - Way Down We Go

77 Romeo Santos - Héroe Favorito

71 Sia - Helium

54 Nick Jonas & Nicki Minaj - Bom Bidi Bom

※48 Zayion McCall & Zay Hilfigerrr - Juju On That Beat

※40 Hailee Steinfeld & Grey ft. Zedd - Starving

 

近いうちのヒットが期待されるシングルたち

Hot 100以外の場所で好調なものの、Hot 100にエントリーしていない曲を集めました。

 

Spotify (アメリカ、デイリーで上位50位圏内)

9 Calvin Harris ft. Frank Ocean & Migos – Slide

14 Zedd & Alessia Cara - Stay

21 Future ft. The Weeknd – Comin Out Strong

30 Future ft. Rihanna – Selfish

38 AJR – Weak

・次週以降はCalvin Harris, Zeddさらに既存のThe Chainsmokers、Kygoの4人によるDJたちの上位争いが見られそう。

・Futureの今年2枚めのアルバムからは、客演がいる2曲が好調。

 

Shazam (アメリカ、トップ50位圏内)

26 Bag Raiders – Shooting Stars

41 Hannah Miller – We Can Always Come Back To This

43 6LACK – Prblms

46 Russ – Losin Control

 

Bag RaidersのShooting Starsは来週に登場?現在112位相当。