djk2

チャート・マニア・ラボ

音楽チャート・ポップス研究者(自称) ポップス音楽と食べることが好きなオタク

Hot 100 3/2 見どころ 【Cardi B + Bruno Marsが5位に登場 / “容疑”のバズ?】

f:id:djk2:20190228001613j:plain
こんばんは。今週の見どころは主にCardi B + Bruno Marsのコラボが5位に登場したこと、YNW Mellyの”Murder On My Mind"の浮上、Juice WRLDの新曲などです。

 

◇今週のHot 100 ハイライト◇

・Cardi BとBruno Marsの“Please Me”が5位に登場

・殺人の容疑がかけられたYNW Mellyの“Murder On My Mind”が14位に浮上

・Juice WRLDの新曲“Robbery”が27位に登場

・2週目の”thank u, next”がアルバム1位。今週も収録曲全てがHot 100に残る

 

・今週のトップ10

      3月2日   R D S
- 1 Ariana Grande 7 rings 6 3 1
  2 Halsey Without Me 2 4 7
  3 Post Malone & Swae Lee Sunflower 8 5 2
  4 Ariana Grande thank u, next 5 41 8
5 Cardi B & Bruno Mars Please Me 22 1 10
-   6 Marshmello & Bastille Happier 4 11 13
-   7 Travis Scott SICKO MODE 9 17 5
  8 Ariana Grande break up with your girlfriend, i'm bored - 7 4
  9 Panic! At the Disco High Hopes 1 13 43
10 Post Malone Wow. 11 8 14

 R=Radio、D=Download、S=Streaming

 は先週と比べて曲のポイントが伸びていることを指す

 

1~100位までの順位表は↓

 

曲の個別解説

 

▽95 Ariana Grande – make up

 今週もアルバム首位をキープしたAriana Grandeの”thank u, next”。今までも何回かアルバム首位を獲得した経験はありましたが、2週目も継続して1位をキープするのは今回が初です。(今までは2週目は他のアルバムに首位を取って代わられてきた)

 今週のアルバム「総売上」は15.1万。セールスは2万、ストリーミングから12.4万枚、シングルDLからは0.7万と、ストリーミングでの数字が2週目でも大きなカギとなりました。そのストリーミングでの12.4万枚を再生数に換算すると約1億6860万で、2週目でもなお歴代のポップアルバムを上回る数字を叩き出しています。(このアルバム以前にポップアルバムで最もストリーミングが多かったEd Sheeranの“÷”の再生数は約1.27億)

 

 このように2週目もストリーミングの数字をかなりキープしたことによって、今週も収録曲全てがHot 100に残りました。他の再生数が高かったアルバム、例えば1曲あたりの再生数が高く1週目はアルバム全曲がHot 100入りした“Scorpion”、”KOD”、“DAMN.”、”ye”あたりのアルバムでも2週目には何らかの曲が外れてしまっていたので、2週目も全曲Hot 100に残っているのはかなり珍しいです。

 Cardi Bの“Invasion of Privacy”もルールによって既に外れていた”Bodak Yellow”以外の曲が全部2週目もHot 100に残っていました。曲数が少なめで、かつInterludeのような単体での再生が想定しづらい曲が無いと2週目も多くの曲が残る傾向があるのかも。

(”thank u, next”=12曲、”Invasion of Privacy”=13曲 一方“Scorpion”は25曲。”KOD”は12曲だが“Interlude”や”Outro”など流れで聞くための曲が多い)

 

※ちなみに“Invasion of Privacy”はアルバム全曲がRIAAのゴールド以上のディスク認定を受けているようです。”thank u, next”もいずれそうなりそうです。

You searched for cardi b - RIAA

 

☆91 Riley Green – There Was This Girl

 カントリー系ラジオで数字を伸ばす曲がいくつかHot 100に登場。Mitchael Rayの“One That Got Away”が100位、Riley Greenの”There Was This Girl”が91位、Chase Riceの“Eyes On You”が84位に登場。Riley GreenはHot 100初登場です。

 

☆87 YK Osiris – Worth It

 YK Osirisの“Worth It”が87位に登場。彼はフロリダ出身20歳のラッパー。昨年Def Jamとサインしたようです。エモラップ成分もある1曲。

 この曲は主にYouTubeApple Musicで人気。一方、Spotifyではまだランキング圏外です。

 ビルボードは単独記事で彼を紹介しています。

 

☆86 Zedd & Katy Perry – 365

 ZeddとKaty Perryのコラボシングル”365”が86位に登場。ややダークな雰囲気を持つポップ曲です。

 二人とも近年ヒットを連発したビッグネームなので、もう少し高めの順位に登場するかと思いましたが、DLもストリーミングもそこまで高い数字を記録しなかったのでこの順位に。今後ヒットしていくかどうかはラジオが鍵を握りそうです。

 

☆80 Florida Georgia Line – Talk You Out Of It

 新アルバムをリリースしたFlorida Georgia Line。アルバムチャートでは4位にランクイン。(1作目から4位→1位→2位→4位と推移)

 そしてこのタイミングでシングルの“Talk You Out Of It”がHot 100に登場。新作公開によるストリーミング増やラジオのポイントが要因です。

 

☆49 Offset – Red Room

 アルバムに先駆けてリリースされたOffsetのシングル“Red Room”が49位に登場。リリースとほぼ同時にビデオもリリースされています。

 Offsetのアルバムは来週チャートに反映される予定。ストリーミングを中心にポイントを稼いでいて、アルバムチャートでは3位か4位に登場しそうです。それと同時に何曲が新たにHot 100に登場する見込みです。

 

※来週のアルバムチャート(見込み)

1位か2位 → Ariana Grande(3週目)かA Star Is Born

3位か4位 → GunnaかOffset

'A Star Is Born' Bound for Big Gain on Billboard 200, As Ariana Grande's 'Thank U' Eyes Third Week at No. 1 | Billboard

 

△38 Pinkfong – Baby Shark

 今週49位→38位に順位を上げた“Baby Shark”。先週はAriana Grandeのアルバム曲登場によって一旦順位を落としましたが、今週はそれが元に戻ったような感覚です。

 ビルボードはこの曲を「“過去”にリリースされた曲」と判定しており、そのことで51位以下に落ちるとチャートから外れてしまうという厳しいルールが“Baby Shark”に課されています。しかしこの曲はそれを乗り越えて50位以上をキープし続けており、現在8週目を迎えています。

 この安定感から、にわかに2019の年間チャートに入るのでは?という可能性も浮上。この調子でチャート滞在を15週程度まで伸ばせれば、年間チャートにも届くかもしれません。異例の大躍進はどこまで続くか!

 

※訂正 先週チャートから外れた曲の多く(“Love Lies”、“Speechless”、”Beautiful”あたり) は時期の都合上、年間チャート入り厳しい?としましたが、どの曲も期間内のピークが高めなので、年間に入る可能性がある程度はありそうです。

 

 

☆27 Juice WRLD – Robbery

 Juice WRLDの“Robbery”が27位に登場。ストリーミングで大きくポイントを稼ぎ、高順位で登場しました。

 Apple MusicとSpotifyの両方でトップ10入り。YouTubeでも14位にランクインしています。一方、ダウンロードは50位の圏外です。ラジオでもほとんどかかっていません。

 Juice WRLDは複数シングルが既にHot 100入りを果たしていますが、その中でラジオでかかっていたのは“Lucid Dreams”とFutureとコラボした”Fine China”の2曲程度です。

 ほかの曲はあまりラジオのポイントの恩恵を受けられず、ストリーミング中心にチャート入りを成し遂げています。しかしそれでもチャートで粘りを見せる傾向があります。今週71位の“Armed And Dangerous”はチャート滞在15週目を迎えています。

 

 

△14 YNW Melly – Murder On My Mind

 YNW Mellyの“Murder On My Mind”が59位→14位と急浮上。ストリーミングを大きく伸ばしました。Apple MusicとYouTubeでは首位に立ち、Spotifyでもトップ10入りを果たしています。

 ここまでストリーミングが伸びたのは彼にかかった「容疑」が理由です。彼にかかった容疑は殺人です。彼の友人であるYNW Juvy、YNW Sakchaserが銃で撃たれ、後に死亡。この件に関して彼が犯人ではないのか?という疑いがかけられたのです。本人はInstagramで友人が亡くなったことに対しての悲しみを述べ、容疑を否認しています。

 

 

 真偽はまだ明らかになっていませんが、曲名とこのニュースの内容とクロスオーバーする“Murder On My Mind”への注目が急上昇。ストリーミングが一気に伸びました。

 YNW Mellyの他楽曲にも注目が集まり、Kanye Westのコラボ曲“Mixed Personalities”も今週93位→60位と順位を伸ばしています。

 犯罪容疑がかかっている状態でこの曲を取り扱うのはリスキーと判断したのか、Apple MusicのプレイリストThe A List:Hip-Hop、そしてSpotifyのプレイリストRapCaviarは両方とも“Murder On My Mind”を現在はプレイリストに入れていません。その曲の代わりに両方のプレイリストが”Mixed Personalities”を入れています。

 

 ほか好調なのはBluefaceの“Thotiana”。各所で話題沸騰のこの曲はストリーミングで調子を上げており、最近はラジオのポイントも増えてきています。Cardi BとYGのリミックスがチャートに大きく反映される来週のHot 100ではトップ10にも手が届きそうです。

 また、来週のチャートではオスカー効果で“Shallow”もトップ10に復帰しそうです。

 

▽12 benny blanco, Halsey & Khalid – Eastside

 ストリーミングでのピークは過ぎていますが、現在ラジオでは伸び盛り。“Eastside”は今週Hot 100で10位→12位と順位を落としましたが、ポイントを伸ばしています。(順位の下に書いてある”◎“はポイントが伸びていることを指しています)

 今週31週目にしてポップ系ラジオで再生数が1位に。31週目でポップ系ラジオの首位に立つのは歴代で「最遅」です。今までの最遅記録が26週だったので、この曲がいかにじわじわヒットしているかが分かります。

 購入が1回だったDL時代と比べると、再生が複数回できてその分収益も増えるストリーミング時代では、「いかにロングヒットさせるか」重要度が上がっていると言えます。そのため、ポップ曲もだんだんハマっていく「スルメ」さが重要で、今回の「最遅の1位」はそのような傾向が表れたものかもしれません。

 

 

※ポップ系ラジオで1位になったタイミングが遅い曲

31週 benny blanco, Halsey & Khalid – Eastside (2019)

26週 Alessia Cara – Here (2016)

25週 CeeLo Green – Forget You (2011)

25週 Demi Lovato – Give Your Heart a Break (2012)

24週 Alessia Cara – Scars to Your Beautiful (2017)

24週 Khalid & Normani – Love Lies (2018)

 

 またHalseyは“Without Me”→”Eastside”と自身の曲が2連続でポップ系ラジオの1位に。自身の曲同士でポップ系ラジオの首位が入れ替わるのは史上4例目です。

1995 Mariah Carey Fantasy → One Sweet Day

2004 Outkast Hey Ya! → The Way You Move

2014 Iggy Azalea Fancy → Problem

2019 Halsey Without Me → Eastside

参考記録 2011 My Stereo Hearts(Gym Class Heroes feat. Adam Levine)→ Moves Like Jagger

 

 

 ほか今週は他のラジオ系統でもロングヒットに関する記録が。今週lovelythebandの“Broken”がオルタナティブロック系ラジオチャートで66週目を迎え、最長滞在記録を更新しました。このチャートでは21週目以降16位以下に落ちると外れます。(つまり遅咲き曲だと長期滞在になりやすい)

 

オルタナティブロック系ラジオチャートでの滞在が長い曲

66週 lovelythaband – Broken

65週 Rise Against – Savior

64週 Cold War Kids – First

58週 Arctic Monkeys – Do I Wanna Know (彼ら唯一のHot 100エントリー)

57週 Phoenix – 1901

56週 The Revivalists – Wish I Knew You

55週 Foster The People – Sit Next to Me

53週 Portugal. The Man – Feel It Still

53週 Muse – Uprising

 

☆5 Cardi B & Bruno Mars – Please Me

 Cardi BとBruno Marsがタッグを組んだ“Please Me”が5位に登場!昨年のコラボ”Finesse”はBruno Marsがメインの曲でしたが、こちらはCardi Bがメインという扱いのようです。(Cardi Bが先に表記されている)

 ただプロデュースがBruno Mars当人と、"24K Magic"で何曲かを担当したThe Stereotypesなので、「Bruno Mars成分」が強めです。

 DL(今週1位)とストリーミングの両方で快調なスタートを切っているほか、この曲はラジオの伸びが凄まじいです。ラジオは一般的に伸びきるまでに時間がかかるのですが、この曲は既にラジオ22位まで到達。これはCardi B・Bruno Mars両者の曲が近年ポップ、HAC、リズミック、R&B/Hip-Hopなど幅広い系統で受け入れられているからこその現象だと思います。

 このラジオを筆頭とした好調によって今後しばらく上位に入り続けそうです。

 

×× Zara Larsson – Ruin My Life

 Zara Larssonの“Ruin My Life”が今週チャートから外れました。ピークは76位、チャート滞在は7週でした。

 “Never Forget You”は唯一ピーク13位滞在23週とヒットしましたが、それ以外のシングルは以前もこの程度の成績でした。

 主にヨーロッパ圏での人気が高く、Spoitfyで注目を集めるタイプのポップス曲はHot 100入りすら叶わないケースも多い(Jonas Blue、Rita Oraが代表格)ので、Hot 100に入れた以上、悪くはない成績だったと思います。

 

×× Lil Wayne (feat. Swizz Beatz) – Uproar

 Lil Wayneの“Uproar”が今週チャートから外れました。ピークは7位、チャート滞在は20週でした。

 この曲は大きな注目を集めたアルバム“The Carter V”からのシングルカット。このアルバムでは”Mona Lisa”、“Don’t Cry”など他にも人気曲はありましたが、この曲がシングルに選ばれていました。

 シングルカットされラジオでかかったことによって、他のアルバム曲よりも長持ちに。登場時は2位だった“Mona Lisa”はわずか8週でチャートから姿を消してしまいましたが、この曲は20週滞在しました。(いわゆる「完走」です)

 しかしラジオ再生数が伸びてきたタイミングでもHot 100での順位は30位~40位程度で、登場時のピークには及ばず。ストリーミングで人気のタイプの曲は、ラジオによるプロモーションが行き届いたタイミングよりも、曲のリリース時、またはアルバムのリリース時のほうがHot 100での順位が高い傾向にあります。

 

 

今週チャートから外れた曲 (9曲)

【左の数字は先週の順位、右(ピーク順位🗻/チャート滞在週数⏰)】

98 Kacey Musgraves – Rainbow (🗻98位 /⏰1週)

97 Rich The Kid – Splashin (🗻90位 /⏰4週)

96 Tory Lanez & Rich The Kid – TAlk tO Me (🗻43位 /⏰16週)

87 Carrie Underwood – Love Wins (🗻83位 /⏰7週)

86 Zara Larsson – Ruin My Life (🗻76位 /⏰7週)

80 Anuel AA & Karol G – Secreto (🗻68位 /⏰3週)

77 Jacquees – You (🗻58位 /⏰12週)

76 Dierks Bentley feat. Brothers Osborne – Burning Man (🗻45位 /⏰17週)

73 Lil Wayne (feat. Swizz Beatz) - Uproar  (🗻7位 /20週)

 

 

・アルバムチャート(Billboard 200)に新登場した作品

4 Florida Georgia Line – Can’t Say I Ain’t Country

5 Drake – So Far Gone

13 Avril Lavigne – Head Above Water

28 Tedeschi Trucks Band – Signs

44 Insane Clown Posse – Fearless Fred Fury

89 Elvis Presley – Elvis: The ’68 Comeback Special: The Best Of (Soundtrack)

90 Quinn XCII – From Michigan With Love

124 Ryan Bingham – American Love Song

149 Natti Natasha – ilumiNATTI

152 India.Arie – Worthy

 

ONE OK ROCKは惜しくも200位圏外に。セールスでは49位、ダウンロードでは25位だったものの、ストリーミングなどの指数が足りずに圏外になりました。

前作はセールス35位、ダウンロード19位でアルバムチャートの106位に入っていました。

 

その他

 

・今週ラジオで伸びた曲

☆Cardi B & Bruno Mars – Please Me

・Ariana Grande – 7 rings

・Ariana Grande – break up with your girlfriend, i’m bored

・Sam Smith & Normani – Dancing With A Stranger

・Blueface – Thotiana

 

 

・来週以降Hot 100に入るかもしれない?曲

 

・Lauv & Troye Sivan – i’m so tired...

 Spotifyでかなり好調な順位をキープ。他の媒体ではあまり注目を集めていませんが、そのうちHot 100に再登場するかも

 

・Offset feat. Travis Scott & 21 Savage – Legacy

・Gunna – Wit It

・Lil Pump feat. Lil Wayne – Be Like Me

・Kehlani – Feels

 この4人のアルバムがストリーミングで高い成績を記録。それに伴い、これらのアルバムから何曲かがHot 100に登場するかも。

 

 

ビルボードによる今週のHot 100 / アルバムチャート解説(記事を書くうえで参考にしています)