djk2

チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート/ポップス研究家 (自称) 未来のチャートマニア・音楽マニアがニヤッとする記事を作ることが目標! 引用、コメントなどお待ちしております。

Hot 100 6/23 見どころ 【Hot 100に12回入ったNicki Minaj+Lil Wayneコンビ / Drake首位返り咲き】

f:id:djk2:20180620232337p:plain

 今週のトピックはこの3人!Nicki Minaj + Lil Wayneのコラボ曲がHot 100に登場。この2人が同居する曲は今まで12曲Hot 100に入ってきたようです。*1

 Drakeは”Nice For What"が首位に返り咲き!ほかKanye Westの”Yikes"のライターにクレジットされています。

 写真は昨年Meek Millと破局後、DrakeとLil Wayneとの仲を再開したNicki Minajの様子を写したものです。

 

☆今週のHot 100ハイライト

Kanye West & Kid Cudiの“KIDS SEE GHOSTS”がアルバム2位&全曲がHot 100入り。”Reborn”が最高位で39位

・Drakeの“Nice For What”が首位返り咲き

・Tygaが好調。“Taste”が59位→38位と浮上しトップ40入り

・“Finesse”が23週と短めの滞在でチャートから外れる

 

チャートで今週伸びを見せた曲たち

今週最もラジオで伸びた曲           Maroon 5 feat. Cardi B – Girls Like You

今週最もダウンロードが上昇した曲 Dierks Bentley – Woman, Amen

今週最もストリーミングが伸びた曲 Tyga feat. Offset - Taste

最も高い順位で新登場した曲           KIDS SEE GHOSTS - Reborn

 

 

曲の個別解説

☆=新登場 ◇=再登場 △=上昇 ▽=下降 

 

☆90 Lil Skies feat. Yung Pinch – I Know You

 Lil Skiesの“I Know You”が90位で登場。ペンシルベニア出身19歳のLil Skiesにとって4曲目のHot 100入りに。

 Apple MusicやSpotifyでは200位-150位と下位ですが、YouTube (21位)やサウンドクラウド(10位)などで好調。

 客演のYung Pinchはカリフォルニア出身で初のHot 100入り。トラップ系DJ、Dillon Francisとのコラボ歴も

 

☆88 Nicki Minaj feat. Lil Wayne – Rich Sex

 Nicki MinajとLil Wayneの“Rich Sex”が88位で登場。月曜リリースで集計が4日とやや短めでしたが、DL(今週12位)とストリーミングをある程度記録し、Hot 100エントリーを果たしました。

 今までのHot 100エントリーが多い2人同士のコラボ。Lil Wayneは歴代で3番目に多い138曲、Nicki Minajは歴代で8番目に多い90曲を今までHot 100に送り込んでいます。

 Nicki Minaj + Lil Wayneの二人が同居する曲は、この曲を含めて12曲がHot 100に入っています。 ↓以下がそれらの曲。()内はHot 100でのピーク順位

Only (12)、Truffle Butter (14)、No Frauds (14)、What's Wrong With Them (42)、Tapout (44)、Knockout (44)、Take It To the Hood (58)、High School (64)、Y.U.Mad (68)、Roman Reloaded (70)、Changed It (71)、Rich Sex (88)

 

☆84 Kane Brown – Lose It

 カントリー界の王子Kane Brownの新曲“Lose It”が84位で登場。今週DLが6位。これで彼にとって6曲目のHot 100入りに。

 

▽71 BTS – FAKE LOVE

 BTSの“Fake Love”が48位→71位とダウン。大きく順位を落としたのは、リリース時は高かったYouTubeの再生数やDLが落ちてきたからです。

 YouTubeの再生数は先週からUS100位圏外でした。しかし先週はRocking Vibe RemixでDLを稼いだこともあり、順位は落ちませんでした。(先週は51位→48位)

 YouTubeやDLの数字はリリース時よりも落ちてしまいましたが、ラジオの指数は少しずつ上昇中。このラジオのポイントを上げてシングルとしてさらなる成功を掴むことは出来るか?

 18週くらいHot 100に残り続け、年間チャートに入るのが現実的な目標でしょうか。(トップ10に入った曲とはいえ、チャート滞在期間が短すぎると「年間」のトップ100に入らないことも。ピークが10位の“FAKE LOVE”が年間チャートに入るには、だいたい18週くらいのチャート滞在が必要と考えられます。)

 

△53 Dierks Bentley – Woman, Amen

 Dierks Bentleyの通算10枚目のアルバムがBillboard 200(アルバムチャート)で3位にランクイン。その効果で、シングル“Woman, Amen”が69位→53位と順位を上げています。

 今週のアルバム1位Dave Matthews Bandが獲得。チケット付きCDで数字が伸びたこともあって、今年最大の純セールス(約28万5000)を記録。(ただし、現在のアルバムチャートで適用されているストリーミングを含む「総合」セールスでは、Post Maloneなどがこれよりも大きい数字を記録しています)

 ロックアルバムとしては、Coldplayの”Ghost Stories”以来、最も売り上げが多いアルバムだそうです。

 

△46 Lauv – I Like Me Better

 Lauvの“I Like Me Better”が53位→46位と浮上。現在チャート滞在18週目と遅咲きソングです。

 ポイント源はラジオで、今週ポップ系ラジオのチャートで10位に浮上しました。ポップ系ラジオチャートで最も遅く(35週目)トップ10入りした曲となっています。

 USでのSpotifyのピークから1年弱が経過した今でも浮上するという、驚異的な粘りを見せています。

 ほかポップ系ラジオで人気の“Done For Me”(55位)や、”IDGAF”(51位)などもHot 100でのトップ40を狙っています。

 

☆39 KIDS SEE GHOSTS – Reborn

 Kanye WestとKid Cudiのジョイント作、“KIDS SEE GHOSTS”がアルバムチャート2位で登場。さらに、全曲がHot 100入りを果たしています。曲数が少ないぶん、全曲にスポットライトが当たる?ということでしょうか!そのうち、”Reborn”が39位で最高位。

 “4th Dimension”で客演している40年前に亡くなったトランペット奏者・Louis Primaにとっては57年ぶりのHot 100入りとなりました。

 Kid Cudiにとっては自己最高タイ、Kanye Westにとってはデビューアルバム以来のアルバム2位に。

 先週”ye”はアルバム1位だったものの、“KIDS SEE GHOSTS”は惜しくもアルバム1位は取れず、昨年Futureが成し遂げた、「異なるタイトルでの連続アルバム初登場1位」という記録はなりませんでした。

 

△38 Tyga feat. Offset – Taste

 TygaとOffsetの“Taste”が59位→38位と快調。ストリーミングが全面的に好調で、Apple Music、Spotifyのいずれでも20位~10位程度にランクインしています。ラジオでもそこそこかかっているようなので、ゆくゆくはトップ10まで順位を伸ばせるか?Tyga復活なるか!?

 

▽12 Childish Gambino – This Is America

 “This Is America”が12位→7位とランクダウン。1位を獲得した曲としては順位を落とすペースがかなり早いです。

 トップ10滞在週数は5週で、2010年代ではBritney Spearsの“Hold It Against Me”と並び、1位を獲得した曲としては最短のトップ10滞在になっています。(今後トップ10に舞い戻る可能性もありますが)

 ストリーミングがHot 100に導入されて以降では最も短いトップ10滞在です。最初の注目度が高すぎて、その反動で落ちるのが早いというところでしょうか??

 ビデオは衝撃的で、様々な意味合いが込められていますが、メッセージ性が強すぎて、「重い」曲として捉えられて再生数がポンポンと伸びていない可能性最もあるのかもしれません。

 ビデオのYouTubeでの再生数はリリース以降、毎週20-30%の割合で落ち続けているようです。

 リズミック、R&B / Hip-Hop などのラジオでは人気。ラジオが伸びればまたトップ10に戻れるかも?

 

△1 Drake – Nice For What

 Drakeの“Nice For What”が再び首位に復帰。これで通算7週目の1位に。これでDrakeは自身の曲での通算1位滞在週数が計38週となりました。(歴代で7番目に多い)

 今後1位争いのライバルになりそうなのはラジオで絶好調の“I Like It”や”Girls Like You”あたりでしょうか。

 Drakeは6/29にアルバムリリースが予定されていて、“Nice For What”がそのアルバムに収録されれば、アルバムリリース効果でストリーミングを伸ばすかも。

 

▽× Rich the Kid feat. Kendrick Lamar – New Freezer

 Rich the Kidの“New Freezer”が今週チャートから外れました。ピークは41位、チャート滞在は19週でした。

 Kendrick Lamarを客演に据え、この曲で初のHot 100入りを達成。その後リリースした“Plug Walk”はさらに大きなヒットに。Rich the Kidはブレイクを果たしました。

 ”New Freezer”はピーク41位と惜しくもトップ40入りならず。年間チャートの当落線上程度のヒットを記録しました(健闘です)

 

▽× Bruno Mars & Cardi B – Finesse

 Bruno MarsとCardi Bの“Finesse”がチャートから外れました。チャート滞在は23週 で、“That’s What I Like”(52週)、”24K Magic”は(41週)などと比べると短めのヒットでした。

 リリース時はラジオ・ストリーミングを巻き込んだ大ヒットでしたが、ラジオがそこまで長く持たず、落ちていくのが早かったです。(ラジオがここまで早く落ちるのは少し予想外でした。*2

 

▽× Kanye West – No Mistakes

 先週アルバム1位だったカニエの”ye”は今週5位に。先週はアルバム全曲がHot 100に入っていましたが、うち2曲(“No Mistakes”と”I Thought About Killing You”)が今週Hot 100から外れました。他の曲も順位を全体的に落としていて、例えば先週8位だった“Yikes”は40位に。ちなみに、その“Yikes”はシングル化され、ラジオでかかり始めています。

 “Ye”の曲にはそれぞれ多くの人がソングライターやプロデューサーとしてクレジットされていて、”Yikes”には最近Drakeがソングライターとしてクレジットされました。

 また、”Wouldn't Leave"と”Ghost Town"には新たにPARTYNEXTDOORが客演として追加され、”Ghost Town"は彼にとっての最高位の曲にもなりました。

 以前Kanyeと組んだこともあるCyHi the Prynceは「ブレインストーミングに参加しただけでもクレジットに入る」とのエピソードを披露しています。

 

今週チャートから外れた曲 (12曲)

【左の数字は先週の順位、右(ピーク順位🗻/チャート滞在週数⏰)】

98 Rich the Kid feat. Kendrick Lamar – New Freezer (🗻41位 /⏰19週)

94 Post Malone – Paranoid (🗻11位 /⏰6週)

93 Lil Skies – Lust (🗻87位 /⏰4週)

90 Playboi Carti feat. Lil Uzi Vert – Shoota (🗻46位 /⏰4週)

89 Weezer – Africa (🗻89位 /⏰1週)

88 Post Malone – Rich & Sad (🗻14位 /⏰6週)

87 Travis Scott feat. Lil Uzi Vert & Kanye WestWatch (🗻16位 /⏰5週)

85 Gorillaz feat. George Benson – Humility (🗻85位 /⏰1週)

81 Luke Combs – Must’ve Never Met You (🗻81位 /⏰1週)

50 Bruno Mars & Cardi B – Finesse (🗻3位 /23週)

36 Kanye West – No Mistakes (🗻36位 /⏰1週)

28 Kanye West – I Thought About Killing You (🗻28位 /⏰1週)

 

 

来週以降の動向・プレイリスト

 

・来週以降Hot 100に入るかもしれない?曲を特集

 

・The Carters – APESHIT

・The Carters – SUMMER

・The Carters – BOSS

 BeyoncéとJay-Zの夫妻がサプライズアルバムをリリース。すぐさまApple Musicなどストリーミングで急浮上。(今回はTidalだけでなく、Apple Music・さらにはSpotifyでも配信) リリースは土~月曜日頃で集計期間はやや短いですが、いくつかの曲がHot 100に登場しそう。

 QuavoとOffsetが合いの手を担当している“APESHIT”はDLでも人気で、高い順位でデビューしそうです。

 

・XXXTENTACION – SAD!

・XXXTENTACION – Changes

・XXXTENTACION – Jocely Flores

  XXXTENTACIONの突然の死を受けてDLとストリーミングが浮上。今週も52位でHot 100に入っていた“SAD!”は特に大きな伸びを見せていて、今後の調子次第ではHot 100での1位獲得の可能性も0では無いかも……? そこまでは行かずとも、元々のピーク(7位)を更新する可能性はありそうです。

 XXXTENTACIONはアルバムに熱心なリスナーが多いのか、この1件の前から非シングルでもストリーミングのランキングに長く入っていました。

  ストリーミング数では全体的にビヨンセJay-Z夫妻よりも高い数字を記録しています。

 

Nas feat. Kanye West – Cop shot the Kid

 Nasのアルバムも注目度が高いですが、CartersとXXXTENTACIONほどのストリーミングは記録していないので、そこまで多くはHot 100に入らないかもしれないです。

 

・Blackpink – DDU-DU DDU-DU

 まだ正式な数字は発表されていないものの、YouTubeのビデオでかなりの再生数(約3000万)を初日に記録した曲。

 Blackpinkは以前の“As If It’s Your Last”で初日1350万再生を記録し、その時はHot 100ニアミスの113位だったため、再生数がこの規模ならばHot 100エントリーにも手が届くかも?

 ちなみにDLやSpotifyなど、その他の指標も以前より少し伸びています。

 

・その他の新曲情報はこちらを参照してください!

 

 

・プレイリスト

 

 

ビルボードによる今週のHot 100 / アルバムチャート解説(記事を書くうえで参考にしています)

 

 

 

 

*1:Lil Wayne + Drakeのコンビはもっと多くて、この2人が同居する曲は22曲がHot 100入り

*2:すいません