読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

Billboard Hot 100 3/18 【記録連発のチャートマニア歓喜の週】

f:id:djk2:20170308195319j:plain

今週はFutureが異なる作品でのアルバム2週連続1位という史上初の記録を達成。しかし意外とシングルのHot 100へのエントリーはそこまで多くはなかったです。写真はAriana Grande ft. Future - Everyday、のビデオでのFuture。

 

 

(N) 100 Lorde – Green Light

LordeのGreen Lightが100位で登場。わずか数時間のダウンロード+ストリーミング(例えばニューヨークだと10時間)の集計ながらも、ラジオと合わせて100位に食い込みました。来週どこまで上昇するか。

※ニューヨークの3/2(木)14時(ET)に世界同時公開されたため、地域によって何時間の集計は微妙に違います。

※ダウンロード/ストリーミングは金曜~木曜(2/24~3/2)、ラジオは月曜~日曜(2/27~3/5)なので、ラジオのポイントはやや集計が長め。

 

(N) 93 Florida Georgia Line ft. Backstreet Boys – God, Your Mama, And Me

Florida Georgia LineのGod, Your Mama, And Meが93位で登場。客演はなんとBackstreet Boys。曲調としてはカントリーサウンドによるBackstreet Boysの曲、といった感じ。Florida Georgia Lineのアルバムには他にもBob Marleyの息子のZiggy Marleyと個性的な面子が。

 

(N) 78 Gucci Mane & Nickin Minaj – Make Love

Gucci ManeとNicki MinajのMake Loveが78位で登場。今年リリース予定のアルバムDrop Top Wopのシングルとも考えられています。この曲でNicki Minajは73曲目のHot 100。Aretha Franklinと並んで女性としては歴代最多のエントリー数に。客演でも人気のNicki Minajが単独トップに躍り出る日は近いでしょう。

※ちなみに一時期ライバル視されていたIggy Azaleaは今のところ11曲エントリー。今週Lil Uzi Vertと組んだCan’t Loseをリリースしたのですが、Hot 100に果たしてエントリーするのでしょうか……

 

(⇡) 46 Future – Mask Off

Mask Offが今週46位。Futureの2連リリースのはじめの方のアルバム、”Future”からのシングル群の中で唯一順位を上げました。ストリーミングでも調子をグングン上げているようで、今後アンセム化の予感。ただ、その他のシングルは奮わずビデオをリリースしたDracoとこの曲以外は、”Future”からのシングルはチャート圏外へ……

※アルバム2連続リリースでFuture関連のシングルが大量に登場するかと思っていましたが、今週計7曲エントリーと、そこまでは多くなかったです。

 

(N) 37 Future ft. Rihanna – Selfish

Futureの2連リリースの2作目、HNDRXXからはThe WeekndとのComin Out Strong(48位)、RihannaとのSelfish(37位)がHot 100に。アルバムチャート、Billboard 200では見事2作連続1位を獲得し、史上初の異なるアルバムによる2週連続アルバム1位を記録しました。また、今週アルバムチャートで1位と2位を独占しており、ラッパーとしては2004年のNelly以来だそう。

 

(N) 34 Calvin Harris ft. Frank Ocean & Migos – Slide

Calvin Harris、そしてFrank Ocean、Migosによる夏アンセム、Slideが34位で登場。Frank Oceanにとっては2012年のThinking About You以来のトップ10。Calvin Harrisの曲としてはMy Way(24位デビュー)、This Is What You Came For(9位デビュー)と比べるとスロースタート気味かもしれませんが、PitchforkがBest New Trackに認定するなど、評価が高くじわじわとヒットしていくのではないか、と予想。

 

(N) 28 Zedd & Alessia Cara – Stay

ZeddとAlessia CaraのStayが28位で登場。期待の高さが伺えるスタート順位で、Hailee SteinfeldのStarving(ピーク14位)に続いて、若手シンガーをZeddが成功に導きそう。既にポップ系ラジオでは好評なよう。(Popラジオチャート29位)

※ちなみにこの曲のソングライターのNoonie Baoにとっては初のHot 100へのクレジット。2013年のAviciiとNicky RomeroのI Could Be the Oneではボーカルを担当した彼女でしたが、その時は101位と惜しくもHot 100へのクレジットを逃していたので、その時のニアミスを今取り戻した、と言えるかも。

 

(⇣) 15 Machine Gun Kelly & Camila Cabello – Bad Things

一時期より少し順位を落とし、今週15位のMachine Gun KellyとCamila CabelloのBad Things。Camilaが去年まで所属したFifth Harmonyの最大のヒットWork From Homeと同じピークの4位まで到達していましたが、惜しくも超えるとこまでは行かず。ラップと分類されているこの曲ですが、ポップ系ラジオチャートでは1位を取っているのに対し、R&B、Hip-Hop系ラジオチャートでは50位圏外と支持層はポップス好きのようです。

 

(⇡) 13 Justin Timberlake – Can’t Stop the Feeling!

オスカーでパフォーマンスを行った効果でダウンロードを大きく増やし、13位まで順位を戻したJustin TimberlakeのCan’t Stop the Feeling!。今週41週目と、いきなり1位でデビューとロケットスタート以降もロングヒット中。チャート滞在1年に到達しそうな予感。1位デビューした曲の中でチャート滞在が最も長いShake It Off(=滞在50週)を超えそう。

 

(⇡) 8 Kodak Black – Tunnel Vision

先週よりも、一層ストリーミングの勢いが増したKodak BlackのTunnel Visionが8位とトップ10まで上昇。個人的にチャート的な意味で連想するのはBobby Shmurda。2014年にHot N**gaが6位まで上昇しましたが、その後逮捕の憂き目に遭い曲をリリースできず、ブレイクのチャンスを逃す形に。Kodak Blackの逮捕の状況はよく分かりませんが、折角このようにヒット曲が生まれたので、そのチャンスを生かしてほしいです。

 

(⇡) 5 The Chainsmokers & Coldplay – Something Just Like This

The ChainsmokersとColdplayのSomething Just Like Thisが5位まで上昇。先週の予想通り、トップ10圏内に3曲が入るという記録を達成。(ほかParis7位、Closer10位)グループとしてはThe Beatles、Bee Geesに続く3組目の快挙。

個人と合わせてもまだ7組目の快挙(※客演をカウントしない場合)

前述のThe Beatles(1964年)、Bee Gees(1978年)に加えてUsher(2004年)、Chris Brown(2008年)、Adele(2012年)、Justin Bieber(2015-2016年)、そしてThe Chainsmokers(2017年)

 

(⇣) × Niall Horan – This Town

Niall HoranのThis Townが今週チャート圏外へ。ラジオなどでポイントを稼ぎ、ピーク20位と健闘し、今年の年間チャート入りが有力と思われます。悪くはない成績ですが、一足早くOne Directionを脱退したZaynは既に1位、2位シングルを産出していて、それと比べると水を開けられている印象もあります。

 

(⇣) × D.R.A.M. ft. Lil Yachty – Broccoli

D.R.A.M.とLil YachtyによるBroccoliがついにチャート圏外へ。ピークは4位に達するなど大成功だったこの曲、D.R.A.M.とLil Yachty両方のブレイクに繋がりました。Lil YachtyはKyleと組んだiSpyが現在14位まで上昇していて、このBroccoliのような成功が目前に。

 

(N)=new (↑)=順位上昇 (↓)=順位下降またはチャート外へ (R)=再登場

 

 

チャートで今週伸びを見せた曲たち

今週最もラジオで伸びた曲           Bruno Mars – That’s What I Like

今週最もダウンロードが上昇した曲 The Chainsmokers & Coldplay – Something Just Like This

今週最もストリーミングが伸びた曲 The Chainsmokers & Coldplay – Something Just Like This

最も高い順位で新登場した曲          Zedd & Alessia Cara – Stay

 

 

今週チャートから姿を消した曲

(左の数字は先週の順位 ※はリカレントルールが適用された曲)

 

99 Future - Zoom

97 Big Sean ft. Eminem – No Favors

93 Calum Scott – Dancing On My Own

84 Dustin Lynch – Seein’ Red

83 Hey Violet – Guys My Age

77 The Weeknd - Reminder

54 Future – Rent Money

※48 Niall Horan – This Town

※47 D.R.A.M. ft. Lil Yachty – Broccoli

41 Ed Sheeran – How Would You Feel (Paean)

 

近いうちのヒットが期待されるシングルたち

Hot 100以外の場所で好調なものの、Hot 100にエントリーしていない曲を集めました。

 

Spotify (アメリカ、デイリーで上位50位圏内)

※1 Ed Sheeran – Shape of You

4 Ed Sheeran – Galway Girl

※9 Ed Sheeran – Castle on the Hill

13 Ed Sheeran – Perfect

16 Ed Sheeran – Dive

17 Ed Sheeran – Happier

20 Ed Sheeran – New Man

24 Ed Sheeran – What Do I Know?

27 Ed Sheeran – Hearts Don’t Break Around Here

28 Ed Sheeran – Barcelona

30 Ed Sheeran – Supermarket Flowers

※31 Ed Sheeran – How Would You Feel (Paean)

34 Ed Sheeran – Nancy Mulligan

37 Ed Sheeran - Eraser

43 Ed Sheeran – Bibia Be Ye Ye

47 Ed Sheeran – Save Myself

 

Ed Sheeranの曲がこのようにSpotifyを席巻しており、来週はHot 100がEd Sheeranの曲が大量登場するでしょう。Galway Girlはトップ10登場もあるか!?

※は既にHot 100に登場していますが、便宜上表示しました。

 

Shazam (アメリカ、トップ50位圏内)

27 Leon Bridges - River

46 6LACK – Prblms

 

※先週までここにいたRussのLosin Controlが今週Hot 100へ。89位。

※Bag RaidersのShooting StarsはHot 100入りならず。