djk2

チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート/ポップス研究家 (自称) 未来のチャートマニア・音楽マニアがニヤッとする記事を作ることが目標! 引用、コメントなどお待ちしております。

Hot 100 11/3 見どころ 【3つのストリーミング人気作品+Post Maloneの新曲】

f:id:djk2:20181031233116j:plain

 

 今週の注目はストリーミングでの人気作品3つ(Future & Juice WRLD、Khalid、Lil Yachty)、そして上位にデビューした今後のヒット候補、Post Malone新曲。

 Juice WRLDは特に存在感が抜群。Futureとのコラボミックステープがアルバムチャートの2位に登場したほか、Lil Yachtyのアルバムに客演として参加しています。(これは”Lean Wit Me"のビデオにおけるJuice WRLD)

 

☆今週のHot 100 ショートハイライト

・Post MaloneとSwae Leeの“Sunflower”が9位に登場

・Future & Juice WRLDの“Fine China”は26位に登場。アルバムは2位

・Billie Eilishの”when the party’s over”が65位に登場。キャリアハイの成績

・Dua LipaとBLACKPINKの“Kiss and Make Up”が93位に登場。BLACKPINKは2回目のHot 100登場

・“Meant to Be”が52週滞在のロングヒットの末、チャートから外れる

・Empress OfがKhalidの客演で初のHot 100入り

 

・今週のトップ10

-1 Maroon 5 feat. Cardi B – Girls Like You

△2 Travis Scott – SICKO MODE 

―3 Juice WRLD – Lucid Dreams

△4 Marshmello & Bastille – Happier 

▽5 Post Malone – Better Now

▽6 Kodak Black feat. Travis Scott & Offset – ZEZE

△7 5 Seconds of Summer – Youngblood

―8 Lil Baby & Gunna – Drip Too Hard

☆9 Post Malone & Swae Lee – Sunflower 

△10 Khalid & Normani – Love Lies

 

 は先週と比べて曲のポイントが伸びていることを指す

☆=新登場 ◇=再登場 △=上昇 ▽=下降 

 

1~100位までの順位表は↓

 

 

曲の個別解説

 

☆100 Dierks Bentley feat. Brothers Osborne – Burning Man

 カントリーシンガー、Dierks Bentleyの“Bruning Man”が100位に登場。客演は兄弟カントリーデュオのBrothers Osborne。

 この曲は今週カントリー系ラジオチャートの16位に付けています

 

☆93 Dua Lipa & BLACKPINK – Kiss and Make Up

 Dua LipaとBLACKPINKのコラボ、“Kiss and Make Up”が93位に登場。この曲はDua Lipaのデビューアルバムの”Complete Edition”で新たに追加された1曲。新エディションのリリース効果でセルフタイトルのデビュー作“Dua Lipa”は今週アルバムチャートで127位→42位と順位を大きく上げました。

 この曲はDLで数字を稼いだほか、Spotifyでも人気。Spotifyでは上位に定着しつつあり、今後ラジオが伸びてくればHot 100でも順位が伸ばせるかもしれません。ダンスホールを得意とするBanx & Ranxがプロデュースしたキャッチーなポップス。

 BLACKPINKは“DDU-DU DDU-DU”に次いで2回目のHot 100。K-Popのミュージシャンで複数回Hot 100に登場したのはPsy、CL、BTSとBLACKPINKの4人(組) この曲はK-Pop史上12曲目のHot 100エントリー。

参考:List of K-pop songs on the Billboard charts - Wikipedia

ウィキペディアに分かりやすくK-Popのシングル成績がまとめられています)

 

※ちなみにこの曲にGrimesがソングライターとして参加している!と書いてあることがありますが、カナダのSSWのGrimesとは別人。この曲のソングライターとして参加しているのはイギリスのChelcee Grimesという人物。彼女はこの曲以外にもDua Lipa、そしてK-Popの両方のソングライターを務めたことがあり、この曲にうってつけの人物と言えそうです。

 このChelcee Grimesさんはフルハム・レディースで活躍する現役の女子サッカー選手でもあるようです。

 

☆91 Lil Yachty feat. Juice WRLD – Yacht Club

 この週は複数のアルバムがストリーミングで人気を獲得。その効果でアルバム内の曲が非シングルも含めて多くHot 100に登場しました。

 Lil Yachtyのアルバム“Nuthin’ 2 Prove”からは2曲がHot 100に登場。91位にJuice WRLDとの”Yacht Club”、100位にPlayboi Cartiとの“Get Dripped”が登場。

 SpotifyのRapCaviarや、Apple MusicのHip-Hop A Listで最初取り上げられていたのは“Get Dripped”の方でしたが、最終的には”Yacht Club”の方が人気となったようです。同じ週にリリースされたFuture + Juice WRLDのミックステープとの相乗効果もあってJuice WRLD曲に注目が集まったのでしょうか。(後にHip-Hop A Listの方には“Yacht Club”が追加された)

 この“Nuthin’ 2 Prove”はアルバムチャートで12位でした。このアルバムはSpotifyよりもApple Musicの方で人気が高かったです。

 

☆88 Khalid feat. Empress Of – Suncity

 ストリーミングで人気だったアルバムその2。KhalidのEP、“Suncity”。アルバムチャートでは8位でした。このアルバムは逆にSpotifyでの人気が高かったです。

 アルバムからは先行シングルの“Better”を含めて4曲がHot 100に登場。”Saturday Nights”が83位、Empress Ofとの”Suncity”が88位、”Vertigo”が89位に登場。USのオルタナティブポップ系シンガー、Empress Ofは初のHot 100登場。意外な所を客演に持ってきたという印象です。

 現在Hot 100上位にエントリーしている“Love Lies”や”Eastside”、そして今年序盤にリリースされた“OTW”はこのEPに収録されていません。

 

☆65 Billie Eilish – when the party’s over

 Billie Eilishの“when the party’s over”が65位に登場。3回目のHot 100エントリーで、彼女にとってキャリアハイの成績に。(”Lovely”=78位 “you should see me in a crown”=93位)

 彼女の躍進を支えるのはストリーミングでの人気。この“when~”はApple Music・Spotifyの両方で人気を博しており上位につけています。

その他、Spotifyではこの曲以外にも、5曲が200位以内にランクイン。そのうち”Bellyace”は2017年2月のリリースながらも、Spotifyのランキングに入ったのは今週です。つまり、この曲のヒットを媒介に過去曲が発掘された、という過程が伺えます。

 「ストリーミングで人気」というとノリやすくリズミックな曲が多く浮かびますが、Billie Eilishの曲の多くはその真逆を行く、とにかくダークな曲です。

 ストリーミングで注目を集める彼女ですが、今の所ラジオではあまりかかっていないようです。ラジオでも人気が出ればHot 100でも好成績を残せそうですが、果たして……

 

☆54 Cardi B – Money

 Cardi Bが火曜日にリリースした“Money”が54位に登場。集計は3日分で短いながらも注目を集めてHot 100デビューを果たしました。来週はある程度順位を伸ばす見込み。

 他のラップ曲と同様に、ストリーミングで主に人気。Apple Musicでは一時期首位に立っていたようです。DLでも一定の数字(今週10位)を記録しています。

 

△37 Luke Combs – She Got The Best Of Me

 カントリーシンガー、Luke Combsの“She Got The Best Of Me”が37位へ浮上。これでファーストアルバムからのシングル4つ全てでトップ40入りを達成しています。カントリー界期待のホープと言えるかも。

 

△34 Khalid – Better

 Khalidの“Better”がアルバム効果で順位上昇。ピークを更新し、34位まで浮上。トップ40入り。

 USのストリーミングでは、曲のピークはアルバムのリリース時に来やすいので、この“Better”はそのチャンスをしっかり掴んで順位を上げた、ということが言えると思います。

 ヒット連発のKhalidはここ2年で7曲のトップ40を記録。そのうちトップ10に届いたのは“1-800-273-8255”と”Love Lies”の2曲。

 

☆26 Future & Juice WRLD – Fine China

 今週のストリーミング人気作品その③。FutureとJuice WRLDのコラボミックステープ“WRLD ON DRUGS”。セールスはわずか8000枚ながらもストリーミングでの大人気により、アルバムチャート2位に食い込みました。(ストリーミングのみで8.8万枚相当の数字を記録)

 収録曲のうち4つがHot 100入り。先行で公開されていた“Fine China”が一番人気で26位に登場。ほか72位に”Jet Lag”、82位に“Astronauts”、92位に”Make It Back”が登場。”Make It Back”はJuice WRLDのソロ曲です。 これらの他、8曲がBubbling Under(101位~125位相当のチャート)に入りました。

 

△10 Khalid & Normani – Love Lies

 トップ10ラストの枠に滑り込んだのは“Love Lies”。ラジオでの人気もあってロングヒットとなっているこの曲ですが、6週ぶりのトップ10に。現在チャート滞在36週目。

 他の曲の追い上げが激しいので来週もトップ10に留まるかは微妙です。11位の“Taki Taki”、12位の”Without Me”がラジオ、DL、ストリーミングの全てで人気になっているので、来週は両方ともトップ10入りしそうな予感。

 先週、ステータスが13-13-13で並んだImagine Dragonsの“Natural”はラジオの伸びが鈍重なのでトップ10に届くか微妙、ほか先週11位だったElla Maiの”Trip”は18位にランクダウン。ストリーミングのピークはアルバムリリース時に来やすいという傾向通り、この曲のピークは先週の11位になるかも。

 

☆9 Post Malone & Swae Lee – Sunflower

 スパイダーマンの新作映画サントラからの1曲、Post MaloneとSwae Leeの“Sunflower”が9位に登場。Post Maloneにとっては5曲目、Swae Leeにとっては3曲目のトップ10(Rae Sremmurdの曲も含む)。

 この曲はストリーミングで人気のほか、DLでも好成績を記録(6位)、そしてラジオでも既に人気が出ており、将来的に1位を取る可能性もあるかも?ポイントはポップ系やリズミック系など規模の大きいラジオで人気を得ているという点。この2つを抑えられればラジオのポイントは大きく伸びそうです。逆にラップ~R&B系のラジオではあまりかからないかも。

 ほかでは、ここ数週ラジオで絶好調の“Happier”(4位)、ビデオ公開で再注目された”SICKO MODE”(2位)が次の1位候補です。

 

× Queen Naija – Medicine

 R&Bシンガー、Queen Naijaの“Medicine”がチャートから外れました。ピークは45位、チャート滞在は20週でした。

 最初はYouTubeで主に人気な曲でしたが、次第にラジオでも人気に。EPのリリースなどを挟んで人気をキープし、滞在20週と「満期」でチャートを後にしました。

 

※この曲はElla Maiの“Boo’d Up”、そしてH.E.R.の”Focus”と同じ週にHot 100に登場し、一気に3人も新人女性R&Bシンガーがチャートに出てきたことが印象的でした。

 

× Bebe Rexha & Florida Georgia Line – Meant To Be

 カントリーとポップが融合した大ヒットが大往生。“Meant To Be”が1年のチャート滞在の末にHot 100を後にしました。滞在が53週以上になった曲は26位以下に落ちるとチャートから外れる、というルールに基づきチャートを後にしています。(先週の順位は31位)

 現在USのラジオで1番規模が大きいのはポップス、次いでカントリーなのですが、この曲はその2大系統を両方抑えることによって人気に。

 ほかYouTubeやDLでも高い人気を誇り、複数のラジオ系統・複数の媒体と複合的な人気を得たことにより超ロングヒットとなりました。

 昨年は“Body Like A Back Road”、今年は”Meant to Be”というポップ~カントリーのクロスオーバーの大ヒットが2年連続で誕生。ラジオのポイントを効率良く稼ぐ手法として今後模倣される可能性もありそうです。

 

 

今週チャートから外れた曲 (15曲)

【左の数字は先週の順位、右(ピーク順位🗻/チャート滞在週数⏰)】

100 Quavo feat. Lil Baby – Lose It (🗻100位 /⏰1週)

99 Kodak Black – If I’m lyin, I’m Flyin (🗻56位 /⏰3週)

96 Luke Bryan – Sunrise, Sunburn, Sunset (🗻35位 /⏰16週)

95 Labrinth, Sia & Diplo (LSD) – Thunderclouds (🗻67位 /⏰5週)

94 Young Thug feat. Gunna & Lil Baby – Chanel (Go Get It) (🗻78位 /⏰4週)

93 Quavo – Huncho Dreams (🗻93位 /⏰1週)

91 Lil Wayne feat. XXXTENTACION – Don’t Cry (🗻5位 /⏰3週)

90 The Chainsmokers feat. Kelsea Ballerini – This Feeling (🗻74位 /⏰2週)

88 Quavo feat. Travis Scott – Rerun (🗻88位 /⏰1週)

86 Quavo – Biggest Alley Oop (🗻86位 /⏰1週)

83 Queen Naija – Medicine (🗻45位 /20週)

61 Quavo feat. 21 Savage – Pass Out (🗻61位 /⏰1週)

60 Florida Georgia Line - Simple (🗻32位 /20週)

48 Quavo feat. Drake – Flip the Switch (🗻48位 /⏰1週)

31 Bebe Rexha & Florida Georgia Line – Meant To Be (🗻2位 /52週)

 

 

・アルバムチャート(Billboard 200)に新登場した作品

🎫=チケットとアルバムを絡めた戦略を展開(CD購入でチケット割引・先行購入など)

👕=アーティストのグッズと音源を絡めた戦略 (シャツに音源がおまけで付くなど)

2 Future & Juice WRLD – WRLD On Drugs

3 Greta Van Fleet – Anthem Of The Peaceful Army 🎫

4 Disturbed – Evolution

8 Khalid – Suncity (EP)

12 Lil Yachty – Nuthin’ 2 Prove

21 LAY – NAMANANA: 03

22 QueenBohemian Rhapsody (Soundtrack)

26 RM – mono.

29 Lil Mosey – Northsbest

38 Jason Isbell And The 400 Unit

44 Summer Walker – Last Day Of Summer

49 Ace Frehley – Spaceman

60 Soundtrack – Halloween (2018)

68 Elle King – Shake The Spirit

188 Major Lazer – Major Lazer Essentials

 

 今週はバラエティー豊か。ストリーミングで人気のFuture & Juice WRLD、Khalid、Lil Yachtyが上位にデビュー。ほか新旧ハードロックバンド、Greta Van FleetやDisturbedも上位に。

 その他の注目はK-Popグループのソロ活動。EXOの中国出身メンバーLayの“NAMANANA: 03”が21位、BTSのRMのミックステープ”mono.”が26位に登場。

 LAYのアルバムはグループのアルバムチャートでのピーク(87位)を上回りました。RMのミックステープは無料で配布されているものの、iTunes1位など高いセールスを記録した点が興味深いです。 

 

来週以降の動向など

 

・来週以降Hot 100に入るかもしれない?曲

 

・Steve Aoki feat. BTS – Waste It On Me

 2週連続でK-PopアーティストがHot 100に登場することになるか?BTS初の英語シングルです。主にセールスで好調な成績を記録。

 

Michael Jackson – Thriller

 ハロウィン期になると毎年再浮上する定番曲。2013年~2015年にかけては毎年Hot 100に再登場していたのですが、2016年と2017年は登場せず。果たして今年は?ちなみに再登場するには50位以上にランクインする必要があります。

 

・Summer Walker - Girs Need Love

 Apple Musicでじわじわ人気が出ている女性R&Bシンガーの1曲。

 

ビルボードによる今週のHot 100 / アルバムチャート解説(記事を書くうえで参考にしています)