チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

8/11 リリース新曲/新作のチャート初動を観察 

f:id:djk2:20170812182128j:plain

こんにちは。新曲が多くリリースされる金曜日のチャート動向を定点観察しています。今週のテーマは2010年代初頭の女性シンガーが復活?、そして新旧DJの新曲が好調?などです。

 

Spotify デイリーのトップ10 (金曜日=8/11)

1 21 Savage  Bank Account
2 French Montana feat. Swae Lee Unforgettable
3 Lil Uzi Vert XO TOUR Llif3
4 DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller Wild Thoughts
5 Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber Despacito
6 Kendrick Lamar HUMBLE.
7 DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper & Lil Wayne I'm the One
8 J Balvin & Willy William Mi Gente
9 Post Malone feat. Quavo Congratulations
10 Demi Lovato  Sorry Not Sorry

 

Bank Accountが週の半ばから1位をキープ。ですが、再生数自体はSpotify1位としては控えめでBad and Boujeeのようにストリーミングの勢いでHot 100でも1位になる可能性はいまのところ無さそう。トップ10に入るかどうか、くらいだと思います。

ここ数週メガヒットアルバムや、注目を一挙に集める超注目シングルはリリースされていないので、トップ10も再生数は控えめです。

 

② 新曲/新アルバムからのシングル Spotifyデイリー順位 (金曜日)

15 Kesha Praying
21 Marshmello feat. Khalid Silence
53 Avicii feat. Rita Ora Lonely Together
59 Kesha feat. Eagles of Death Metal Let'Em Talk
61 Avicii feat. Sandro Cavazza Without You
62 P!nk What About Us
74 Kesha Hymn
78 Kesha Learn To Let Go
81 Fifth Harmony Angel
84 Kesha feat. The Dap-Kings Horns Woman
96 HAIM Little Of Your Love (BloodPop® Remix)
109 Wiz Khalifa feat. Ty Dolla $ign Something New
138 Kesha Rainbow
142 Kesha Bastards
148 Thomas Rhett Sixteen
153 Bebe Rexha (Not) The One
172 A$AP Ferg feat. Migos Nasty (Who Dat)
179 Kesha Finding You
196 Kesha Hunt You Down

 

15位までに浮上したPrayingをはじめ、アルバムをリリースしたKeshaの活躍が目立ちます。計9曲が圏内に入り、ストリーミングでもそこそこ結果を残しました。既存の先行トラックほか、Eagles of Death Metalを客演に据えたロック系トラックが人気のようです。セールスでも他をリードしているようでアルバム1位の線が強いでしょう。

ちなみにアルバムの全曲がSpotify 200位圏内に入ることも多いので、9曲は少なく感じるかもしれませんが、それはヒップホップ系統のアルバムでの事例で、女性ポップシンガーとしては9曲は上々の成績ではないでしょうか。ちなみに今年の例で比較すると……

Halsey 8/13曲 Katy Perry 4/15曲 Lorde 11/11曲 Lana Del Rey 14/16曲 Kesha 9/14曲

Spotifyで支持率が高いLordeとLana Del Reyの特徴を挙げるとしたら熱心なリスナーに人気があるということでしょうか。広く薄く受けているというよりは、一部に熱心に支持されているということです。

 

この週で一番の驚きだったのはMarshmello+KhalidのSilenceの順位の高さ。(21位) iTunesでもそれなりにダウンロードされているようなので、Aloneに次ぐHot 100入りがありそうですかね!Aloneはアメリカで60位、カナダで56位とヒットチャートではそこまで絶大な成績を残したワケではないですが、YouTubeでの再生数が多めで現在約5億1700万回再生されています(歴代250位くらいの数字)

彼はDemi Lovatoを客演に迎えたシングルが予定されるなど、仮面DJのメインストリームへの侵攻が進みそうです。

 

EPをリリースして復活を遂げたAviciiも負けじと2曲エントリー。Cashmere Cat + Benny Blancoも関わったRita Oraが客演のLonely Togetherが53位、そしてAviciiらしさを感じるWithout Youが61位に入っています。ブランクが約2年ありましたが、滑り出しは順調といえそうです。

その他Bloodpopのリミックスで再生が伸びたHAIMのLittle Bit Of Your Love(オリジナル曲は200位圏内に入ったことが無かったです)、ジャンルごちゃ混ぜなEPをリリースしたBebe Rexhaの(Not) The One、そして後述するP!nkの新シングルなどが登場しています。

 

iTunesトップ10+新曲の順位 (金曜日)

1 P!nk What About Us
2 Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber Despacito (Remix)
3$ Liam Payne feat. Quavo Strip That Down
4$ DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller Wild Thoughts
5$ Niall Horan Slow Hands
6$ Charlie Puth Attention
7$ Shawn Mendes There's Nothing Holdin' Me Back
8 Kesha Praying
9 Sam Hunt Body Like a Back Road
10 Imagine Dragons Believer

 

14 Thomas Rhett Sixteen
16 Kelsea Ballerini Unapologetically
17 Wiz Khalifa feat. Ty Dolla $ign Something New
21 Bebe Rexha & Florida georgia Line Meant to Be
29 Marshmello feat. Khalid Silence
✫33 Kesha Praying
✫48 P!nk What About Us
53 Samir Merzrahi A a a a Very Good Song
55 Kesha Rainbow
63 Glen Campbell Wichita Lineman
66 Glen Campbell Rhinestone Cowboy
81 Kesha feat. The Dap-Kings Horns Woman
87 Glen Campbell Gentel On My Mind
90 Jake Paul That Ain't On The News

$は割引 ✫は複数バージョン

 

P!nkのWhat About Usがダウンロードで他を圧倒。Shape Of Youのプロデュースで一躍脚光を浴びたSteve Macプロデュースの1曲で、流行りを意識した作りに。女性シンガー不振がよく話題に上がる今年ですが、このダウンロードの調子なら他の指数次第ではトップ10登場になりそうです。P!nkの息の長さには驚きです。

Despacitoも元々のJustin Bieber無しバージョンの方を値下げし、少しダウンロードを伸ばしているので、週の最後にはダウンロード1位は合算で再びDespacitoになる可能性もあるかもしれません。

その他Thomas Rhett、Kelsea Ballerini、のカントリー界の若手のシングルがダウンロードで好調。

※A a a a Very Good Songという謎シングルがダウンロードのランキングに入っていてその理由がよく分からなかったのですが、どうやらこの曲は10分の無音シングルのようです。なぜ無音シングルがここまで上昇しているのかというと、理由は曲名にあります。Apple Music等の媒体で何も再生されていない状態で ▶(再生)ボタンを押すとABC順で一番最初の曲がいきなり再生されますが、このA a a a ~をダウンロードすることによってこの無音シングルがまず再生されるようになり、いきなり不意の音楽が流れることを避けることができるのです。要はiTunesシングルチャートの中に歌と混ざって「便利ツール」のが入ったような感覚です。もちろん新人、かつ無音の曲としては異例の大躍進ですが、Hot 100からは程遠く”シングルヒット”というのには程遠いです。

参考↓


 

iTunes アルバム順位 

1 Kesha Rainbow
2 Moneybagg Yo Federal 3X
3 Lindsay Ell The Project
4 dodie You - EP
5 Jesus Culture Love Has a Name (Deluxe) [Live]
6 Various  Vol. 2 Guardians of the Galaxy: Awesome Mix Vol. 2
7 Kesha Rainbow
8 Avicii AVĪCI (01) - EP
9 Glen Campbell 20 Greatest Hits
10 Brett Eldredge Brett Eldredge

アルバムチャート1位はKeshaでほぼ確定。AviciiのEPがそれなりに良い順位を記録するかもしれません。

 

Apple Musicのトップ10 シングル

1 21 Savage Bank Account
2 Cardi B Bodak Yellow
3 DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller Wild Thoughts
4 French Montana feat. Swae Lee Unforgettable
5 SZA feat. Travis Scott Love Galore
6 Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber Despacito
7 Lil Uzi Vert XO TOUR llif3
8 Yo Gotti & Mike Will Made-It feat. Nicki Minaj Rake It Up
9 SZA The Weekend
10 Kendrick Lamar HUMBLE.

 

載せているのはトップ10ですが、Apple MusicユーザーはSpotifyユーザーよりも新曲への反応が遅めで、そこまで新曲は上位に来ない気がします。また人気がアーバン系に集中していて、今週リリースされたポップスの注目トラックではP!nkのWhat About Usは圏外、またKeshaのアルバムからもPrayingが127位に入っている程度です。