チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

YouTubeにアルバムが全曲公開される? 【YouTubeにおけるアルバム公開の分析】

f:id:djk2:20170703223618j:plain

 

昨日の↑の記事で Calvin HarrisはアルバムリリースまではFeelsのビデオ以外ではYouTubeに音源すらアップロードしていませんでしたが、(Previewと称して途中までの音源のみ)一転してアルバムリリースとともに全曲がYouTubeで公開されました。

え!?YouTubeで全曲公開してしまって大丈夫なんんですか?と思う方もいるかと思いますが、この手法は現在ではもの珍しいものではなく実はそれなりの頻度で行われているものなのです。そんなYouTubeとアルバム公開の関係性について過去を振り返り、どのような傾向があるか等を分析してみようと思います。

 

どのような分析をするか?

過去にBillboard 200(アルバムチャート)で1位を獲得した曲がYouTubeにどれくらいアップロードされているかを確認して(全シングル公開=YouTubeのみでアルバムのように聞ける / 一部公開 / 全く公開されていない)のうちどれか、ということを確認していきました。

そして、どれくらいの割合で全シングル公開されているかを%で計算しました。事例が特殊なコンピレーション/サウンドトラックは計算から除外しました。

期間は2010年代~にしました。ちなみにVevoYouTube音楽配信サポート会社)が始まったのも2009年末からでした。それでは古い方から順に年ごとに分析してみます。


2010

2-Jan Susan Boyle I Dreamed a Dream 一部
23-Jan Kesha Animal 一部
30-Jan Vampire Weekend Contra 一部
6-Feb Various Artists Hope for Haiti Now  
13-Feb Lady Antebellum Need You Now 一部
27-Feb Sade Soldier of Love のちに全公開
27-Mar Ludacris Battle of the Sexes 一部
10-Apr Justin Bieber My World 2.0 一部
17-Apr Usher Raymond v. Raymond 一部
8-May Glee Cast Glee: The Music, The Power of Madonna  
15-May B.o.B The Adventures of Bobby Ray 一部
22-May Godsmack The Oracle 一部
5-Jun Glee Cast Glee: The Music, Volume 3 Showstoppers 一部
19-Jun Jack Johnson To the Sea 一部
26-Jun Glee Cast Glee: The Music, Journey to Regionals 一部
3-Jul Drake Thank Me Later 一部
10-Jul Eminem Recovery 一部
14-Aug Avenged Sevenfold Nightmare 一部
21-Aug Arcade Fire The Suburbs 一部
11-Sep Katy Perry Teenage Dream 一部
18-Sep Disturbed Asylum 一部
25-Sep Sara Bareilles Kaleidoscope Heart 一部
2-Oct Linkin Park A Thousand Suns のちに全公開
9-Oct Zac Brown Band You Get What You Give 一部
16-Oct Kenny Chesney Hemingway's Whiskey 一部
23-Oct Toby Keith Bullets in the Gun 一部
30-Oct Lil Wayne I Am Not a Human Being 一部
6-Nov Sugarland The Incredible Machine 一部
13-Nov Taylor Swift Speak Now 一部
27-Nov Susan Boyle The Gift 一部
11-Dec Kanye West My Beautiful Dark Twisted Fantasy

一部

全シングル公開率=0/27 0%

 

調査初年度はYouTubeに全公開されたアルバムは無し。今はYouTubeで音楽を聴くということが普通のように思いますが、この時代だと音のみ(Audio)のようなものは少なく、ほぼビデオのみだったと思います。つまり、聴くためのミュージックビデオではなく、見るためのミュージックビデオが想定されていたのだと思います。ちなみに2010年の全世界でのスマホの普及率は約19%。そう考えるとたしかにYouTubeで音楽を聞くという発想も出にくかったのかもしれません。

 

2011

29-Jan Cake Showroom of Compassion 一部
5-Feb The Decemberists The King Is Dead 一部
12-Feb Amos Lee Mission Bell 一部
19-Feb Nicki Minaj Pink Friday 一部
26-Feb Various Artists Now 37  
5-Mar Justin Bieber Never Say Never – The Remixes 一部
12-Mar Adele 21 一部
26-Mar Lupe Fiasco Lasers 一部
9-Apr Chris Brown F.A.M.E. 一部
16-Apr Britney Spears Femme Fatale 一部
30-Apr Foo Fighters Wasting Light 一部
11-Jun Lady Gaga Born This Way 全シングル
2-Jul Bad Meets Evil Hell: The Sequel 一部
9-Jul Jill Scott The Light of the Sun 一部
16-Jul Beyoncé 4 一部
30-Jul Blake Shelton Red River Blue 一部
13-Aug Eric Church Chief 一部
27-Aug Jay-Z and Kanye West Watch the Throne 一部
10-Sep Game The R.E.D. Album 一部
17-Sep Lil Wayne Tha Carter IV 一部
1-Oct Lady Antebellum Own the Night 一部
8-Oct Tony Bennett Duets II のちに全公開
15-Oct J. Cole Cole World: The Sideline Story 一部
22-Oct Scotty McCreery Clear as Day 一部
29-Oct Evanescence Evanescence 一部
12-Nov Coldplay Mylo Xyloto 一部
19-Nov Justin Bieber Under the Mistletoe 全シングル
26-Nov Mac Miller Blue Slide Park 一部
3-Dec Drake Take Care 一部
10-Dec Michael Bublé Christmas

一部

全シングル公開率=2/29 7%

 

翌2011年になると、ついに全公開されるアルバムが登場します。それはLady GagaのBorn This Wayでした。このアルバムはBillboard 200の歴史から見ても革命的なアルバムでした。このアルバムはリリース初週で約111万枚を売り上げて、これは2010年代で4番目に大きい数字*1なのですが、ここまでの数字を叩き出した理由はアマゾンのセールにあります。なんと0.99$(シングルよりも安い)という破格の値段をつけた結果、その1日だけでアマゾンから44万ものダウンロードを記録し、リリース初週でミリオンを達成したというわけです。

その結果を受けて2011年末、ビルボードは3.49$以下の場合、新*2アルバムの「セールス」をカウントしないというルールを新設しました。

このように、驚異的な値段設定で結果を出す → ルール改正ということで、Born This WayはBillboard 200(アルバムチャート)の歴史で革新的な1枚だと私は思っているのですが、YouTubeでも全曲公開という珍しい行動に出ていたのですね。「音楽の価格破壊」というテーマを議論する時には最重要なアルバムといえそうです。

また、それ以外にもYouTube出身のスター、Justin BieberもLady Gagaに続いて全曲公開をしています。

 

2012

24-Mar Bruce Springsteen Wrecking Ball 一部
31-Mar One Direction Up All Night 一部
7-Apr Soundtrack The Hunger Games: Songs from District 12 and Beyond  
14-Apr Madonna MDNA 一部
21-Apr Nicki Minaj Pink Friday: Roman Reloaded 一部
28-Apr Lionel Richie Tuskegee 一部
12-May Jack White Blunderbuss 一部
19-May Carrie Underwood Blown Away 一部
2-Jun Adam Lambert Trespassing 一部
9-Jun John Mayer Born and Raised 一部
30-Jun Usher Looking 4 Myself 一部
7-Jul Justin Bieber Believe 全シングル
14-Jul Linkin Park Living Things のちに全公開
21-Jul Chris Brown Fortune 一部
28-Jul Zac Brown Band Uncaged 一部
4-Aug Nas Life Is Good 一部
18-Aug Rick Ross God Forgives, I Don't 一部
25-Aug Various Artists Now 43  
1-Sep 2 Chainz Based on a T.R.U. Story 一部
8-Sep Trey Songz Chapter V 一部
15-Sep TobyMac Eye on It 一部
22-Sep Matchbox Twenty North 一部
29-Sep Dave Matthews Band Away from the World 一部
6-Oct Pink The Truth About Love 全シングル
13-Oct Mumford & Sons Babel 一部
3-Nov Jason Aldean Night Train 一部
10-Nov Taylor Swift Red 一部
1-Dec One Direction Take Me Home 一部
8-Dec Rihanna Unapologetic 一部
15-Dec Alicia Keys Girl on Fire

一部

全シングル公開率=2/28 7%

 

Justin Bieberが前年に引き続き全公開、そしてP!nkも全公開をしていましたが、その2例だけで、7%とまだまだ少数派です。

 

2013

19-Jan Soundtrack Les Misérables: Highlights from the Motion Picture Soundtrack  
26-Jan Chris Tomlin Burning Lights 一部
2-Feb ASAP Rocky Long. Live. ASAP 一部
9-Feb Gary Allan Set You Free 一部
16-Feb Justin Bieber Believe Acoustic 全シングル
23-Feb Josh Groban All That Echoes 一部
16-Mar Bruno Mars Unorthodox Jukebox 全シングル
23-Mar Luke Bryan Spring Break...Here to Party 一部
30-Mar Bon Jovi What About Now 一部
6-Apr Justin Timberlake The 20/20 Experience  一部
27-Apr Paramore Paramore 全シングル
4-May Fall Out Boy Save Rock and Roll 全シングル
11-May Michael Bublé To Be Loved 一部
18-May Kenny Chesney Life on a Rock 一部
25-May Lady Antebellum Golden 一部
1-Jun Vampire Weekend Modern Vampires of the City 一部
8-Jun Daft Punk Random Access Memories のちに全公開
22-Jun Queens of the Stone Age ...Like Clockwork 一部
29-Jun Black Sabbath 13 一部
6-Jul Kanye West Yeezus 一部
13-Jul Wale The Gifted 一部
20-Jul J. Cole Born Sinner 一部
27-Jul Jay-Z Magna Carta Holy Grail ゼロ
10-Aug Selena Gomez Stars Dance 全シングル
17-Aug Robin Thicke Blurred Lines 一部
24-Aug The Civil Wars The Civil Wars 全シングル
31-Aug Luke Bryan Crash My Party 一部
14-Sep Avenged Sevenfold Hail to the King 一部
21-Sep Ariana Grande Yours Truly 一部
28-Sep Keith Urban Fuse 一部
5-Oct Jack Johnson From Here to Now to You 一部
12-Oct Drake Nothing Was the Same 一部
19-Oct Justin Timberlake The 20/20 Experience – 2 of 2 一部
26-Oct Miley Cyrus Bangerz 一部
2-Nov Pearl Jam Lightning Bolt 一部
9-Nov Katy Perry Prism 一部
16-Nov Arcade Fire Reflektor 一部
23-Nov Eminem The Marshall Mathers LP 2 一部
30-Nov Lady Gaga Artpop 一部
14-Dec One Direction Midnight Memories 一部
21-Dec Garth Brooks Blame It All on My Roots: Five Decades of Influences  
28-Dec Beyoncé Beyoncé のちに全公開

全シングル公開率=6/39 15%

 

この年に入ると、全公開するアルバムが続々増えました。Justin Bieberが引き続き、またBruno MarsやSelena GomezなどのスターもYouTubeに全公開。この年はParamoreFall Out Boyも全公開していますが、ロックバンドは全公開するケースがやや多めです。YouTubeに上げても購買層がしっかりしている、ということでしょうか。

また気になったのはビヨンセJay-Z夫妻。ビヨンセがすべての曲にビデオを作ってそれをYouTubeにアップロードした一方、Jay-ZYouTubeに何もアップロードせず。ビデオのあるシングルもあるのですが、Facebookでの公開だったそうです。今思うとこの時から"Tidal Exclusive"の片鱗のようなものが伺えます。

 

2014

18-Jan Soundtrack Frozen   
1-Feb Bruce Springsteen High Hopes 一部
22-Feb Various Artists Now 49  
1-Mar Eric Church The Outsiders 一部
15-Mar Schoolboy Q Oxymoron 一部
22-Mar Rick Ross Mastermind 一部
24-May Various Artists Now 50  
31-May The Black Keys Turn Blue 一部
7-Jun Coldplay Ghost Stories 全シングル
21-Jun Miranda Lambert Platinum 全シングル
28-Jun Jack White Lazaretto 一部
5-Jul Lana Del Rey Ultraviolence 一部
12-Jul Ed Sheeran x 一部
19-Jul Trey Songz Trigga 全シングル
26-Jul Sia 1000 Forms of Fear 一部
2-Aug "Weird Al" Yankovic Mandatory Fun 一部
9-Aug 5 Seconds of Summer 5 Seconds of Summer 一部
16-Aug Tom Petty and the Heartbreakers Hypnotic Eye ゼロ
23-Aug Soundtrack Guardians of the Galaxy:  
30-Aug   Awesome Mix Vol. 1  
6-Sep Wiz Khalifa Blacc Hollywood 全シングル
13-Sep Ariana Grande My Everything 一部
20-Sep Maroon 5 V 一部
27-Sep Lecrae Anomaly 全シングル
4-Oct Barbra Streisand Partners ゼロ
11-Oct Tony Bennett and Lady Gaga Cheek to Cheek 一部
18-Oct Blake Shelton Bringing Back the Sunshine 全シングル
25-Oct Jason Aldean Old Boots, New Dirt 一部
1-Nov Florida Georgia Line Anything Goes 一部
8-Nov Slipknot .5: The Gray Chapter 全シングル
15-Nov Taylor Swift 1989 一部
6-Dec One Direction Four 一部
27-Dec J. Cole 2014 Forest Hills Drive 一部

全シングル公開率=7/28 25%

 

全公開率15% → 25%と上昇。昨年まで無かったヒップホップ、カントリーのミュージシャンによる全公開もこの年は見られました。ちなみにこの年はFrozen Soundtrackが長くアルバムチャート1位を支配していて、1位アルバムの数が少なめです。

ちなみにこの年の12月からアルバム内シングルのセールス、ストリーミングがアルバムチャートに集計されることになりました。1500ストリーミング=10シングルセールス=1アルバムセールスの集計です。

 

2015

31-Jan Meghan Trainor Title 一部
7-Feb Fall Out Boy American Beauty/American Psycho 全シングル
28-Feb Drake If You're Reading This It's Too Late 一部
7-Mar Imagine Dragons Smoke + Mirrors 一部
14-Mar Big Sean Dark Sky Paradise 一部
21-Mar Kelly Clarkson Piece by Piece 一部
28-Mar Soundtrack Empire: Original Soundtrack from Season 1  
4-Apr Kendrick Lamar To Pimp a Butterfly 一部
18-Apr Wale The Album About Nothing 一部
25-Apr Soundtrack Furious 7 全シングル
2-May Shawn Mendes Handwritten 全シングル
9-May Alabama Shakes Sound & Color 一部
16-May Zac Brown Band Jekyll + Hyde 一部
23-May Mumford & Sons Wilder Mind 一部
30-May Soundtrack Pitch Perfect 2  
6-Jun Twenty One Pilots Blurryface 全シングル
13-Jun ASAP Rocky At. Long. Last. ASAP 一部
20-Jun Florence and the Machine How Big, How Blue, How Beautiful 一部
27-Jun Muse Drones 一部
4-Jul James Taylor Before This World 一部
11-Jul Breaking Benjamin Dark Before Dawn 全シングル
18-Jul Meek Mill Dreams Worth More Than Money 全シングル
1-Aug Tyrese Black Rose ゼロ
8-Aug Future DS2 一部
15-Aug Jill Scott Woman 全シングル
22-Aug Soundtrack Descendants 全シングル
29-Aug Luke Bryan Kill the Lights 一部
12-Sep Disturbed Immortalized 全シングル
19-Sep The Weeknd Beauty Behind the Madness 一部
10-Oct Drake and Future What a Time to Be Alive ゼロ
17-Oct Fetty Wap Fetty Wap 全シングル
24-Oct Janet Jackson Unbreakable 一部
31-Oct Selena Gomez Revival 一部
7-Nov Pentatonix Pentatonix 一部
14-Nov 5 Seconds of Summer Sounds Good Feels Good 一部
21-Nov Chris Stapleton Traveller 一部
5-Dec Justin Bieber Purpose 全シングル
12-Dec Adele 25 一部

全シングル公開率=10/34 29%

 

少し増えて29%。なかでもJustin BieberのPurposeは (PURPOSE : The Movement) と題してすべてのシングルにビデオがつくなど、YouTubeでのプロモーションが活発的でした。逆にDrake & Futureのミックステープからは一曲も公開されず。これ以降DrakeはHotline BlingのビデオしかYouTubeにあげていません。にも関わらずシングルヒットは連発なので、この時期あたりからYouTubeと音楽が密接なものになるのと同時に、YouTubeはプロモーション上必須でもないということも言えるのかもしれないです。

 

2016

30-Jan David Bowie Blackstar 全シングル
6-Feb Panic! at the Disco Death of a Bachelor 全シングル
20-Feb Rihanna Anti 一部
27-Feb Future Evol 一部
19-Mar The 1975 I Like It When You Sleep, for You Are So Beautiful yet So Unaware of It 一部
26-Mar Kendrick Lamar untitled unmastered. ゼロ
9-Apr Gwen Stefani This Is What the Truth Feels Like 一部
16-Apr Zayn Mind of Mine 一部
23-Apr Kanye West The Life of Pablo 一部
30-Apr The Lumineers Cleopatra 一部
7-May Prince The Very Best of Prince  
14-May Beyoncé Lemonade 一部
21-May Drake Views 一部
23-Jul Blink-182 California 全シングル
20-Aug DJ Khaled Major Key 一部
27-Aug Soundtrack Suicide Squad: The Album  
10-Sep Frank Ocean Blonde ゼロ
17-Sep Barbra Streisand Encore: Movie Partners Sing Broadway 一部
24-Sep Travis Scott Birds in the Trap Sing McKnight 一部
1-Oct Jason Aldean They Don't Know 全シングル
15-Oct Shawn Mendes Illuminate 一部
22-Oct Solange A Seat at the Table 一部
29-Oct Green Day Revolution Radio 一部
5-Nov Kings of Leon Walls 一部
12-Nov Lady Gaga Joanne 一部
19-Nov Jeezy Trap or Die 3 全シングル
26-Nov Bon Jovi This House Is Not for Sale 全シングル
3-Dec A Tribe Called Quest We Got It from Here... Thank You 4 Your Service 一部
10-Dec Metallica Hardwired... to Self-Destruct 一部
17-Dec The Weeknd Starboy 一部
24-Dec Various Artists The Hamilton Mixtape  
31-Dec J. Cole 4 Your Eyez Only 全シングル

全シングル公開率=7/29 24%

 

前年よりもやや減って24%。全公開のほうは変化が少ないものの、気になるのはゼロのほう。アルバムから漏れた曲を集めたuntitled unmasteredはミックステープ的性格が強いので、そこまでプロモーションは必要ではないのでYouTubeに曲が上がらないのも納得ですが、注目はBLONDE。このアルバムはApple Music限定配信、かつYouTubeに音源ゼロなので「音楽を聞く場の移ろい」のようなものを感じます。つまり、YouTubeは誰でも無料で「音楽と出会える一番敷居の低い場所」でしたが、このように限定公開が増えると、その敷居の低い場所がストリーミングサービスに移るのでは?という考えです。ストリーミングサービスは音楽の価格破壊をしていると槍玉に挙げることもありますが、YouTube → ストリーミングサービスと移行することを考えると、必ずしもそうではないのかもしれません。

 

2017

7-Jan Pentatonix A Pentatonix Christmas 一部
18-Feb Migos Culture 全シングル
25-Feb Big Sean I Decided. 一部
4-Mar Soundtrack Fifty Shades Darker: Original Motion Picture Soundtrack  
11-Mar Future Future 一部
18-Mar Future Hndrxx ゼロ ※
25-Mar Ed Sheeran ÷ 全シングル
8-Apr Drake More Life ゼロ
29-Apr The Chainsmokers Memories… Do Not Open 全シングル
6-May Kendrick Lamar DAMN. 一部
27-May Logic Everybody 一部
3-Jun Harry Styles Harry Styles 全シングル
10-Jun Linkin Park One More Light 全シングル
17-Jun Bryson Tiller True to Self 一部
24-Jun Halsey Hapeless Fountain Kingdom 全シングル
1-Jul Katy Perry  Witness 全シングル
8-Jul Lorde Melodrama 一部

全シングル公開率=7/16 44%

※FutureのHNDRXXはボーナストラックのみ公開

 

ゼロも全公開も増えて、アーティストが繰り広げるYouTubeでのプロモーションはますます多様化しているといえます。これはストリーミングサービスに加入した音楽ファンが増えていることが関係しているのかもしれません。YouTubeに全曲あろうが、ゼロ曲だろうが、ストリーミングサービスで聞けるから関係ないという考えもできるからです。

ちなみにこの年の途中からコンピレーションアルバムはセールスのみで集計されることになりました。(Nowシリーズなど)

 

 

YouTubeが現在ポピュラー音楽で大きな役割を果たしているのは間違いありませんが、その使われ方はアーティスト、年代によって多種多様ということが分かりました。

今後「YouTubeでアルバムを聞く」ことが習慣化するほど全公開が増えることはありえるのか……!?その変化をこれからも追っていきたいです。

*1:1位Adeleの25、2位Taylor Swiftの1985、3位Taylor SwiftのRed

*2:リリース後から4週目まで