djk2

チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート/ポップス研究家 (自称) 未来のチャートマニア・音楽マニアがニヤッとする記事を作ることが目標! 引用、コメントなどお待ちしております。

2018・1/5 リリース新曲/新作の初動を観察 【ビッグリリース多め / 既に2018年間シングル1位候補?】

f:id:djk2:20180106223708j:plain

 今週はリリースの量自体は少ないですが、驚きのコラボなどビッグリリースが多かったです。この時期リリースの曲は年間チャートで効率よくポイントが入るので、年間1位を狙いやすいです。2018年間1位候補を今のうちから探すと面白いかもしれません! 

 ちなみに↑の写真でKendrick LamarよりSZAのほうが身長が高そうに見えますが、Kendrick Lamarが168cm、SZAが162cmらしいです。

 

Spotify デイリーのアメリカトップ10 (金曜日)

1 Post Malone feat. 21 Savage rockstar
2 Bruno Mars feat. Cardi B Finesse (Remix)
3 G-Eazy feat. A$AP Rocky & Cardi B No Limit
4 Cardi B feat. 21 Savage Bartier Cardi
5 Post Malone I Fall Apart
6 Kendrick Lamar & SZA All The Stars
7 Justin Timberlake Filthy
8 Offset, Metro Boomin Ric Flair Drip
9 G-Eazy & Halsey Him & I
10 Camila Cabello feat. Young Thug Havana

 

 強敵が続々登場もrockstarが1位をキープ。Spotifyトップ10には3曲が登場しています。

 まずはBruno MarsとCardi BのFinesse。シングルリリースと同時にCardi B入りのリミックスがリリースされ、注目を集めています。Spotifyで2位のほか、Apple Musicでも2位。さらにiTunesでも1位と各所で無双しています。元々の曲の雰囲気に合わせてラップするCardi Bの器用さが際立つ1曲で、この週のリリースがフルで反映される再来週のチャートでのHot 100のトップ10上昇が期待できそうです。(来週は集計が1日だけなので下位スタートが濃厚。7日フルで集計されるのはその次のチャート)

 元々はポップ系ラジオで人気だったBruno Mars。しかしアルバム24K Magicを機にHip-Hop / R&B系リスナーにも人気を得て、That's What I LikeではHip-Hop / R&B系ラジオの1位を獲得・同ラジオ系統の年間1位に輝きました。 

  

 そんなポップ系・R&B系の両者で人気のあるBruno Marsに導かれ、Cardi Bはポップ系ラジオでも成功を収められるか?そこに期待したいです。また、ラジオで強いBruno Marsがダウンロード・ストリーミングで数字を稼げれば鬼に金棒状態なので、もしかしたら既に2018年間シングル1位の有力候補かも?チャート動向をよく観察したいです。

 

 またこの曲ではCardi Bの同時複数曲のトップ10入りが期待できそうです。先週トリプルトップ10を成し遂げたCardi Bですが、Bartier CardiやこのFinesseの調子次第では歴代3人(ビートルズ50 CentT-Pain)しかいない「クアドラプル(同時4曲)・トップ10」や、歴代でビートルズしか成し遂げていない「クインティプル(同時5曲)・トップ10」も達成できるかも?とにかくあらゆる方面から期待を受けるCardi Bから目が離せません。

 

 次に注目なのは6位に入ったKendrick LamarとSZAのAll the Stars。映画ブラックパンサーのサントラからの1曲です。両者とも昨年のアルバムがかなり高く評価され、昨年のナンバー1/2という声もあります。そんなレーベルメイトの二人(TDE)の今回2回目のコラボです。(SZAのアルバムのDoves in the WildでKendrick Lamarが客演)

 評論面だけでなく、昨年Kendrick LamarのDAMN.が年間アルバムチャート1位に輝くなどセールス面でも昨年飛躍を遂げたので、その流れでこの曲もヒットが期待できそうです。また、サントラではRun the JewelsやVince Staplesが登場する可能性もあるようです。

 

 そしてJustin Timberlakeの新曲Filthy。往年の名参謀・Timbalandプロデュースの1曲ですが、Timbalandっぽさは薄く、歪なサウンドが特徴的。Can't Stop the Feelingが正統派ポップスだったのに対し、このFilthyはかなり挑戦的な一曲だといえます。現在iTunes2位・Spotify7位と出だしは好調ですが、このまま調子をキープし、歪なサウンドでも成功を収められるか?アルバムでの動きとともに注目です。

 

 ほか、長くSpotifyトップ10に入っていたGucci Gangがトップ10から陥落。ほか一時期Spotifyトップ10に入っていたWolves、Codein Dreaming、Let You Downなども少しトップ10から離れました。

 

② 新曲/新アルバムからのシングル アメリカSpotifyデイリー順位 (金曜日)

41 Lil Pump Designer
71 Liam Payne & Rita Ora For You
113 Charlie Puth feat. Boyz Ⅱ Men If You Leave Me Now
146 Francis and the Lights Just for Us
172 BØRNS & Lana Del Rey God Save Our Young Blood
196 Soleima Low Life

 

 2017年新人王の一人、Lil Pumpが新曲をリリース。実はまだGucci GangしかHot 100に入っていない彼ですが、昨年の勢いをキープし、今年はHot 100エントリーを連発できるでしょうか。Spotify41位スタートは悪くない数字です。

 

 そして映画Fifty Shadesシリーズの第3弾、FreedのサントラからLiam PayneとRita OraのFor Youが登場。昨年のDarkerのサントラではZaynが起用されていましたが、今年はそれが同じ元One DirectionのLiam Payneに入れ替わっています。1番目に表記されているLiam Payneですが、曲中で歌っている量は少なく、この曲の主役はRita Ora。制作陣もLonely Together・Anywhereと連続でRita Oraの曲を担当しているAndrew Wattが名を連ねています。

 ちなみにFifty Shadesシリーズのサントラ曲には、シンガーがソングライトをしない曲も入っています。この曲ではLiam Payne・Rita Oraいずれもソングライトリストに名前が載っておらず、また昨年のI Don't Wanna Live ForeverではZaynがソングライトリストに入っていませんでした。(Taylor Swiftは入っている)

 このようにメインのシンガーがソングライトをせず、歌だけを担当している曲は現在とても少なく、なんと2017年のアメリカ年間シングルトップ100には、そのような曲が3曲しかありませんでした。(そのI Don’t Wanna Live Foreverと、Starving、Small Town Boy。Starvingはシンガーではないもう一つのメインキャスト、Greyはソングライトに参加しているので、真の意味でこれに当てはまるのはカントリー歌手・Dustin LynchのSmall Town Boyだけかも? カントリーは比較的この「歌だけ担当」パターンが多いのですが、昨年のヒット曲はこれが少なかったです)

 ちなみにRita Oraは前々作・前作に引き続き、映画にも出演するみたいです。


 ダウンロードでも好調なので、もしかしたらRita Oraの客演以外でのHot 100自己最高位(How We Doの62位)を更新できるかも?

 

 そして驚きだったのはBoyz Ⅱ MenとCharlie Puthが組んだIf You Leave Me Now。Boyz Ⅱ Menを起用した理由が伺える、バラード曲です。おそらくアルバム宣伝用のシングルで、本格的なシングルカットはまだだと思いますが、なかなかインパクトのある曲です。

 ほかLana Del ReyがBØRNSと組んだGod Save Our Young Blood。昨年のアルバムでは、ポップスのプロデューサーを起用し、また幅広いゲストを迎えたLana Del Rey。ジャケットも以前とは違う笑顔を採用するなど、以前より「開けた」印象のある彼女ですが、その流れを受けて今後客演仕事に力を入れていくのでしょうか?

 また、デンマークのSSW、SoleimaのLow Lifeが登場しています。ここには登場していませんが、今週リリースの曲ではMGMTのHand It Overもなかなか良かったです。*1

 

 iTunesアメリカップ10+新曲の順位 (金曜日)

($は割引)

1 Bruno Mars feat. Cardi B Finesse (Remix)
2 Justin Timberlake Filthy
3 Ed Sheeran Perfect
4 Imagine Dragons Thunder
5 Camila Cabello feat. Young Thug Havana
6 Liam Payne & Rita Ora For You
7$ Bebe Rexha & Florida Georgia Line Meant to Be
8 Breaking Benjamin Red Cold River
9 Post Malone feat. 21 Savage rockstar
10 Portugal, The Man Feel It Still

 

 上の項目で登場した曲のほか、ハードロックバンドBreaking Benjaminの新曲が登場しています。

 

15 Kendrick Lamar & SZA All the Stars
24 TobyMac I just need U.
33 Brothers Osborne Shoot Me Straight
39 Charlie Puth feat. Boyz Ⅱ Men If You Leave Me Now
87 A Perfect Circle Disillusioned
91 Fetty Wap & KDL With You

 

 トランプの被り物のビデオが印象的だったBrothers Osborneの新曲が登場。

 

iTunes アルバム順位 (アメリカ)

1 Various Artists The Greatest Showman
2 Imagine Dragons Evolve
3 Taylor Swift Reputation
4 Various Artists Pitch Perfect 3
5 P!nk Beautiful Trauma
6 Ed Sheeran ÷ (Deluxe)
7 Bruno Mars  24K Magic
8 Chris Stapleton From A Room: Volume 2
9 Khalid  American Teen
10 Kendrick Lamar DAMN.

 

 先週とほぼ変わらず。Cardi Bリミックスで注目を受けるBruno Marsが少し浮上した程度。

 

⑤現在ラジオで上り調子の10曲

9 Dua Lipa New Rules
136 Cardi B feat. 21 Savage Bartier Cardi
14 Charlie Puth How Long
89 Thomas Rhett Marry Me
47 G-Eazy & Halsey Him & I
56 Chris Brown feat. Yo Gotti, A Boggie wit da Hoodie & Kodak Black Pills & Automobiles
29 Selena Gomez & Marshmello Wolves
3 Halsey Bad At Love
54 Old Dominion Written In The Sand
75 Midland Make A Little

 現在Hot 100を駆け上がっているMarry Meに注目。

 

⑥各ラジオ局で今週かかりはじめた曲

✫ポップ系

45 Bruno Mars feat. Cardi B Finesse

 

✫アダルトポップ系

41 Maroon 5 Wait
50 Bruno Mars feat. Cardi B Finesse

 

✫リズミック系

37 Cardi B feat. 21 Savage Bartier Cardi

 

✫アーバン系

なし

 

全体的にラジオはCardi Bです。

*1:少しTame Impalaっぽい?