チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート/ポップス研究家 (自称) 未来のチャートマニア・音楽マニアがニヤッとする記事を作ることが目標! 引用、コメントなどお待ちしております。

Hot 100 1/6 見どころ【Cardi Bがトップ10に同時に3曲! 歴代15人目・4年前にIggy Azaleaも達成した記録】

f:id:djk2:20180105220902j:plain

  今週のチャートの主役はCardi Bです。歴代で15人しかいない記録を成し遂げています!

 

プレイリスト↓

 

 

※先週の記事のチャート日付が間違っていました。2018年からチャートの日付を変更(実際の日付に近づける)の移行期間で、先週のチャートは1/3付けでした。詳しくは この記事を参照してください。


 

98 Niall Horan – Too Much To Ask (↓)

 元同僚・ZaynのDusk Till Dawnが今週99位(16週目)と苦戦中ですが、Niall Horanもやや厳しそうです。10週目の今週、98位。ここ数週はほとんどラジオのポイントのみでチャートに入っていましたが、そのラジオが停滞気味で伸びが期待できなさそうなので、大幅な上昇を今後は望めなさそうです。Apple Music・Spotifyの両方で200位圏外など、ストリーミングでのポイントが少なすぎるのが痛いです。

 

94 Migos – Stir Fry (New)

 Migosの新曲Stir Fryが94位で登場。プロデューサーはPharrellで、従来とは少し違うサウンドが特徴的です。この曲は次アルバム・Culture 2からの2曲目のシングルだと思われます。ちなみにメンバーのQuavoは後述のHuncho Jackなど、今週11曲でHot 100に入っています。

 Migosは世界最大級のカリフォルニアの音楽フェス・コーチェラへの出演が決定。MotorSportで組んだCardi Bと同日なので、両者の「絡み」*1が楽しみです。

 

88 Farruko, Nicki Minaj, Bad Bunny, 21 Savage (or Travis Scott) & Rvssian – Krippy Kush

Krippy Kushの新ビデオがリリースされ、再びHot 100へ。今週88位。ビデオでは21 SavageのバースがTravis Scottのバースに入れ替わっています。ビルボードは21 Savageのバージョンの表記にしています。

 

69 Imagine Dragons + Khalid – Thunder / Young Dumb & Broke (Medley) (New)

 AMA (American Music Awards)で披露されたThunder と Young Dumb & Brokeのマッシュアップを音源化したものが69位で登場。それぞれの原曲とは別曲と扱われています。ですが、このリリースが好影響を及ぼしたのか、両曲とも順位を上げています。(Young Dumb & Brokeは33位→18位、Thunderは6位→5位)

音源ではKhalidの歌い方が少し違うなど、披露された時の雰囲気が残っています。2017年はDespacito、Mi Gente、Perfectなど大物ゲストのリミックスでチャート成績を「倍増」させる(リミックスと原曲が同じ曲と扱われるため、つまり2曲を1曲として扱うような状態になる)戦略が多く見られましたが、マッシュアップはチャート成績が別にカウントされるので「チャート対策」としては採用できません。ただ、マッシュアップが一つの音源として他の曲と対等に渡り合うことが増えれば、一つの「リミックス」として流行するかもしれません。

 

65 Huncho Jack (Travis Scott & Quavo) feat. Takeoff – Eye 2 Eye (New)

 Travis ScottとQuavoのコラボアルバムから7曲が一挙に登場。最高位は65位のEye 2 Eye。それに続くのは68位のModern Slavery、71位のBlack & Chinese。ストリーミングで高水準な成績と、17000枚の純セールスによって今週のアルバムチャートで3位に入りました。1位はTaylor SwiftのReputation、2位はEd Sheeranの÷と過去のアルバムがエントリーしています。

Apple Musicでは複数曲がトップ10に入るなどかなり高水準の成績を記録しました。Spotifyでもリリース時の成績は抜群だったものの、週の半ば(12/24あたり)はクリスマス曲に押されて順位を落としてしまいました。仮にクリスマスで無ければ、Spotifyも高い成績をキープして、Hot 100に登場した曲ももっと多かったかも。

このEye 2 Eyeの客演はMigosのメンバーTakeoff。残りのメンバーQuavo、Offsetは以前からソロ名義での客演は多かったですが、Takeoffは今週初のソロ名義でのHot 100となりました。今年は彼にスポットライトが当たると良いですね。以前心無い(?)ことを言われていたようなので…… 

 

※ Offset客演のDubai Sh*tも今週83位で登場しています。

 

52 Ozuna & Cardi B – La Modelo (New)

 ラテン系シンガー*2Ozunaが今最も勢いのあるCardi Bとタッグ。La Modeloが52位で登場しています。Cardi Bは今のところの曲では激しいラップスタイルが際立ちますが、この曲ではやや控えめに歌うようなスタイルを披露しています。今後は各所でCardi B争奪戦が繰り広げられる予感!

 

49 N*E*R*D & Rihanna – Lemon (↓)

 先週アルバムリリースの効果で46位まで浮上したN*E*R*DのLemon。今週は49位と少し順位を落としましたが、ラジオでは44位→38位と急上昇中で、今後の伸びに期待が持てそうです。来週以降はクリスマス曲や、また一部のラジオによって再浮上した曲(Shape of Youの項目で後述)が落ちてくると思うので、その枠に入る形でのトップ40入りが近いうちに期待できそうです。

 

43 Eminem feat. Ed Sheeran – River (↓)

 先週史上初の8作「連続」でのアルバム1位を記録し、世界最大級の音楽フェス・コーチェラの今年のヘッドライナーに選ばれるなど今もなお第一線で活躍するEminem。その注目度ゆえ、曲をリリースすればダウンロードを多く記録するのですが、その反動(ダウンロードを2回は普通しないので、2週目はダウンロードが落ちる)でリリース2週目はHot 100で大きく順位を落とす傾向にあり。*3また、Eminemは最初の週がピークになることも多いです。

 2010年以降の曲で最初の週からトップ40した曲は、Not Afraidが1位→6位、Lil WayneとのNo Loveが23位→67位、Berzerkが3位→10位、Survivalが17位→31位、Rap Godが7位→21位、SiaとのGuts Over Fearは22位→77位、BeyoncéとのWalk On Waterは14位→55位に。最初の週がピークで、2週目に急落する傾向があります。ただし、客演Rihannaの2曲(Love the Way You Lieが2位→2位、The Monsterは3位→2位)だけは例外みたいです。このRiverはいずれピークを更新し、近年のジンクスを崩せるでしょうか?

 

19 Ed Sheeran – Shape of You (↑)

 今週、各ラジオチャートで2017年のラジオヒットの数々が、振り返りのような形で多くかかっていたようです。それにより何曲かがHot 100で大幅に上昇しました。 P!nkのWhat About Usが62位→48位、Bruno MarsのThat’s What I Likeが48位→37位、Imagine DragonsのBelieverが40位→25位などがこれに当てはまります。その中で、際立ったのはEd Sheeran のShape of You。Hot 100の順位上昇は24位→19位と控えめですが、ラジオは今週32位→16位と大幅に上昇。リリースから51週目にして、今週ラジオが最も伸びた曲に。

 Hot 100には「53週目以降の曲が、26位以下に落ちた時は外す」という1年以上のロングヒットにとても厳しいルールが存在するのですが、そのルールをもしかしたらShape of Youは回避するかもしれません。ルールが施行された2014年の末以降、このルールを少しでも回避した曲はUptown Funkの1曲のみです。

 

14 Cardi B feat. 21 Savage – Bartier Cardi (New)

 Cardi B・21 Savageの「今まさに旬な二人」の新曲が14位で登場。ダウンロードで10位・ストリーミングで11位と二つで高水準の成績を記録し、14位という絶好調スタートになりました。Migos、Nicki MinajとのMotorSportもスタートは14位でした。ダウンロード・ストリーミングだけではなく、Hip-Hop / R&B系ラジオで今週一気に44位→30位とアーバン系ラジオでは無敵。ただしCardi Bはポップ系ラジオへの登場歴はBodak Yellowの1回のみで順位も低かったです。(ポップ系ラジオ23位)

昨日リリースされたBruno MarsとのFinesseリミックス効果でポップ系リスナーへの浸透を期待したいです。

 ※現在Apple Musicでは1位Bartier Cardi、2位rockstarと、なっており「客演仕事人・21 Savage」ぶりが際立っています。

 ※Offsetと新婚のCardi B、この曲の歌詞で16回Offsetと登場します。自分の名前Cardiは59回も登場しています。

 

11 Kendrick Lamar feat. Zacari – LOVE. (↑)

 ビデオの公開で上昇したKendrick LamarのLOVE. トップ10目前の11位まで上昇しました。DAMN.からの曲では初めてアルバムリリース時の順位を更新した曲となりました。(アルバムリリース時、LOVE.はHot 100で18位でした)アルバムでのストリーミング増だけでなく、ラジオも好調でHUMBLE.で取り逃していたHip-Hop / R&B系ラジオチャートの1位を今週取っています。

 ※今までHip-Hop / R&B系ラジオチャートで1位を彼が取ったのは2013年のA$AP Rocky, Drake, 2 ChainzとのFuckin Problemsのみでした。

 

10 Cardi B – Bodak Yellow (↑)

 Cardi BのBodak Yellowが10位に再浮上。4位のNo Limit、7位のMotorSportと合わせてこれでCardi Bはトップ10に同時に3曲がエントリーしているということに!2週間前にMotorSportがトップ10に入った時は入れ替わりでBodak Yellowがトップ10から落ちてしまい、ニアミスに終わってしまいましたが、見事今週「トリプルトップ10」を成し遂げました。 

これは史上15番目の偉業です。さらにそれをHot 100最初のエントリー3つで成し遂げるのは史上3人目(The BeatlesAshantiに次ぐ)で、女性でこの記録を成し遂げるのはAshanti、Adele、Iggy Azalea, Ariana Grandeに次いで5人目です。

 

個人的に注目したのは、Iggy Azalea・Ariana Grandeが同時に「トリプルトップ10」を成し遂げた週のそれぞれの客演陣です。

 

 ↑がその週のHot 100なのですが、それぞれトリプルトップ10を成し遂げたのは以下の曲。

4位 Ariana Grande feat. Zedd – Break Free

5位 Iggy Azalea feat. Charli XCX – Fancy

7位 Ariana Grande feat. Iggy Azalea – Problem

8位 Iggy Azalea feat. Rita Ora – Black Widow

10位 Jessie J, Ariana Grande & Nicki Minaj – Bang Bang

 

 既存のヒットに加え、それぞれBreak Free、Black Widowのビデオがリリースされたことにより急浮上。見事トリプルトップ10を成し遂げました。

 Iggy Azalea が客演で迎えていたRita Ora、Charli XCXですがこの2人はCardi Bとの曲がリリースされる?との情報があるようです。

 Rita Ora feat. Charli XCX, Bebe Rexha & Cardi BでGirls Girlsだそうです。まだ噂の域を出ない段階ですが、実現すればかなり夢のある驚きのコラボですね。Cardi Bが客演にいることで話題も呼びそうなので、客演以外ではまだアメリカのトップ40が無いRita Oraのアメリカ進出にも一役買いそうです。あとはCardi B、Charli XCXがいるので批評家筋からも注目を集めるかもしれません。


 

 これらの面々でのコラボでは、Nicki MinajがCardi B、MigosとMotorSportで組んでいるほか、Iggy AzaleaとZeddが実は最近曲をリリースしています。Iggy Azalea feat. ZeddでBoom Boom。Pitch Perfet 3のサントラ内の曲で、シングル扱いされていないのであまり注目を集めていませんが……

 このように過去のチャートを振り返ると意外な発見があるので、たまにやってみると面白いと思います。

(関連)

 

× Jose Feliciano – Feliz Navidad (↓)

 今週の集計はラジオが12/25 – 12/31、ダウンロード・ストリーミング 12/22 – 12/28。12/25当日が両方に入っているとはいえ、ラジオでは1日分、4日分と「クリスマスムード」の集計期間は短縮。クリスマス曲は今週軒並み順位を落とし、Feliz Navidad、Jingle Bell Rock、Last Christmasの3曲が今週Hot 100から外れました。

 ※集計方法は同じなものの、市場規模の理由からか、USと比べてラジオの影響小さめ・ストリーミングの影響大きめのお隣・カナダではクリスマス曲が軒並み順位を上げています。All I Want For Christmas Is Youは4位。

 

 

チャートで今週伸びを見せた曲たち

今週最もラジオで伸びた曲          Ed Sheeran – Shape of You

今週最もダウンロードが上昇した曲 Camila Cabello feat. Young Thug - Havana

今週最もストリーミングが伸びた曲 Kendrick Lamar feat. ZACARI – LOVE.

最も高い順位で新登場した曲          Cardi B feat. 21 Savage – Bartier Cardi

 

 

今週チャートから外れた曲 (12曲)

【左の数字は先週の順位、右(ピーク順位🗻/チャート滞在週数⏰)】

99 Devin Dawson - All On Me (🗻91位 /⏰5週)

98 Camila Cabello - Never Be The Same (🗻61位 /⏰2週)

95 Tank - When We (🗻86位 /⏰5週)

94 Trippie Redd feat. Travis Scott - Dark Knight Dummo (🗻72位 /⏰2週)

92 Eminem – Believe (🗻92位 /⏰1週)

85 NAV feat. Lil Uzi Vert - Wanted You (🗻64位 /⏰6週)

84 Red Marlow - I Pray (🗻84位 /⏰1週)

69 Chloe Kohanski - Wish I Didn't Love You (🗻69位 /⏰2週)

67 Addison Agen - Tennessee Rain (🗻67位 /⏰1週)

50 Bobby Helms - Jingle Bell Rock (🗻29位 /⏰20週)

49 Jose Feliciano - Feliz Navidad (🗻44位 /⏰2週)

43 Wham! - Last Christmas (🗻41位 /⏰4週)

 

 

来週以降にHot 100に入るポテンシャルを持った曲をピックアップしました

 

WALK THE MOON – One Foot

Sofi Tukker feat. NERVO, The Knocks & Alisa Ueno – Best Friend

来週はクリスマス曲がほぼ無くなること、さらにはHuncho Jackの曲が減りそうなので、Hot 100の枠が少し空きそう。来週こそHot 100入りなるか?

 

Bruno Mars feat. Cardi B – Finesse

リリースは木曜日で、次のチャートでダウンロード・ストリーミングが集計されるのは1日のみ*4ですが、その1日でかなりの成績を記録しているので、来週のHot 100にもう入りそう。

 

 

*1:場外の「絡み」も楽しみです

*2:個人的には「ラテンのThe Weeknd」と思っています

*3:ダウンロードの反動で2週目は順位が落ちるのは他のアーティストも同じなのですが、Eminemは他のアーティスト以上に落差があるように思います

*4:ラジオは4日分、ただしラジオは一気に上がらず、ゆるやかに上がる