djk2

チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート/ポップス研究家 (自称) 未来のチャートマニア・音楽マニアがニヤッとする記事を作ることが目標! 引用、コメントなどお待ちしております。

12/1 リリース新曲/新作の初動を観察 【同じ曲?違う曲? / テイラーのストリーミング開放】

f:id:djk2:20171203233608j:plain

更新が通常よりも2日遅れてしまいました……

今週の2大ニュースはEd Sheeranが自身のPerfectにBeyonceを新たに追加したこと。そしてテイラーが早々にアルバムをストリーミングに開放したことです。これらについて今週は語っていきます。

 

Spotify デイリーのアメリカトップ10 (金曜日=11/24)

1 Post Malone feat. 21 Savage rockstar
2 Lil Pump Gucci Gang
3 Perfect Duet Ed Sheeran & Beyoncé
4 Post Malone I Fall Apart
5 Post Malone Candy Paint
6 Offset, Metro Boomin Ric Flair Drip
7 G-Eazy feat. A$AP Rocky & Cardi B No Limit
8 Camila Cabello feat. Young Thug Havana
9 A$AP Ferg Plain Jane
10 21 Savage  Bank Account

 

注目は3位に登場したPerfect Duet。Hot 100で現在5位など既に好調のPerfectにBeyoncéを新たに加え、さらなる上昇を見込んでいます。

その狙い通りSpotify3位で登場、そしてiTunesで圧倒的な1位を記録。これが適応される週のチャート(来週)での1位を取りに行っています。

さらに通常バージョンのPerfectも割引によってiTunesで上昇。(÷の曲は全て割引)1位獲得に向けて死角はありません。ラジオも好調で、今後長いこと1位をキープするかもしれません。ちなみに「バラードは冬に強い」という仮説があるみたいですが、以前Spotifyで各国で長く人気の曲を調査した時、スウェーデンでバラードが多めだったため、この仮説は割りと当たっているのかもしれません。

 

季節まで味方につけて1位を狙いに行っているPerfectですが、穴があるとすれば"Perfect" と "Perfect Duet" が別の曲扱いされるという点。Despacitoでは名義が微妙に違っても同じ曲扱いだったため、名義の違い(Perfect は”Ed Sheeran"、Perfect Duetは "Ed Sheeran & Beyoncé)はそこまで問われないでしょうが、問題なのは曲名も違うこと。

SpotifyiTunesのどの媒体でも"Perfect Duet"という曲名で表記されています。(Remix)や(Pt.2)、(○○Version)なら同じ曲扱いすると思いますが、曲名が違う場合はどうなるのか?というケースはあまり見たことがありません。

「新たなバージョンをリリースした!」ということを宣伝したい気持ちは分かりますが、曲名まで変えてしまうのは少し大げさな気がします。個人的には別曲扱いをしてほしいと思うのですが、どうなのでしょうか。普通に同じ曲扱いになる気がしますがね…………仮に別曲扱いでも原曲も好調なので、Duet版無しでもHot 100の1位になるかもしれませんが。

来週のチャートでPerfectが1位に入ることが濃厚なので、Havanaは今週に1位を取っておきたいですね。

 

ほか、Post MaloneのCandy Paintがさらに上昇しています。

 

② 新曲/新アルバムからのシングル アメリカSpotifyデイリー順位 (金曜日)

12 G-Eazy & Halsey Him & I
52 Miguel feat. Travis Scott Sky Walker
55 Taylor Swift ..Ready For It?
57 Taylor Swift Look What You Made Me Do
68 Taylor Swift feat. Future & Ed Sheeran End Game
69 Taylor Swift Gorgeous
75 Martin Garrix & David Guetta feat. Jamie Scott & Romy Dya So Far Away
78 Taylor Swift I Did Something Bad
85 Taylor Swift Call It What You Want
89 Taylor Swift Don't Blame Me
91 Taylor Swift Delicate
96 Miguel feat. J.Cole & Salaam Rami Come Through and Chill
111 Louis Tomlinson Miss You
125 Taylor Swift Getaway Car
142 Taylor Swift So It Goes..
147 Taylor Swift This Is Why We Can't Have Nice Things
151 Taylor Swift King Of My Heart
154 Miguel Pineapple Skies
157 Taylor Swift Dress
161 Taylor Swift Dancing With Our Hands Tied
167 blackbear feat. Ne-Yo top priority
170 Taylor Swift New Year's Day

 

テイラーのreputationがストリーミングで開放され、全曲がSpotify200位圏内に。このようにアルバム全曲がSpotify 200位圏内に入るのは、女性シンガーとしてはLordeに次いで今年2人目・アメリカ人シンガーとしては今年初!です。(アメリカ人以外のシンガーはEd Sheeran、Harry Styles、Lorde、Sma Smithが全曲ランクイン。アメリカ人で今年一番惜しかったのはLana Del Reyの14/16曲)

因縁の相手?Katy Perryはちなみに4/15曲エントリー。その時はテイラーが同時に過去作をSpotifyに開放するという行動に出ていました。(↓参考)

 

ちなみに元カレCalvin Harrisも同じくアルバムは全曲がSpotify200位圏内に入りました。

ポップシンガーとしては上々のストリーミング成績を叩き出したように思えるテイラーですが、全曲入っている割には順位が低めで意外と微妙な成績だと思います。

同じくアルバム全曲がSpotify 200位圏内に入っていたLordeでしたが、アルバムリリース週のHot 100には1曲も入っていませんでした。今回のテイラーのストリーミング成績はその時のLordeと同じくらいなので、アルバムがストリーミングに開放されたからといって急上昇はあまり望めないと思います。Hot 100に既にエントリーしている曲が少し上昇する程度しか効果がでないと思います。

正直テイラーはアルバムをリリースすれば全曲がHot 100に入るくらいのパワーを持っていると思っていたので、物足りなさを感じます。アルバムリリースとストリーミング開放を中途半端にズラす戦略も、あまりうまくいったと思えません。売上を伸ばしたいならもう少し後のストリーミング開放で良かったと思います。

 

ほかMiguelのアルバムからは3曲が圏内に入っています。

 

シングルで最も高く登場したのはG-EazyとHalseyのHim & I。現在交際中の2人ですが、両者とも勢いのあるシングル(No LimitとBad At Love)があるためか、かなり順調なスタートを切っています。ストリーミングだけでなくiTunesでもかなり上位につけています。12/15にアルバムがリリース予定のG-Eazy。EminemN.E.R.D.と強敵ぞろいの週ですが、アルバムチャート争いでどこまで食らいつけるか。

 

ほかMartin Garrix & David Guettaと大物DJ同士のコラボ曲、ロック調サウンドのLouis Tomlinsonの新曲などが登場しています。

 

今週のクリスマス曲はこんな感じです。先週と比べて1曲増加(HallelujahのSpotify開放?)とそこまで変化は無いです。

15 Mariah Carey All I Want for Christmas Is You
44 Brenda Lee Rockin' Around The Christmas Tree
62 Wham! Last Christmas
64 Andy Williams It's the Most Wonderful Time of the Year
65 Anita Kerr Singers Jingle Bell Rock
80 Burl Ives A Holly Jolly Christmas
90 Frank Sinatra Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! 
94 Bing Crosby White Christmas
101 Vince Guaraldi Trio Christmas Time Is Here
104 Nat King Cole The Christmas Song
108 Band Aid Do They Know It's Christmas? (1984)
118 Mykola Dmytrovych Leontovych Carol of the Bells
123 Elvis Presley Blue Christmas
133 Michael Buble It's Beginning To Look A Lot Like Christmas
139 Justin Bieber Mistletoe
140 Perry Como It's Beginning to Look a Lot Like Christmas
141 Jose Feliciano Feliz Navidad
144 Bing Crosby Winter Wonderland
145 Ariana Grande Santa Tell Me
165 Chuck Berry Rund Rudolph Run
171 Burl Ives Rudolph The Red-Nosed Reindeer
175 Eartha Kitt Santa Baby
184 Paul McCartney Wonderful Christmastime
185 Pentatonix Hallelujah

 

 iTunesアメリカップ10+新曲の順位 (金曜日)

1 Ed Sheeran & Beyoncé Perfect Duet
2$ Ed Sheeran Perfect
3 G-Eazy & Halsey Him & I
4 Camila Cabello feat. Young Thug Havana
5 Imagine Dragons Thunder
6$ Post Malone feat. 21 Savage rockstar
7 Louis Tomlinson Miss You
8$ Halsey Bad at Love
9$ Bebe Rexha & Florida Georgia Line Meant to Be
10 Taylor Swift feat. Future & Ed Sheeran End Game

2トップがEd Sheeranに。End Gameも上昇。

 

13ク Mariah Carey  All I Want For Christmas Is You
20 Five Finger Death Punch Gone Away
28 Chloe Kohanski Total Eclipse of the Heart (The Voice Performance
32 Joyner Lucas I'm Not Racist
38 Martin Garrix & David Guetta feat. Jamie Scott & Romy Dya So Far Away
39 New Kids On the Block Unwrap You
40 Juicy J feat. Cardi B Kamasutra
42 Logic & Rag'n'Bone Man Broken People
46 New Kids On the Block December Love
48 New Kids On the Block One Night of Peace
60ク Pentatonix Hallelujah
66ク Pentatonix Mary, Did You Know?
69 Addison Agen A Case of You (The Voice Performance)
83 Kris Wu B.M.
92 Luke Bryan Out of Nowhere Girl
100 New Kids On the Block feat. DMX We Were Here

The Voice勢がそこそこダウンロードを獲得。もしかしたら次のHot 100で何曲か登場するかも。

 

iTunes アルバム順位 (アメリカ)

1 Chris Stapleton From A Room: Volume 2
2 U2 Songs of Experience (Deluxe)
3 Taylor Swift reputation
4 Miguel War & Leisure
5 Danielle Bradbery I Don't Believe We've Met
6 Pentatonix A Pentatonix Christmas Deluxe
7 New Kids On the Block Thankful (Unwrapped)
8 U2 Songs of Experience
9 Five Finger Death Punch A Decade of Destruction
10 Lindsey Stirling Warmer in the Winter

カントリー歌手Chris Stapletonが1位。次いでU2テイラーはストリーミング開放、シングルのダウンロードを生かしてアルバムチャート1位キープなるか。

ほかトップ10付近に世界有数の知名度を誇るJake Paulのアルバムがランクインしています。

 

⑤現在ラジオで上り調子の10曲

19 Kendrick Lamar feat. Zacari LOVE.
6 Ed Sheeran Perfect
61 NF Let You Down
9 Halsey Bad At Love
26 Luke Bryan Light It Up
38 Maren Morris I Could Use A Love Song
22 Garth Brooks Ask Me How I Know
54 SZA The Weekend
49 Selena Gomez & Marshmello Wolves
33 Brett Young Like I Loved You

 

Havana、rockstarの勢いが少し止まりつつあります。かかるラジオ系統が広がったKendrick LamarのLOVE.、HalseyのBad At Loveなどが上昇中です。

 

⑥各ラジオ局で今週かかりはじめた曲

✫ポップ系

44 Kendrick Lamar feat. Zacari LOVE.
50 BTS feat. Desiigner MIC Drop (Steve Aoki Remix)

先週爆発的なダウンロードを記録したBTSのMIC Dropがラジオにも早々に登場。アメリカでの定着度が上がってきています。

 

✫アダルトポップ系

47 Keelan Donovan Touch and Go
49 Post Malone feat. 21 Savage rockstar

着々とラジオを伸ばすrockstar。ラップ曲としてはラジオの高さが特徴です。

 

✫リズミック系

47 Taylor Swift feat. Future & Ed Sheeran End Game
48 Selena Gomez & Marshmello Wolves
49 Dua Lipa  New Rules

ポップ系ラジオで好調の3曲がリズミック系に上陸。

 

✫アーバン系

48 Young Doloh Go Get Sum Mo
49 Rich the Kid feat. Kendrick Lamar New Freezer
50 A Boogie Wit da Hoodie Say A

ラップのミックステープはリリースした瞬間が一番ストリーミングで注目を集める傾向にあるので、ラジオの周期とはどうしても少しズレますね。

 

✫カントリー系

50 Morgan Wallen feat. Florida Georgia Line Up Down

客演活動が多いFlorida Georgia Line。