チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

イギリスシングルチャート 7/7 【新ルールの第一週目】

f:id:djk2:20170709235136j:plain

Travis Scott。今週、Goosebumpsがイギリスシングルチャートに登場したのですが、それにはある理由があります……!

 


イギリスの音楽チャートを運営するOfficial Chartsは、先月シングルチャートにルール変更を加えることを発表しました。そのルール変更とは……

・同一アーティストの曲は3曲まで (アルバム曲を抑制するため)

・古い曲のストリーミングのレートを調整する (詳細は不明)

……全ては新しい曲 / 才能を映し出すショーケースであり続けるため……

 

このルール変更はどのような効果を及ぼすのか。今週ルール実施後初のチャートだったため、チャート観察を行いたいと思います。

 

まず、どのような曲が落ちたのか。という点から見ていきます。今週チャートから外れた曲は……

先週の順位 / アーティスト名 / 曲名 / (ピーク順位 / チャート滞在週数)

100 Sigrid - Don't Kill My Vibe (62位 / 7週)
99 Ed Sheeran - New Man (5位 / 14週)
97 Drake - Blem (10位 / 15週)
96 Royal Blood - Lights Out (96位 / 2週)
95 The Chainsmokers - Paris (5位 / 24週)
94 JP Cooper - September Song (7位 / 31週)
93 Imagine Dragons - Whatever It Takes (93位 / 1週)
91 The Chainsmokers - Closer (1位 / 47週)
90 James Arthur - Can I Be Him (69位 / 7週)
89 Little Mix - Shout Out to My Ex (1位 / 35週)
88 Ed Sheeran - Happier (6位 / 16週)
87 James Arthur - Say You Won't Let Go (1位 / 42週) 
86 Starley - Call On Me (6位 / 33週)
83 Ed Sheeran - Thinking Out Loud (1位 /118週)
82 Drake feat. Wizkid & Kyla - One Dance (1位 / 65週)
81 Lady Gaga - The Cure (19位 / 11週)
78 Martin Garrix & Dua Lipa - Scared to Be Lonely (14位 / 22週)
75 DJ Khaled & Calvin Harris feat. Travis Scott & Jremih - Don't Quit (75位 / 1週)
57 Ed Sheeran - What Do I Know (9位 / 17週)
50 Ed Sheeran - Perfect (4位 / 17週)
28 Liv'n' G - Smile for Bradley (28位 / 1週)

 

以上21曲が今週チャートから外れました。先週の9曲と比べると、入れ替わりが激しい週ということが分かります。そして、太字の6曲が新ルールの影響でチャートから外れた曲だと思います。Ed SheeranはShape of You、Galway Girl、Castle on the Hillの3曲が上位にいるため、Little MixはPower、No More Sad Songs、Touchの3曲が上位にいるため「3曲ルール」に引っかかりました。またDrakeのOne Danceは1年以上チャートに入り続けていているので、古い曲のストリーミング調整に引っかかったのだと思います。ストリーミング単独では順位を上げていて、チャートから外れ無さそうな様子だったので、何かしらの調整が行われている可能性が高いでしょう。New Man、Blemはルール関係ない自然減だと思います。

この6曲に加え、この週リリースのCalvin HarrisのCash Out、Heatstrokeもおそらくこのルールに阻まれたので、この新ルールによってチャートを8枠拡大したと言えます。

そのことを頭の片隅に起きながら、今週のチャートを見ていきます。

 

100 KSI - Creature (New)

99 Bugzy Malone - Bruce Wayne (New)

98 Dua Lipa - Be the One (↓)

97 Taylor Swift - Shake It Off (Re)

96 Travis Scott (feat. Kendrick Lamar) - Goosebumps (New)

95 Katy Perry feat. Skip Marley - Chained to the Rhythm (↓)

94 Stormzy - Big For Your Boots (↓)

93 Tyler, the Creator - Who Dat Boy (New)

上記のルールが開けた8枠によって入ってきた8曲です。そのうち4曲が新登場、さらには、Bugzy MaloneとTyler, the Creatorは初のイギリストップ100、Travis Scottも客演以外では初なので、新曲 / 才能のためのルール改正という狙いは最初の週から成果が見えています。8枠は一見少ないと思いましたが、今後も効果がありそうですかね。

 

92 Future feat. Chris Brown - Pie (New)

Mask Offが22位まで一時期上昇し、イギリスでも知名度を上げてきたFutureの新曲がさっそくチャートに登場。One Dance以降Drakeはイギリスでも完全に定着しましたが、それに続く形で他のラッパーの躍進も続いています。

 

91 Not3S - Aladdin (New)

USで支持されるヒップホップの他にも、グライムなどイギリス産ヒップホップの支持も拡大。このNot3Sもその一人。このAladdinのほかAddison Leeも63位に。

 

84 Bruno Mars - Versace on the Floor (New)

David Guettaとのシングルバージョンのリリースによりチャートに新登場。

 

72 Bryson Tiller - Run Me Dry (New)

リリースから数週経っての登場。Bryson TillerのRun Me Dry。DJ Khaled、Rihannaと組んだWild Thoughtsで知名度を上げた、と思ったのですが、Wild Thoughts前後でそこまでヒット度は変わらないようです。

 

65 Raye - The Line (New)

iTunesダウンロード割引の恩恵を受けRayeのThe Lineが登場。65位。Stormzyのグライムアンセム、Big For Your Bootsのビデオに登場し、またXファクター出身の5 After MidnightのUp in Hereのソングライトに参加し、さらにイギリスの上半期6番目のヒットJax JonesのYou Don't Know Meでは客演を務めるなどイギリスで幅広い活動をしているRaye。ゆくゆくはイギリスを代表するシンガーになるかも。注目株です。

 

59 Axwell ∧ Ingrosso - More ThanYou Know (New)

Swedish House Mafiaの3人中2人が集まったAxwell ∧ Ingrosso。そのMore Than You Knowが59位で登場。この名義ではイギリス5曲目のチャート入り。この名義でHot 100(アメリカ)に入ったことはありません。ただI Love Youがポップ系ラジオで多くかかるなど、ある程度ヒットの兆しはありました。

 

56 Liam Gallagher - Chinatown (New)

新曲Chinatownが56位で登場。Wonderwallが69位、Don't Look Back in Angerが87位ほか、Liam Gallagher名義のWall of Glassが45位に入っていますが。ソロ / グループの両方で入っていても「同一アーティスト3曲以下」のルールには引っかからないようです。まあ、当たり前といえば当たり前ですが……

 

55 The Killers - Mr. Brightside (↑)

古い曲を制限するルールもどこと吹く風?イギリスシングルチャートの見どころ、The KillersのMr. Brightsideが今週も元気に55位でチャートイン。この曲は古い曲で、新しい曲のためのチャートにするならこの曲は真っ先に消されそうですが意外とチャートに残りました。この曲をどう扱うか、が今後の「新曲をサポートしたい」イギリスシングルチャートを観る上で重要な項目な気がします。

 

43 Calvin Harris feat. Future & Khalid - Rollin' (Re)

アルバムリリースで再注目を浴びて再登場。Feelsは6位まで上昇しました。アルバムチャート1位の座はEd Sheeranに譲りましたが、5曲が100位相当のストリーミングやダウンロードを記録しています。ただし、上記のような3曲ルールで実際にチャートに載るのは3曲です。アメリカではアルバム1位を取ると思っていましたが、現状DJ Khaledの2週目のアルバム1位が見込まれているようです。

 

30 ALMA - Chasing Highs (↑)

ダウンロード割引の効果で上昇。フィンランド人シンガーALMAのChasing Highsが30位まで上昇。黄色い髪がトレードマークの彼女は、Martin Solveigの新曲All Starの客演も務めています。

最近 Charli XCXとDua LipaがこのALMAを訪れてフィンランドに行ったようです。

www.instagram.com

 

24 Rudimental feat. James Arthur - Sun Comes Up (New)

今週1番高い順位で登場した曲。RudimentalとJames ArthurのSun Comes Upが24位で登場。イギリスで人気の二組による夏アンセムです。初期のJohn NewmanとのFeel the Loveというよりは、セカンドアルバムのRumour Mill風の軽やかな作風です。

 

21 Imagine Dragons - Thunder (↑)

アメリカでは今週Believerがトップ10入りし、今年初のロック曲のトップ10入りとなりましたが、イギリスではThunderのほうが人気です。

 

9 Maggie Lindemann - Pretty Girl (↑)

Maggie LundemannのPretty Girlが9位に上昇。自身初のイギリストップ10。ポイントのほとんどをCheat Codes X Cade Remixで稼いでいます(=Remixがメインバージョンのようになっています)。Cheat CodesはSexに次いで2曲目のイギリストップ10です。Maggie LindemannもCheat Codesも両方共アメリカ出身ですが、まだアメリカのチャートでは100位にも入っていません。

ちなみに個人的にはリミックスじゃない原曲バージョンが2017後期にアメリカで流行るのではないか?と密かに期待しています。

 

7 Rita Ora - Your Song (↑)

7位浮上と好調のRita OraのYour Song。2012年のデビュー以降9曲目のイギリストップ10と、イギリスで支持されています。How We Do、I Will Never Let You Down(と客演のBlack Widow)に続くアメリカのHot 100入りも期待できそうです。

ちなみにRita OraはR.I.P.ではDrake、I Will Never Let You DownではCalvin Harris、Black Widow(客演)ではKaty Perry、そしてこのYour SongではEd Sheeranがソングライトに参加するなど、多様なアーティストと組んで楽曲をリリースしています。