チャートのチャート研究ラボ

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

Billboard Hot 100 12/5 【Justin Bieber、17曲】

f:id:djk2:20151214155901p:plain

昨年の途中までVineにカバーを投稿している少年に過ぎなかったShawn Mendesですが、デビューからアメリカでのアルバム1位、Fifth Harmonyのメンバーとの交際など順調なキャリア。その彼女とのコラボ曲が97位で登場

 

f:id:djk2:20151214160019p:plain

The Weekndの次のシングルと決まっている模様のIn The Nightが86位で再登場。Can't Feel My FaceとThe Hillsで2連続1位を獲得していますが、このシングルは果たして。

 

f:id:djk2:20151214160037p:plain

One Directionの新アルバムから5曲が今週Hot 100に登場。アルバムチャートではJustinに敗れた彼らですが、Fourの時はアルバム登場時に2曲しかHot 100に登場しなかったので以前の自分たちには勝ちました。

 

f:id:djk2:20151214160113p:plain

急降下しているMacklemore & Ryan LewisのDowntown。今週57位で13週目。20週チャートで粘れるかも微妙です。

 

f:id:djk2:20151214160134p:plain

このWhere Are Ü Now?もアルバムに収録されているため、アルバムリリースの影響を受けて15個順位を上げて34位。Justin Bieberに対する印象を変えた曲として非常に重要な意味があったといえるでしょう。

※Rolling Stone誌の年間ベスト10位、Spin年のベスト14位など高い評価を受けています。しかしそれ以上にWhat Do You Meanの評価が高かったりもします。

 

f:id:djk2:20151214161118p:plain

Justin Bieberのアルバムから今週17曲Hot 100に登場した中で、他人とのコラボ曲の中では一番高い順位のThe Feeling。客演しているのは今年アルバムチャートで初登場2位を記録したHalsey。

 

f:id:djk2:20151214161152p:plain

大幅に順位を上げ、グラミー期に巻き返して2016年も年間チャートに入るぞ!と言いたいところですが、53週目以降の曲は今週から26位以下に落ちるとチャートから消えてしまうのでそれは厳しいか。54週目24位のUptown Funk!

 

f:id:djk2:20151214161215p:plain

ダウンロードのポイントが今週フルで入った結果、大幅に順位を上げたMissy ElliottとファレルのWTF。この曲で復活なるか。彼女最大のヒットは、10週2位を記録したWork It。

 

f:id:djk2:20151214161240p:plain

今週トップ10入りを果たしたAlessia CaraのHere。今年のべ10人目のカナダ人によるトップ10。2015年間チャートに入れるかは微妙なところ。2年前のPassengerのLet Her Goとチャートアクションが似てます

※結局94位で入りましたね。(Let Her Goは一年目は97位)

 

f:id:djk2:20151214161324p:plain

アルバムPurposeから新登場の曲の中で一番高い順位だったのはLove Yourself。4位で新登場。この曲はEd Sheeranがライターとして参加していますが、彼は以前はOne Directionのライターを担当。

 

f:id:djk2:20151214161355p:plain

Jess GlynneのHold My Handが2回目のチャートからの陥落。アメリカでのブレイクは厳しそうか。

 

f:id:djk2:20151214161420p:plain

新リカレント・ルール(53週目以降の曲が26位以下に落ちるとチャートから消える)というものが適用され、チャートから姿をけしたWALK THE MOONのShut Up And Dance。