チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

Billboard Hot 100 5/27 見どころ 【約10年前に大活躍だったChris Brown、Justin Timberlakeの現在地】

f:id:djk2:20170517223053j:plain

こんばんは。今回のテーマはこの2人!Chris BrownJustin Timberlake。今週、彼らの曲がチャートから外れたのですが、それまでその曲がどのようなチャートアクションを取ったのかということから、彼らの現在地を探ろうと思います。

 

 

89 Chris Stapleton – Either Way (New)

アルバムの「セールス」では1位だったものの、ストリーミング等を加算する「アルバムチャート」のBillboard 200では2位だったChris Stapleton。そのアルバムからはEither Wayが89位で登場。

 

64 Miley Cyrus – Malibu (New)

木曜リリースで1日集計ながらも、多くのダウンロード等でポイントを稼ぎ、64位で登場したMiley CyrusのMalibu。新登場の曲の中では一番高い順位(=Hot Shot Debut)1週間フルでポイントが入る来週は大きな上昇が見込まれます。実際、先週木曜リリースながらも90位で登場したNiall HoranのSlow Handsは今週52位まで順位を上げています。

 

56 Migos ft. Gucci Mane – Slippery (Re)

MigosとGucci ManeのSlipperyが56位で再登場。アルバムリリース時のHot 100の順位もシングルのBad And Boujee、T-Shirtに次ぐ順位と元から人気のある曲でしたが、ビデオのリリース*1が追い風になったのか、ストリーミングが全体的に伸びました。(今週ストリーミングが50位圏外から30位と上昇) まだラジオではかかっていないようで*2シングル化はまだのようですが、そのうちシングル化されるでしょうか。

 

47 Logic ft. Alessia Cara & Khalid – 1-800-273-8255 (↑)

セールスでは2位ながらもストリーミング等での数字により見事今週のアルバムチャート1位を獲得したLogicのEverybody。そのアルバムの中で最も注目を集めたのは1-800-273-8255。ストリーミング増により47位まで順位を上げました。アルバムからは他にもEverybodyが71位で再登場しました。

※ストリーミング量から推測して、もう少し多くの曲がHot 100に登場するかと思いましたが、2曲とは意外と少なかったです。とはいえ、アルバム1位は見事です!

 

38 Ed Sheeran – Castle on the Hill (↑)

約1ヶ月前に「シングル化宣言」がなされたCastle on the Hill。正直なところ「今までシングルじゃなかったのか……」といったところですが、その宣言通りここ1ヶ月で少しずつ順位が上昇し、今週は38位とトップ40に復帰。アルバムリリース週以来のトップ40。ラジオでのポイントが復調の要因。Shape of Youと共にリリースされた週は6位で登場したこの曲ですが、再びその順位に近づけるでしょうか。

※ちなみにビデオがリリースされたGalway Girlが今週94位で再登場しています。こちらもシングルという報道がされていましたが、果たして……?

 

36 Childish Gambino – Redbone (↑)

少しずつ順位を上げていたChildish GambinoのRedboneが今週36位とついにトップ40入り。彼にとって初のトップ40。23週目のトップ40と遅咲きですが、まだまだ順位を伸ばしそうな予感がします。Hip-Hop/R&B系ラジオで4位と好調。

 

29 French Montana ft. Swae Lee – Unforgettable (↑)

French MontanaとSwae LeeのUnforgettableが29位まで上昇。トップ40に突入。上昇の要因は #unforgettabledancechallenge 等によるストリーミングでの好調。既にイギリス、カナダではトップ10入りしていて、二人の本拠アメリカでもいずれはトップ10に入るか。Swae Leeによるサビパートの中毒性が高く、夏を彩るヒット曲の一つになる予感がします。

ダンスホール調でノリが良く、ポップ系のリスナーへの受けも良さそうで、ジャンルを超えたヒットになるかも。

 

1 Luis Fonsi & Daddy Yankee ft. Justin Bieber – Despacito (↑)

Justin Bieberのリミックスがリリースされて以降特大ヒットとなったDespacitoがついに1位を獲得。英語以外*3の曲が1位を獲得するのは21年ぶりかつ史上7曲目。ダウンロード、ストリーミングで1位を獲得しています。

5週連続で異なる曲が1位を獲得するなど、入れ替わりが最近ですが、このDespacitoはどこまで高い順位をキープできるでしょうか。先週1位のI’m the Oneはダウンロードとストリーミングは落としていますが、ラジオのポイントを大きく上昇させていて、1位への復帰もあるかも…?とにかく、激戦区のチャートから目が離せません。

※ちなみに同一アーティストが2週連続で異なる1位曲を”新たに”生み出すのはこれが初(Justin BieberによるI’m the One→Despacito)、またJustin Bieberの曲同士が1位で入れ替わるのはこれが2回目で、(2016年のSorry→Love Youreself)史上3人目。(1964年のThe Beatlesの異なる3曲(I Want to Hold My Hand→She Loves You→Can’t Buy Me Love)での連続1位、2004年のUsherの(Yeah!→Burn / Burn→Confession Part 2)に次ぐ)

Justin Bieberの人気は凄まじいですが、先週のI’m the Oneが5人の大所帯*4になるなど、近年は客演の人数が増加しており、前よりこの系統の記録が生まれやすくなっているため、ビートルズとの単純の比較は難しいかもしれないです。

 

× Dwayne Johnson – You’re Welcome (↓)

2020年の大統領選への立候補が報じられ、山籠もり中?の「神」ことKanye*5のライバルになるとも考えられる?ロック様ことDwayne Johnson。彼はディズニー映画Moanaで歌も担当していましたが、そのYou’re Welcomeは今週チャート圏外へ。12月頃からMoanaの曲が何かしらHot 100に入り続けていましたが、今週は0曲になり、一段落。

 

× Starley – Call On Me (↓)

StarleyのCall On Meがチャート圏外へ。Hot 100の順位には表れづらいヒットの仕方をした1曲。Ryan RibackのリミックスがSpotifyを中心にヒットし、その後ラジオでもかかるようになってHot 100にも入った、というような経緯の曲。しかしSpotifyでのピークが1月末、ラジオでのピークが4月末と離れていて、ピークが2つ出来てしまいます。その影響でロングヒットにはなるものの、それぞれのポイントが散っていて最高順位が高くはなりづらく、なんとも惜しい気がします。ラジオをチャート計算に導入しているHot 100特有の悩みです。同じようなことが、Spotifyで先にヒットしたAJRのWeakにも言えます。

 

× Future ft. Rihanna – Selfish (↓)

2月に連続でリリースしたFuture、HNDRXXがいずれもアルバムチャートで1位を獲得したFuture。それに伴い、複数曲がHot 100に登場しましたが、このRihannaとのSelfishがチャート圏外に外れたことにより、残りは現在6位のMask Offのみに。他の”Future”と”HNDRXX”の曲を今後どのようにプロモーションするのか、またはプロモーションせずにまた新しい曲をリリースするのか注目したいです。

 

× Chris Brown ft. Usher & Gucci Mane – Party (↓)

Chris BrownのPartyが20週のチャート滞在を終えてチャート圏外へ。ピークは40位ながらも50位前後にいた期間が長いため、トータルで見ればピーク20位で2016年間チャート89位となったBack to Sleepと同程度のヒット具合と思います。曲をリリースすれば安定してトップ40とヒットしているという見方も出来ますが、この順位からは、例えば2008年に年間チャートトップ10に3曲(Forever, With You, No Air)も送り込んだ時のような勢いは感じられません。

また、「ラップ曲の客演歌パート役」としても高い支持を得てきた彼ですが、近年は客演の枠にThe Weeknd、JeremihなどのChris Brownと同じ「甘い声の歌パート役」、はたまた「声出し役」としての“客演DJ Khaled”!?等、ライバルが多数台頭。

かつてのような再ヒットを狙うか、客演仕事を増やすか、それとも他のジャンルへ進むか、もしかしたら路線変更が求められる時期なのかもしれません、現在77位のPrivacy含めて今後の彼の動向に密かに注目です。

 

× Justin Timberlake – Can’t Stop the Feeling! (↓)

先週までの52週=1年のチャート滞在を終えて、チャートから外れたJustin TimberlakeのCan’t Stop the Feeling!。見事なロングヒットでした。先週39位だったのですが、「53週目以降の曲が26位以下に落ちた時はチャートから外れる」というルールにより、チャートから外れました。

1位で登場するロケットスタートだったこの曲でしたが、息の長いロングヒットとなったこの曲、今まで18曲1位でHot 100に登場した曲があるのですが、その中でもこの曲は最も長いチャートインを記録しています。(52週、今まではShake It Offの50週が最長)

1位で登場するような勢い、そして長く愛されるような定着度を併せ持ったこの曲のチャート成績から、Justin Timberlakeの健在ぶりが伺えます。

※最近、彼がかつて所属したN’Syncの代表曲It’s Gonna Be Meをもじって、5月ということでIt’s Gonna Be May というのが多少ブームになりました。このIt’s Gonna Be Meは2000年の曲で、彼の息の長さが分かります。

 

上記以外でチャートに登場/再登場した曲

99 Lil Yachty ft. Migos – Peek A Boo (Re)

98 Drake – Gyalchester (Re)

97 Midland – Drinkin’ Problem (New)

95 Big Sean – Moves (Re)

94 Ed Sheeran – Galway Girl (Re)

79 Blake Shelton – Every Time I Hear That Song (New)

71 Logic – Everybody (Re)

 

上記以外でトップ40にはじめて突入した曲

40 Shawn Mendes – There’s Nothing Holdin’ Me Back

 

チャートで今週伸びを見せた曲たち

今週最もラジオで伸びた曲          DJ Khaled ft. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper & Lil Wayne – I’m the One

今週最もダウンロードが上昇した曲 Harry Styles – Sign Of The Times

今週最もストリーミングが伸びた曲 Logic ft. Alessia Cara & Khalid – 1-800-273-8255

最も高い順位で新登場した曲          Miley Cyrus - Malibu

 

 

近いうちのヒットが期待されるシングルたち

Hot 100以外の場所で好調なものの、Hot 100にエントリーしていない曲を集めました。

(調査対象:Spotifyデイリー、Shazam、Pandora)

Calvin Harris ft. Khalid & Future – Rollin’ (Spotify 23位)

Play-N-Skillz ft. Frankie J, Becky G & Kap G - Si Una Vez (Shazam 28)

The Revivalists – Wish I Knew You (Shazam 35位)

Portugal. The Man – Feel It Still (Shazam 36位)

Josh Ritter – Homecoming (Shazam 43位)

Trey Songz – Nobody Else But You (Shazam 49位)

※Cheat Codes ft. Demi Lovato – No Promises (Shazam 54位)

 

注目はCalvin HarrisのRollin’。人気者Futureを客演に入れたこともあり好調。Slideを越えるかも。そしてポップ系ラジオで好調の2曲にも注目。ポップ(ラジオ)チャートでSi Una Vezは40位、No Promisesは33位。前者はネクスト・Despacitoとして期待されています。後者は近いうちにHot 100に登場しそう。

 

今週チャートから姿を消した曲

(左の数字は先週の順位 ※はリカレントルールが適用された曲)

99 Dwayne Johnson – You’re Welcome

97 Starley – Call On Me

95 Future ft. Rihanna – Selfish

93 Harry Styles – Sweet Creature

89 Kendrick Lamar – YAH.

※80 Chris Brown ft. Usher & Gucci Mane – Party

79 Kendrick Lamar ft. U2 – XXX.

76 Katy Perry ft. Migos – Bon Appétit

67 Kygo & Ellie Goulding – First Time

※※39 Justin Timberlake – Can’t Stop the Feeling! 

 

Bon Appétitは近いうちにHot 100に復帰はするでしょう……高い順位を記録するかは不明ですが……

*1:音源はアルバム全曲YouTubeにもとから上がっていますが

*2:Hip-Hop/R&B Airplayチャートで50位圏外

*3:一部Justin Bieberが英語で歌っているが、基本スペイン語なので

*4:1位の曲としては歴代最多の人数

*5:彼も2020年の大統領選の立候補を仄めかしている