djk2

チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート/ポップス研究家 (自称) 未来のチャートマニア・音楽マニアがニヤッとする記事を作ることが目標! 引用、コメントなどお待ちしております。

5/4 新曲/新リリースの初動を観察 【Travis Scott + 「師匠」Kanye West / Rae Sremmurdの3枚組アルバム】

f:id:djk2:20180506231959j:plain

 今週の注目はTravis Scott!新シングルには彼の師ともいえ、最近言動に注目が集まるKanye Westが客演に入っていることもあって注目が集まっています。

 その他、Travis Scottも参加しているRae Sremmurdのアルバムなど。 *1  *2

 

Spotify デイリーのアメリカトップ10 (金曜日)

1 Post Malone Better Now 235万
2 Travis Scott feat. Lil Uzi Vert & Kanye West Watch 210万
3 Drake  Nice For What 207万
4 Post Malone feat. Ty Dolla $ign Psycho 203万
5 Post Malone Paranoid 167万
6 Post Malone Stay 152万
7 Drake  God's Plan 148万
8 Post Malone Rich & Sad 146万
9 Post Malone Spoil My Night 143万
10 Post Malone feat. 21 Savage rockstar 138万

 ※赤字は新曲、数字は一日の再生数 (千の位より下を四捨五入)

 先週に引き続き、Post Maloneのアルバム曲が上位を支配。”Better Now"がシングルとしての人気を確立。”Stay"も少し浮上しています。ほかDrakeの2曲。

 そしてトップ10に新登場したのはTravis Scottの新曲。言動に注目の集まる「師匠」Kanye Westと、昨年スターになったLil Uzi Vertが客演。

 Travis Scott単品でも注目が集まりそうですが、客演も豪華とだけあって格別の注目を集めています。Spotifyだけでなく、Apple Music、iTunesでもリリース初日は2位だったため、今後の調子次第ではHot 100のトップ10デビューの可能性も?

 Travis ScottはDrakeの”Portland"で過去に1回だけHot 100のトップ10に入ったことがあります。

 ちなみにTravis Scottはアルバムをリリースすればかなり注目を集めると予想しています。Post Maloneはアルバムがストリーミングで長く愛され、その熱量が”rockstar"で一気に爆発したことで大ブレイクを遂げましたが、似たような現象がTravis Scottにも起こるかもしれないと考えています。

 Post Maloneの”Stoney"はストリーミングで長く愛されたことによって、最終的に2017年の「年間」アルバムチャートで7位にまで食い込みましたが、同様にTravis Scottの”Birds in the Trap Sings McKnight"も2016年リリースながらも*3、2017の「年間」アルバムチャートの18位に食い込んでいました!

 このTravis Scottがアルバムで高めた熱量がどこかで爆発するのでは?と考えています。次アルバム”Astroworld"では複数曲がHot 100に登場する予感!

 

② 新曲/新アルバム アメリカSpotifyデイリー順位

・Rae Sremmurd / SR3MM 圏内:9/9曲

25 Rae Sremmurd feat. Juicy J Powerglide
37 Rae Sremmurd feat. Travis Scott Close
45 Rae Sremmurd feat Future Buckets
61 Rae Sremmurd feat. The Weeknd Bedtime Stories
65 Rae Sremmurd Up In My Cocina
120 Rae Sremmurd Perplexing Pegasus
130 Rae Sremmurd "42"
160 Rae Sremmurd Rock N Roll Hall Of Fame
192 Rae Sremmurd T'd Up

 Rae Sremmurdが3枚組のアルバムをリリース。それぞれに9曲ずつ収録されています。その中で人気だったのはRae Sremmud名義の”SR3MM"。9曲全部がSpotifyのランキング圏内に登場しました。一番人気は既存の”Powerglide"。ほか今週際立っているTravis Scottが客演の”Close"やFuture、The Weekndが参加したシングルが人気。

 ”SR3MM"はApple Musicでも同様にそれなりの人気を集めています。ただし、Hot 100に大量登場したり、セールスをひっくり返してアルバム1位になるような規模ではないかも。

 

・Swae Lee / Swaecation 圏内:2/9曲

70 Swae Lee, Slim Jxmmi Guatemala
123 Swae Lee, Slim Jxmmi Touchscren Navigation

 それぞれのソロ名義のアルバムはそこまで注目を集めず。Swae Leeソロの”Swaecation"は2曲がSpotifyランキング圏内に。Slim Jxmmiソロの”Jxmtro"はSpotifyランキング圏内に入らず。 Apple Musicでも似たような感じでした。

 3枚合わせて27曲・102分と大所帯ですが、実はMigosの”Culture Ⅱ"よりは短いです。(こちらは24曲・105分)

 

・新曲群

27 Shawn Mendes & Khalid Youth
67 LSD feat. Sia, Diplo & Labrinth Genius
77 Marshmello, Juicy J & James Arthur You Can Cry
100 Charlie Puth The Way I Am
113 Julia Michaels feat. Trippie Redd Jump
121 Florence + The Machine Hunger
147 Christina Aguilera feat. Ty Dolla $ign & 2 Chainz Accelerate
148 Chantel Jeffries feat. Offset & Vory Wait
151 Troye Sivan Bloom
170 Joyner Lucas & Chris Brown I Don't Die
183 Luke Combs Beautiful Crazy
190 Jess Glynne I'll Be There

 多様な曲がリリース。今週は様々なコラボが。

 まずShawn Mendesの”Youth"。昨年ブレイクしたKhalidとタッグ。タイトルの”Youth"の通り、どちらも若いです。(どちらも1998年生まれ)

 この曲が収録されるShawn Mendesのアルバム(セルフタイトル)は5/25にリリース予定。ゲストにはKhalidのほか、Julia Michaelsが参加予定です。

 そのJulia MichaelsはTrippie Reddとタッグを組んで新曲”Jump"をリリース。Julia Michaelsは今までZedd、Maroon 5、Clean Banditなどのポップ寄りのアクトとのタッグが中心でしたが、ラッパーと組むのは今回が初のようです。活動の幅を広げていますね。客演のTrippie ReddはLil Wayneに憧れる独特な声を持つラッパー。

 Julia Michaelsは今年もソングライターとして人気で、今年の代表作はJanelle Monaeの”Make Me Feel"やAnne-Marieの”2002"あたり。”2002"はEd Sheeran・Steve Mac・Benny Blancoとソングライター陣が超豪華。

 ほかSia、Diplo、LabrinthのユニットLSDの曲や、Marshmello+Juicy J+James Arthurという謎のメンツが一堂に会した曲など。

 Florence + The Machineは前シングルに引き続き、USでも一定の注目を得ています。Troye Sivanの新シングルも登場。

 

③  iTunesアメリカ 新曲の順位など

1 Luke Combs Beautiful Crazy
2 Travis Scott feat. Lil Uzi Vert & Kanye West Watch
3 Shawn Mendes feat. Khalid Youth
4 Imagine Dragons Whatever It Takes
5 Bebe Rexha & Florida Georgia Line Meant to Be
6 Ariana Grande No Tears Left to Cry
7 Drake Nice For What
8 Zedd, Maren Morris & Grey The Middle
9 Celine Dion Ashes
10 Dan + Shay All To Myself

$は割引

 

 昨年”Hurricane"などでブレイクしたカントリーシンガー、Luke Combsの新曲が好調。この時点で2位にダブルスコアをつけてiTunes1位につけています。

 それに次ぐのはTravis Scott、Shawn Mendes新曲。現在”Tequila"が好調のカントリー・デュオDan + Shayの新曲も登場。

 

・新曲群

14 Troye Sivan Bloom
17 Christina Aguilera feat. Ty Dolla $ign & 2 Chainz Accelerate
21 Royce da 5'9" feat. Eminem & King Green Caterpillar
27 Florence + The Macine Hunger
38 Enrique Iglesias feat. Pitbull MOVE TO MIAMI
51 Charlie Puth The Way I Am
61 Alice In Chains The One You Know
63$ Rae Sremmurd feat. Juicy J Powerglide
66 Chantel Jeffries feat. Offset & Vory Wait
74 Marshmello, Juicy J & James Arthur You Can Cry
79 LSD feat. Sia, Diplo & Labrinth Genius
86 Rae Sremmurd feat. The Weeknd Bedtime Stories
93 Julia Michaels feat. Trippie Redd Jump
97 Shinedown DEVIL

 Troye Sivanはリリースが早めだったため現在はこの順位にいますが、一時期iTunesのトップ10に入っていました。Christina AguirelaのカムバックシングルはiTunes 17位とそこそこ。この水準だとHot 100に入れるか少し怪しいかも?

 ほかEnrique Iglesiasの英語シングル、Florence + The Machineの新シングルなど。

 

④  iTunes アルバム順位 (アメリカ)

1 Shinedown ATTENTION ATTENTION
2 Post Malone beerbongs & bentleys
3 サントラ The Greatest Showman
4 Royce da 5'9" Book of Ryan
5 Leon Bridges Good Thing
6 Rae Sremmurd SR3MM
7 Parkway Drive Reverence
8 Mat Kearney CRAZYTALK
9 Lake Street Dive Free Yourself Up
10 Drake White Pieces (EP)

 Rae Sremmurdは上位に入れず。この週のアルバム1位争いはShinedown 対 Post Maloneでしょうか。Shinedownはチケット付きCDをリリースしている予感。(それを匂わせるツイートがいくつか見つかる。確証はナシ) 一方Post Maloneは1週目ほどではないが、2週目もかなりのストリーミングを記録しそう。

 

⑤ ラジオの近況

※数字は現在推定ラジオ順位

↑↓の数でどれくらい上がっているのか?下がっているのか?を表す

 

・上り調子

14 Drake  Nice For What ↑↑↑↑
34 Ariana Grande No Tears Left To Cry ↑↑↑
60 Migos feat. Drake Walk It Talk It ↑↑↑
54 Cardi B Be Careful ↑↑
13 BlocBoy JB feat. Drake Look Alive ↑↑
159 Rich the Kid Plug Walk ↑↑
67 Dan + Shay Tequila ↑↑
42 Morgan Wallen feat. Florida Georgia Line Up Down
27 Luke Combs  Number One Away
49 Ella Mai Boo'd Up

 好調が際立つのは”Nice For What"。リズミック系・アーバン系ラジオで圧倒的な支持を得ています。

 

・下り調子

8 Bruno Mars & Cardi B Finesse ↓↓↓↓↓
43 Brett Eldredge The Long Way ↓↓↓↓↓
94 Demi Lovato Tell Me You Love Me ↓↓↓
1 Bebe Rexha & Florida Georgia Line Meant to Be ↓↓
61 High Valley She's With Me ↓↓
48 Migos Stir Fry ↓↓
3 Drake God's Plan ↓↓
113 Justin Timberlake feat. Chris Stapleton Say Something ↓↓
38 Jordan Davis Singles You Up
96 DJ Khaled feat. Jay Z, Future & B Top Off

 新シングル”Nice For What"に押し出される形で、”God's Plan"のラジオがマイナスに転じました。 おそらく今後ラジオ1位になることは無いと思われます。

 Hot 100で10週以上1位を獲得した曲が、ラジオ1位を獲得しないのは約20年ぶりのことです。(”Candle in the Wind"と”Macarena”)

 

・今週ラジオでかかり始めた曲

ポップ系

45 Nicky Jam & J Balvin X
47 Liam Payne & J Balvin Familiar
48 Madison Beer Home With You

 ラテン界隈のエース、J Balvinが2曲で登場。ラテン界隈で大人気でも、それ以外に飛び火しないとHot 100ではトップ40手前ぐらいまでしか到達しない傾向がありますが、この”X"は他の界隈でも人気が出てきたようで、近いうちにHot 100のトップ40 に入るかも。

 この”X"は2018年にリリースされた音楽ビデオの中で2番目に再生数が多い(約6億8100万回)

 

アダルトポップ系

39 Jason Mraz Have It All
49 James TW Say Love

 2013年にImagine DragonsとAwolnationが更新するまで、Hot 100滞在最長記録を持っていたJason Mrazの新曲が登場。

 

リズミック系

39 Nelly feat. Jacquees Freaky With You
42 Calvin Harris & Dua Lipa One Kiss
45 NF Lie
49 Ne-Yo feat. Stefflon Don & Bebe Rexha Push Back
50 Jaden Smith Icon

 ”One Kiss"がラジオ全般で好調。ほか新鋭NFのシングル、Ne-Yoと女性シンガー×2の”Push Back"など。Jaden Smithの”Icon”は遅めのタイミングでラジオで人気に。

 

アーバン系

45 Famous Dex Japan
48 BHM feat. Paper Lovee Bag
49 Derez De'shon Fed Up
50 Mouse And Level I Bet U Won't

 ストリーミングで人気を博す”Japan"がラジオに登場。Famous Dexはこの曲をリリースした直後に日本旅行をしていました。

 ほか前シングルがラジオで人気だったDerez De'shonのシングルなど。

 

⑥ 各種トップ10

Apple Music

1 Drake  Nice For What
2 Travis Scott feat. Kanye West & Lil Uzi Vert Watch
3 Post Malone Rich & Sad
4 Post Malone feat. Nicki Minaj Ball For Me
5 Post Malone feat. Swae Lee Spoil My Night
6 Post Malone Paranoid
7 Post Malone Better Now
8 Post Malone Zack and Codeine
9 J. Cole KOD
10 Post Malone Takin' Shots

 先週に引き続きトップ10に多くのPost Malone曲が。Spotifyでは”Better Now"と”Psycho"が人気ですが、こちらは”Rich & Sad"と”Ball For Me"

 そしてTravis Scottの新シングルが2位に!ダウンロードと合わせてトップ10デビューもありえるか??

 

・パンドラ

1 Drake God's Plan
2 Post Malone feat. Ty Dolla $ign Psycho
3 Bazzi Mine
4 BlocBoy JB feat. Drake Look Alive
5 Marshmello & Anne-Marie FRIENDS
6 Normani & Khalid Love Lies
7 Kendrick Lamar & SZA All The Stars
8 Zedd, Maren Morris & Grey The Middle
9 Jason Aldean You Make It Easy
10 Nicky Jam & J Balvin X

 Nicky Jam & J Balvinの”X"が上位に。単なる「ラテン界隈のヒット」を超えた存在になりつつあります。

 

SoundCloud

1 Juice WRLD lucid dreams
2 Famous Dex Japan
3 Rich the Kid Plug Walk
4 Juice WRLD All Girls Are The Same
5 Lil Pump ESSKEETIT
6 BlocBoy JB feat. Drake Look Alive
7 YoungBoy Never Broke Again Through the Storm
8 Lil Dicky feat. Chris Brown Freaky Friday
9 XXXTentacion feat. Trippie Redd Fuck Love
10 YoungBoy Never Broke Again Overdose

 Juice WRLDが好調。”All Girls Are The Same"はSpotifyなど他のストリーミングでも徐々に浸透中。

 

・Album Of The Year / Most Popular

1 Jon Hopkins Singularity ☆
2 Janelle Monae Dirty Computer ☆
3 Iceage Beyondless ☆
4 Rae Sremmurd SR3MM
5 Post Malone Beerbongs & Bentleys
6 DJ Koze Knock Knock ☆
7 Tove Styrke Sway ☆
8 Christina Aguilera Accelerate (シングル)
9 Leon Bridges Good Thing
10 Kali Uchis Isolation ✫

 ☆つきは高評価 (75点以上)

 

 今週リリースのアルバムは高評価が多いです。DJ KozeのアルバムはPitchforkがBest New Music認定。スウェーデンのポップシンガーTove Styrkeの”Sway"はNMEが満点をつけています。

 Tove StyrkeはLordeのツアーに同行。アルバムには”Liability"のアレンジカバーが収録されています!

 

⑦ 個人的・今週のお気に入り7曲

 「今週」と題していますが、新曲でない曲が混ざるケースもあると思います。

 ・Tove Styrke - Liability (Demo)

・Rae Sremmurd - "42"

・Troye Sivan - Bloom

Travis Scott feat. Kanye West & Lil Uzi Vert - Watch

・Julia Michaels feat. Trippie Redd - Jump

・Raye, Maleek Berry & Nana Rogues - Confidence (イギリス / R&B

Dirty Projectors - Break-Thru (アメリカ / オルタナティブ)

*1:写真は ここより

*2:今週もSpotifyランキングが発表されるの遅かったです💦

*3:”Stoney"も同じく2016年のリリースでしたが、2017の年間チャートの集計期間の12月リリースだったため、「年間チャートの」観点からは2017年リリースみたいなものです。”Birds in the~"は9月リリースで、リリース後1ヶ月半は2016年の年間チャートの集計分でした