djk2

チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート/ポップス研究家 (自称) 未来のチャートマニア・音楽マニアがニヤッとする記事を作ることが目標! 引用、コメントなどお待ちしております。

Hot 100 5/19 見どころ 【Childish Gambino、ビデオ人気などで1位!影なる立役者Young Thug】

f:id:djk2:20180517234205j:plain

 今週最大のトピックは”This Is America"の首位デビュー!ビデオが多く再生されたことが1位デビューの要因の一つです。Childish Gambinoにとって初の1位となっただけではなく、初のトップ10でもあります!↑の画像はそのChildish Gambinoと、feat.表記などはされていないものの影の立役者となっているYoung Thug*1

 

今週のハイライト

・“This Is America”が初登場1位。1位が3曲連続で初登場から1位。

・Childish Gambinoにとって1位はもちろん、トップ10も初

・ビデオの緑のキャラのダンスが話題に。ミーム系ヒットDame Tu Cositaがトップ40入り

Travis Scott+カニエ+Lil Uzi Vertの“Watch”が16位で登場。Travis Scottにとってキャリア最高位と並ぶ (客演除く)

 

チャートで今週伸びを見せた曲たち

今週最もラジオで伸びた曲           Zedd, Maren Morris & Grey – The Middle

今週最もダウンロードが上昇した曲 N*E*R*D & Rihanna - Lemon

今週最もストリーミングが伸びた曲 Migos feat. Drake – Walk It Talk It

最も高い順位で新登場した曲           Lil Dicky feat. Chris Brown – Freaky Friday

 

 

曲の個別解説

 

[New] 98 YoungBoy Never Broke Again – Preach

 YoungBoy Never Broke Againの“Preach”が98位で登場。アルバムリリースが反映されたのは先週でしたが、今週になぜか伸びを見せています。

 YouTubeで今週69位に入っています(先週からアップ)またApple Musicは120位前後(Apple Musicは週間ランキングが無く、また過去のアーカイブが取れないため、いつも「推定順位」を示している (現在の順位はkworb.comで見られる) )

~マニアックな話~

 先週Hot 100に登場した彼の“Overdose”は77位→47位とジャンプアップ。しかしメインのポイント源と思われるYouTubeでは12位→16位と順位を落としていて、なぜHot 100の順位が上がっているのかの理由が不明。この上昇は毎週Hot 100の正確な予想を出しているSimon Falk氏も予測出来ておらず(氏は順位を落とすと予想している)、なぜここまでジャンプアップしたのか正直「謎」です。YouTubeでヒットしている曲は「謎」のチャートアクションを取るケースが多いです。真相は果たして……

 

[New] 97 Brett Young – Mercy

 Brett Youngの“Mercy”が97位で登場。今週カントリー系ラジオ22位。

 Hot 100には他の“Mercy“がいくつか登場したことがあります。Kanye Westなどの”Mercy”が記録した13位、Shawn Mendesの“Mercy”が記録した16位は、カントリー歌手のBrett Youngにとっては難しい数字ですが、Duffyの”Mercy”27位なら狙えそうな数字でしょうか?

 ちなみにBrett Youngのキャリアピークは“In Case You Did’t Know”の19位

 

[New] 80 Bhad Bhabie feat. Lil Yachty – Gucci Flip Flops

 Bhad BhabieとLil Yachtyの“Gucci Flip Flops”が80位で登場。先々週半ばのビデオ公開以降、注目度が増しています。YouTube今週13位 Apple Musicでは200位前後

 ブレイク当初は“Cash Me Outside”の女の子という名目でしたが、着実にフィメールラッパーとしてキャリアを前進させている印象があります。 最近”Hi Bich”がゴールド認定されました。

 

[New] 74 Charlie Puth feat. Kehlani – Done For Me

 Charlie PuthがKehlaniを迎えた“Done For Me”が74位で登場。ラジオで人気(38位)のほか、iTunes割引を実行中のDLも浮上中。ただしストリーミングではまだ芽が出ていません。来週はアルバムリリースが反映されるので、もう少し上がるかも。

 同じくKehlaniが客演のKyleの“Playinwitme”は今週104位とHot 100に接近中。Spotifyで人気。(Apple Musicではまだ200位前後) *2

 

[New] 65 Shawn Mendes feat. Khalid – Youth

 Shawn MendesとKhalidの“Youth”が65位で登場。今週ダウンロードDL20位。二人ともこれが11曲目のHot 100エントリーです。

 “Youth”のタイトルどおり二人とも若く、どちらも1998年生まれ。(現時点でKhalidは20歳、Shawn Mendesは19歳)

 昨年“Young Dumb & Broke”を請け負ったJoel LittleとShawn Mendesがこの曲をプロデュース。Shawn Mendesは今回のアルバムのシングルを今のところ全て自身でプロデュースしています!

 この“Youth”、国によってはトップ40にも入っています。イギリス35位、オーストラリア27位、Shawn Mendesの母国カナダで22位など。ドイツも43位とトップ40付近。

 

[New] 58 Luke Combs – Beautiful Crazy

 カントリーシンガーLuke Combsの“Beautiful Crazy”が58位で登場。今週2番目に多いダウンロードを記録しています。(”This Is America”がリリースされるまでiTunes首位を独走していました)

 Luke Combsは6/1に昨年リリースしたアルバム“This One’s For You”のデラックス版をリリース予定。また、この新曲リリースの効果か、この”This One’s For You”がアルバムチャートで37位→16位と浮上しています。また現行シングルの“One Number Away”も65位→44位と浮上。

 

[↑] 36 El Chombo – Dame Tu Cosita

 El Chomboの“Dame Tu Cosita”が36位へ浮上!チャート登場から3週目でトップ40に突入です。いわばミーム系のヒットですが、まだYouTube以外でのヒットの兆しが見られないです。

 

[↑] 28 Rae Sremmurd feat. Juicy J – Powerglide

 Rae Sremmurdの“Powerglide”がアルバムリリースによる上昇、それに伴うiTunes割引などで28位に上昇。ピークを更新しています。

 アルバムの他の曲はHot 100入らず。アルバムチャートでは6位でした。

 Rae Sremmurd名義、Swae Lee名義、Slim Jxmmi名義(デュオのアルバム、メンバーのソロアルバム×2)の3枚組でアルバムをリリース。それに伴い曲数が多め(27曲)。そのことがプラスに働き、ストリーミングでのポイントアップを狙えそうでしたが、あまり効果は出ませんでした。(3枚まとめて集計されています)

 ちなみにSwae Leeいわく、アルバム6位は「悪くないけど、1位が欲しい」らしい。(しかし6位登場のアルバムが来週以降にアルバム1位を狙うのは残念ながら現実的に不可能)

 

 今週のアルバム1位はPost Maone、2位はJ. Coleとストリーミングの強いアルバムが上位を支配。ほか3位にLeon Bridges(チケット付きCD戦略を使った)、5位にShinedownが登場。

 

[↑] 19 Nicki Minaj – Chun-Li

 ビデオリリースで大きく注目を集め、Nicki Minajの“Chun-Li”が19位まで再浮上。ストリーミングが伸びました。YouTube今週6位。

 ただしビデオの再生数は少しずつ下がってきていて、来週は一旦順位を落としそう。今後の伸びしろはラジオですかね。Hip-Hop / R&B系ラジオやリズミック系では既に好調。ポップ系ラジオへの飛び火を期待。

 またApple MusicやSpotifyではそれぞれ30位、50位程度なので、ここの数字も伸ばせるとなお良いでしょう。

 

[New] 16 Travis Scott feat. Kanye West & Lil Uzi Vert – Watch

 Travis Scottの“Watch”が16位で登場。客演はKanye West、Lil Uzi Vertと豪華。今週のストリーミング7位。DLは今週16位でした。

 リリース週から自身の曲で最高位を記録した“Antidote”の16位といきなり並んでいます。Travis Scottはアルバム”Astroworld”を今年リリース予定と報じられていますが、この曲はそのアルバムの曲なのでしょうか?

 まだ情報はあまり出ていませんが、Lana Del Rey、Tame Impala辺りがゲストに参加するのでは?と噂されています。リリース時期は6月?との噂も。まだ「噂」なので何とも言えませんが、「噂」の段階ならではのワクワク感もありますよね!

 

[↑] 9 Ed Sheeran – Perfect

 Ed Sheeranの“Perfect”が9位へ浮上。これで26週目のトップ10に。歴代で10曲しかない「半年以上(=26週以上)*3トップ10に入った曲」になりました。先週アルバム効果で浮上したPost Maloneの“Better Now”や ”rockstar”がトップ10から外れ、代わりに再浮上しました。

 この上位での粘りから、年間チャートでは高い順位(2位?)に入りそうです。ラジオでの強さに加え、2バージョンでストリーミングをパンプアップできていることが大きいです。

 他のトップ10を狙う曲の情報

 21位→12位と急浮上した“Whatever It Takes”。ほかのImagine Dragonsのシングルと同様ラジオが強いです。ロック系統の一種、オルタナティブ系ラジオで1位を獲得後、ポップ系でも支持を得るというのが彼らのヒット鉄板の流れです。今週ラジオ5位。現在のラジオ1位~4位が横ばい or 下落中なので、”Whatever~”はそのうちラジオ1位になれるかも。ちなみに今週ラジオ1位が“Meant To Be”から”The Middle”に交代。

 ほか37位→17位のイギリス人シンガーElla Maiによる“Boo’d Up”もトップ10入りを狙います。Hip Hop~R&B系ラジオでの人気に伴い、ストリーミングで浮上。好調なのはYouTube(今週5位)、Apple Music(15位前後)など。一方Spotifyではまだ200位圏外。

 

[New] 1 Childish Gambino – This Is America

 Childish Gambinoの“This Is America”がいきなり1位で登場!DLとストリーミングを制しての1位です。

 Apple Music、Spotifyでは“Nice For What”を下回るものの、YouTubeで圧倒し(”This Is America”は今週約3820万、“Nice For What”は今週約1240万)、今週ストリーミング最もストリーミングが多い曲に。集計が5日のみ(2日分”Nice For What”)でしたが、YouTubeでの圧倒的な人気が生きて1位奪取に成功しました。

 Childish Gambinoにとっては初の首位でもあり、初のトップ10でもあります。(去年のChance the Rapperもそうでした。ほか“Harlem Shake”のBaauerやアメリカン・アイドル勢など)

 客演としてはクレジットされていませんが、この曲には21 Savage、Quavo、Slim Jxmmi、Young Thug、BlocBoy JBが「合いの手(アドリブ)役」として参加しています。その中でもYoung Thugは最後の〆の部分を歌い、役割がやや多め。彼は“Havana”に引き続き客演のような立場から初の1位獲得に貢献した、と言えそうです。

 また、この曲に伴い彼の過去のアルバムが浮上。アルバムチャートで“Awaken, My Love!”が45位、”Because the Internet”が61位、“Camp”が197位に。

 

 これで1位が3連続で「いきなり1位デビュー」だった曲となりましたが、1位が3連続で「いきなり1位」だったのは1995年の“Fantasy”→”Exhale”→”One Sweet Day”以来です。この連続の「いきなり1位デビュー」は曲への注目が瞬時に集まりやすくなった昨今の傾向を表しているように思います。

 

[↓] × XXXTENTACION – Changes

 XXXTENTACIONの“Changes”がチャート圏外へ。

 XXXTENTACIONといえば、「過去の暴力的な行い」を理由にSpotifyの公式プレイリストから除外されたことが話題となっていますが、この曲がチャート圏外に落ちたこととは、これの効果よりも自然減が原因と思われます。

 「排除」が報じられた5/10頃以降も、露骨な下落はなく(週間63位→69位→75位)今の所除外はチャートに影響を及ぼしていないと思います。XXXTENTACIONのファンはアルバム単位で聞いている可能性が?*4

 ほかストリーミングで人気のアルバムの「非シングル」が少しずつチャート外へ。Cardi Bのアルバムから1曲、J. Coleのアルバムから3曲、Post Maloneのアルバムから3曲が外れました。

 

今週チャートから外れた曲 (9曲)

【左の数字は先週の順位、右(ピーク順位🗻/チャート滞在週数⏰)】

96 XXXTENTACION - Changes (🗻37位 /⏰9週)

86 Cardi B feat. Kehlani - Ring (🗻28位 /⏰4週)

85 Kanye West feat. T.I. – Ye vs The People (🗻85位 /⏰1週)

80 J. Cole – Photograph (🗻14位 /⏰2週)

79 J. Cole – 1985 (Intro To The Fall Off) (🗻20位 /⏰2週)

73 Post Malone – Jonestown (Interlude) (🗻73位 /⏰1週)

71 J. Cole – Motiv8 (🗻15位 /⏰2週)

57 Post Malone – Sugar Wraith (🗻57位 /⏰1週)

34 Post Malone – Candy Paint (🗻34位 /⏰21週)

 

来週以降の動向 ・プレイリスト 

・来週以降Hot 100に入るかもしれない?曲を特集

 

・Playboi Carti feat. Lil Uzi Vert – Shoota

・Playboi Carti feat. Travis Scott – Love Hurts

・Playboi Carti & Nicki Minaj – Poke It Out

 

 この週のアルバムストリーミング王はPlayboi Carti。この3曲あたりがHot 100に入る可能性が高そうです。Apple Musicで2位の“Shoota”は高順位デビューに期待が持てます。

 

・Selena Gomez – Back To You

 DLやストリーミングが順調、ラジオも伸びているので好スタートを切りそう。(いつも出だしは調子が良い)

 

・Lil Baby & Drake – Yes Indeed

 向かう所敵なしのDrake様、今度はLil Babyを引き連れ新曲をリリース。瞬時にApple Music首位に浮上。集計3日分でどこまで順位を伸ばすか?

 

・その他の新曲情報はこちらを参照してください!

 

 

・プレイリスト

 

 

 

 

 

*1:https://hiphopdx.com/news/id.46770/title.young-thug-confirms-next-childish-gambino-album-is-the-last より

*2:Spotify内での順位はアメリカ>イギリスながらも、シングルチャートではイギリスのほうが先に登場。理由はシングルチャートにおけるストリーミングの比率がイギリスのほうが高いことと、ストリーミングでのSpotifyの規模が大きい(と思われる)ことと、イギリスはSpotifyApple Musicでそこまで人気曲が違わないということ

*3:ちなみに25週トップ10に入った曲は と多い

*4:あとXXXTENTACIONは熱狂的なファンが多いという印象もあります、好き嫌いが分かれるけれど、好きな人はめちゃくちゃ好きみたいなタイプ