チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

Billboard Hot 100 5/21

f:id:djk2:20160525175254j:plain

ダウンロードの好調などで、一時期は23位まで順位を上げていたTroye SivanのYouthですが、今週83位…まだ14週目なので巻き返すチャンスはあることにはあるのですが…

 

f:id:djk2:20160525175407j:plain

ZeddがKeshaを助ける目的でリリースされたシングルTrue Colorsが74位で登場。新曲ではなく、Zeddの前アルバムに登場した既存の曲をKeshaがカバーし直したもの

 

f:id:djk2:20160525175430j:plain

先週、今週と大荒れのHot 100ですがDrakeの50位以上の新登場よりもPrince関連とBeyoncéで順位を落とした曲の方が多かったため、50位近辺の曲は順位が上昇。このStitchesも50週目ながらも36位と再び安全圏に

 

f:id:djk2:20160525175449j:plain

Hot 100に同時に20曲エントリーし、歴代最多の同時エントリーを記録したDrake。新登場の中で一番高い順位なのがこのHype。33位。高い順位の曲も多く、今回は10曲も上半分(50位以上)に入りました!

 

f:id:djk2:20160525175507j:plain

SNS発祥のRunning Man Challengeというムーブメントがキッカケで盛り上がったGhost Town DJ'sのMy Booが20年の時を経てチャートに再登場。29位。ちなみに当時のピークを更新しています。

 

f:id:djk2:20160525181026j:plain

カントリーミュージックとポップの融合を目指すFlorida Georgia Lineの新シングルH.O.L.Y.が20位で登場。前のアルバムのシングルは奮いませんでしたが、ファーストアルバムの時のようにまたヒットを多く飛ばせるか

 

f:id:djk2:20160525181038j:plain

同時リリースされたリアーナのシングルで、現在76位と上がり切らないKiss It Betterに対して、絶好調なのがこのNeeded Me。13位まで浮上。Workがトップ10から消える前に、トップ10に入れそうな予感です。

 

f:id:djk2:20160525181057j:plain

Beyoncéの先週登場したシングルの中で、唯一順位を落とさなかったのがこのSorry。現在、アルバムからのシングルでも1番高い順位。シングル化があるとしたら、有力な候補の一つか

 

f:id:djk2:20160525181120j:plain

Calvin HarrisとRihannaの名コンビによるThis Is What You Came Forがいきなり9位デビュー。いわゆるEDMのDJの曲がいきなりトップ10デビューするのはこれが初。彼に対する期待の高さが見えます

 

f:id:djk2:20160525181802j:plain

The ChainsmokersのDon’t Let Me Downが7位浮上。彼らにとって今年2曲目のトップ10で、アメリカ人男性としては現在今年唯一のトップ10複数保持者。客演Dayaにとっては初のトップ10

 

f:id:djk2:20160525181811j:plain

Fifth HarmonyのWork From Homeが5位浮上。イギリスでも好調なこの曲、アメリカイギリス両方でトップ5に入るガールズグループはあのThe Pussycat Dolls以来です。(2006年のButtons)

 

f:id:djk2:20160525182602j:plain

アルバムでは1位を多く獲っていたDrakeでしたが、「自身」の曲で初の1位を獲得。One Danceがラジオなどを大きく伸ばして1位に。現在イギリスなど数か国でも1位を獲得していますが、Drakeが遂に世界規模になった感が。

 

f:id:djk2:20160525182623j:plain

Justin Bieberの最新シングル、ピークが53位でチャートから姿を消す結果に…今までのシングルが絶好調だっただけに、これはかなり意外でした

 

f:id:djk2:20160525182644j:plain

先週、Beyoncéのアルバムから全曲がHot 100に登場しましたが、その中でも唯一Forwardだけが今週チャートから姿を消しました。初のHot 100だったJames Blakeにとってはわずか1週間で姿を消すという結果に

 

f:id:djk2:20160525182702j:plain

追悼の意を込めて多くのダウンロードがPrince関連曲に集まりましたが、ダウンロードのポイントが大幅に減った今週は、Prince関連の曲が全て消えるということに。Purple Rainは4位からチャート圏外に行くという驚きの結果に