チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

2016 UK Singles Chart Year End ② 【年間チャート考察】

イギリスのシングル年間チャートの考察をしていきます。

年間チャートの順位表は↓にあります。


f:id:djk2:20170109002229j:plain

-1 世界的な存在になったDrake

イギリスでの年間1位はOne Dance。さらには、それに加えてイギリスでも年間チャートに送り込んだ曲が最多(タイ)の5曲。

2014年まではイギリスでのヒットが殆どなかった彼でしたが(Hold On~と、リアーナと組んだ曲くらい)、2015年のHotline Bling以降は存在感を発揮し、2016年はイギリスのシングルチャートの主役に。

今まであまり縁がなかったイギリスのシングルチャートも制し、さらに上のステージに進んだ感があります。

 

-2 主役その2Justin Bieber

Drakeと同じく5曲を年間チャートに送り込んだのはJustin Bieber。Love Yourself, Cold Water, Sorry, Let Me Love You, What Do You Mean、というアメリカの年間チャートと共通の曲がイギリスの年間チャートにも入りました。

ただ、集計時期がアメリカよりも約1ヶ月半あとなので、Purposeからのシングルはアメリカより低めです。

※アメリカの年間チャートの集計2015年11月半ば ~ 2016年11月半ば

 イギリスの年間チャートの集計2016年1月 ~ 2016年12月

 そしてPurposeのリリースは11月。つまりイギリスの場合、少し2015年分にカウントされる分がある、ということです。

 

―3 Siaはイギリスのほうが人気?

上記の2人の5曲に次ぐ多くの曲を年間チャートに送り込んだのはSia (4曲)。Cheap Thrillsが3位に入ったほか、The Greatest, Bang My Head, Chandelier(!?後述します) 

チャート方法の集計の違いもあるので一概には言えませんが、2016年のCheap Thrills(イギリス3位・アメリカ11位)、2015年のElastic Heart(イギリス32位・アメリカ52位)、そして2016年の年間チャートに送り込んだ曲の数(イギリス4曲・アメリカ2曲)などと、イギリスでの人気の方が少し高いのかな、と感じました。

(ちなみにSiaはオーストラリア出身)

 

-4 Rihannaの安定感

Siaと同じ4曲が年間チャートに。うち2曲はDrakeと組んだ曲で、Too Goodはなんと週間ピークが3位まで到達し、Drakeのイギリスでの躍進を強力にサポートしていました。ちなみに3位ピークはOne Danceに次いでDrakeメインの曲の中では2番目の成績です。

またNeeded Meは週間ピークがとかなり低い数字の38位ながらも年間チャートに入りました。

アルバムAntiは以前と違う作風でしたが、Rihannaの人気は不変のようです。

 

―5 イギリスの年間チャートでの期待の新人

上記の4人以外で多くの曲を年間チャートに送り込んだのはCalvin Harris, Adele等の以前から活躍するイギリス人、そしてアメリカでも活躍したDJ Snake, The Chainsmokers, Major Lazer等のDJ/プロデューサー など。(いずれも3曲が年間チャートに)

彼らと同じ3曲を年間チャートに送り込んだ期待の新人が。

それはZara LarssonLush Lifeが年間6位に入ったほか、Tinie TempahとのGirls Like、MNEKとのNever Forget Youが年間チャートに。This One’s For Youは惜しくも年間チャート入りならず。

Ain’t My Fault、I Would Likeとその後もヒットを連発し、さらには2017年序盤にアルバムをリリース予定と今年も大活躍しそうです。2017年の年間チャートは、2016年よりも多くの曲を送り込む可能性もあるかもしれませんね。

 

―6 イギリス代表のポップグループ        

One Directionが活動休止し、人々の興味がメンバーそれぞれのソロ活動に移りましたが、Little Mixは健在。Shout Out to My Ex、Secret Love Song、Hairの3曲が年間チャートに。年間チャートに3曲も入るのはLittle Mixにとって初で、イギリス代表のポップグループの座を確保したと言えそうです。アメリカでのヒットはまだ少ないので、今後のアメリカでのヒット具合も気になります。

 

―7 客演で存在感を示したのは?

客演で最も存在感を示したのはSean Paul。Cheap Thrills、Rockabye、Hairと全て客演でのエントリーですが、ダンスホール風の曲の流行に乗った見事な復活劇と言えそうです。今年も客演仕事が多く舞い込むのでしょうか。また、Dua Lipaを客演に迎えたNo Lieという自身がメインの曲もリリースしたようで、アルバム等、彼メインの活動も気になります。

※その他3曲を年間チャートに送り込んだのは、MØとAriana GrandeとThe Weeknd。

 

―8 ブリティッシュな面々1

ここではイギリスらしい面子をチェックしていきます。まずはロック編。ColdplayがHymn For The Weekend, Adventure of Lifetimeを年間チャートに送り込んでいて、これはアメリカと同じなのですが、BastilleのGood Grief, The 1975のThe Soundというアメリカの年間チャート(シングル)にいない面々が。

この2曲は両方ともアメリカでは週間のHot 100に入っておらず、イギリス特有のヒットとも言えるのかも。しかしBastilleは2014年にPomepiiがアメリカで年間12位のヒット、The 1975も昨年アルバムがアメリカで1位獲得など、アメリカでの知名度はあるはずなので、アメリカのHot 100で受けなかったのは意外な結果ではあるかも。

 

-9 ブリティッシュな面々2

上記のようにDrakeが存在感を発揮した2016年でしたが、イギリス人のヒップホップアーティスト達はどうなのでしょうか。年間チャートに入ったのは、Girls Like (Tinie Tempah)、When The Bassline Drops, Nothing Like This (いずれもCraig David)、Shut Up (Stormzy)、IN2 (WSTRN)。中でもCraig Davidはアルバムも1位など、2016年活躍した一人といえるでしょう。スタイルはヒップホップというよりもハウス寄りでしたが。

評論面ではSkeptaが賞賛されていましたが、年間チャート入りはならず。グライム自体も93位のShut Upくらいで、チャートでの存在感は示せませんでした……

 

-10 超低ピークの年間チャート入り

最後にチャートマニアなポイントです。

2014年の半ばにストリーミングが導入されたイギリスのチャート。それ以降曲のチャートの動き方がかなり変わってきました。

それ以前は曲のセールスのみの判定だったので、曲がリリースされた週が勝負!それ以降は落ちるのみ…という感じでトップ10が目まぐるしく入れ替わっていたのですが、ストリーミング導入以降はセールスが落ちてもストリーミングでカバーできるため、上位に入った曲が順位をキープしやすくなりました。その結果何が起こるかというと、週間のピークが高くなくても、低空飛行を続ければ年間チャートにも入ることが可能になったというわけです。

例えば

2015年の年間チャートに入った曲の中でピークが最も低いのはOne Last Timeの24位。(2015年当時のピーク)

2016年の年間チャートに入った曲の中でピークが最も低いのはNeeded Meの38位。

さらに

ストリーミング導入前の最後の年の2013年の年間チャートでピークがトップ10に達していないのは8曲(Latch, Explosions, I Will Wait, Chocolate, A Thousand Years, Treasure, Do I Wanna Know, Radioactive)

2016年だとそれがなんと27曲!とてつもない増え方です。

 

前述したChandelierも、2016年のピークは35位ながらも低空飛行を続け、2014年リリースの曲ながらも2016年のチャートにも入ることができました。

ちなみにアメリカだと21週目以降51に”落ちる”とチャートから消えるルールがあるので、51位以下の低空飛行は年間チャートの対象外になるのでこのような現象は起こりません。

 

このように、ストリーミングの導入がイギリスのシングルチャートを大きく変えていて、このテーマは研究し甲斐があると考えています。

 

おまけ

アメリカVSイギリス、誰が多く曲を年間チャートに送り込んだか

 

f:id:djk2:20170109002042j:plain