djk2

チャート・マニア・ラボ

音楽チャート・ポップス研究者(自称) ポップス音楽と食べることが好きなオタク

Hot 100 3/9 見どころ 【Lady Gaga、オスカー効果で8年ぶりのHot 100首位!】

 

f:id:djk2:20190307225252p:plain

 こんばんは!今週最大のトピックは”Shallow"の首位浮上!オスカー(Academy Awards)でBest Original Songsを受賞したこの曲はDLが急浮上し、Hot 100で首位となりました!

 

◇今週のHot 100 ハイライト◇

・“Shallow”がオスカーの効果で首位浮上!DLの大きな増加に加え、ストリーミングやラジオも浮上。Lady Gagaは2011年の”Born This Way”以来4曲目のHot 100首位、Bradley Cooperは初。

・オスカーのBest Original Songを受賞した曲がHot 100で首位になるのは“Lose Yourself”以来

・Bluefaceの“Thotiana”が9位に浮上。Cardi BやYGのリミックスも

・Offsetがアルバムから5曲、Gunnaがアルバムから6曲が入る

 

・今週のトップ10

      3月9日   R D S
1 Lady Gaga & Bradley Cooper Shallow 27 1 9
2 Ariana Grande 7 rings 4 5 1
  3 Halsey Without Me 1 7 7
  4 Post Malone & Swae Lee Sunflower 8 4 5
5 J. Cole MIDDLE CHILD 48 19 2
-   6 Marshmello & Bastille Happier 5 18 15
  7 Ariana Grande thank u, next 6 47 12
8 Post Malone Wow. 9 12 10
9 Blueface Thotiana - 13 4
10 Travis Scott SICKO MODE 11 29 8

 R=Radio、D=Download、S=Streaming

 は先週と比べて曲のポイントが伸びていることを指す

 

1~100位までの順位表は↓

 

曲の個別解説

 

☆100 Ski Mask The Slump God – Faucet Failure

 Ski Mask The Slump Godの“Faucet Failure”が100位に登場。アルバムリリース時から長いことBubbling Under(101-125位のチャート)に入っていましたが、ビデオ公開によってついにHot 100デビューを果たしました。

 この曲はApple Musicのプレイリスト(The A-List:Hip-Hop)や、Spotifyのプレイリスト(RapCaviar)に入っておらず、またラジオでもかかっていないにも関わらずアルバムリリース以降シングルのような立場を確保しています。YouTubeSpotifyApple Musicの順番で人気。

 ちなみにこのビデオを上げたのはJuice WRLDなども担当するLyrical Lemonadeというチャンネルです。後述のBluefaceの”Thotiana"のビデオもこのチャンネルでビデオを上げています。

(Lyrical Lemonadeについての参考記事:アメリカにLyrical Lemonade帝国を築く、若き野心家 Cole Bennett | HIP HOP DNA

 

☆95 Kane Brown – Good As You

 Kane Brownの“Good As You”が95位に登場。アルバム1位を獲得した彼のセカンド、”Experiment”から2曲目のシングル。

 カントリー系ラジオでの再生数を伸ばしたことにより、Hot 100に入りました。

 

☆94 John Mayer – I Guess I Just Feel Like

 John Mayerの新曲が94位に登場。2016年末にランクインした“Love on the Weekend”以来のHot 100入りです。(通算20曲目)

 DLが今週8位で、主にそこからポイントを得ています。ほかSpotifyでも今週93位に入っています。

 

☆87 Summer Walker & Drake – Girls Need Love

 気鋭のR&Bシンガー、Summer Walkerの“Girls Need Love”が87位にランクイン。これまで何週かBubbling Underに入り、ヒットの兆しを見せていたこの曲ですが、Drakeリミックスのアシストを受けたことでHot 100に入りました。

 このリミックスのリリースは水曜日で、今週のチャートでは約1.5日分しか集計に入っていないです。7日分フルに集計される来週は順位がもっと伸びそうです。

 

☆72 Lil Pump feat. Lil Wayne – Be Like Me

 Lil Pumpがセカンドアルバム“Harverd Dropout”をリリース。そこからのシングル”Be Like Me”が72位に登場。主にビデオが人気です。(今週YouTubeで19位)

 この作品はアルバムチャートでは7位。総合セールス4.8万枚のうち、セールスで2.5万、残りを主にストリーミングで稼いでいます。セールスの数字の多くはグッズのおまけとして付いてくる音源から計上されているようです。

 

☆70 Gunna – Outstanding

 今週はストリーミングで人気の新作が多かったです。Gunnaの初の「スタジオアルバム」“Drip Or Drown 2”はアルバムチャート3位に食い込みました。総合セールス9.0万枚のうち、純セールスは0.7万枚のみで残りをほとんどストリーミングから得ています。

 そのストリーミングの人気によって6曲がHot 100に登場。70位の“Outstanding”が最高位と順位は低め。Apple Musicでは人気でしたが、Spotifyではそこまで人気でなかったことが理由でしょうか。

 昨年のGunnaのミックステープ“Drip Season 3”はストリーミングなどでロングヒットとなっており、アルバムチャートでのピークは55位と高くないものの、今週チャート滞在1周年を迎えています。

 

△67 Kehlani feat. Ty Dolla $ign – Nights Like This

 今週ストリーミングで人気の新作その3。Kehlaniのミックステープ“While We Wait”がアルバムチャート9位にランクインしました。総合セールス3.4万のうち、純セールスは0.6万枚で、残りの多くをストリーミングから得ていると思われます。曲数が少なめ(9曲)と考えるとなかなかの再生数を記録していると思います。

 Kehlaniの過去作は、2015年のミックステープ“You Should Be Here”が36位、2017年のスタジオアルバム”SweetSexySavage”は3位でした。

 そのストリーミングの効果で先行シングル“Nights Like This”が浮上。ピークを更新しています。他の曲はHot 100に登場しませんでした。

 

☆54 P!nk – Walk Me Home

 P!nkの“Walk Me Home”が54位に登場。この曲は4月リリース予定のアルバム”Hurts 2B Human”からの先行シングルと考えられています。

 この曲はDL(今週2位)から多くのポイントを得ていますが、ストリーミングの数値は低いです。ラジオではアダルトポップ系で高い人気を誇っています。(P!nkはここ最近この系統で人気)

 

☆49 Offset feat. Travis Scott & 21 Savage – Legacy

 ストリーミングで人気のアルバムその4。MigosのOffsetのソロ作品がアルバムチャートで4位に入りました。総合セールスは8.9万枚でわずかにGunnaにおよばず。8.9万枚のうち純セールスは0.7万枚のみで、内訳がGunnaと似ています。

 そのアルバムの収録曲のうち5曲がHot 100に登場。最高位は49位の“Legacy”。Travis Scott + 21 Savageが客演として参加しています。ほか先行曲の”Red Room”が50位に、Cardi Bとの「夫婦共演」“Clout”が64位にランクインしています。

 Gunnaよりも若干Spotifyでの順位が高めです(特に“Legacy”と”Red Room”)。OffsetはSpotifyのプレイリスト”RapCaviar”でこの週プレイリストのサムネになっていました。

 

 メンバー全員のソロアルバムが出たことを記念してか、ビルボードは今までのMigosのチャート成績を振り返る記事を出しています。うちメンバーのソロアルバムの成績を抜き出すと……

Quavo – Quavo Huncho 9.9万枚(相当) →アルバムチャート2位 

Offset – FATHER OF 4 8.9万枚(相当) →同4位

Takeoff – The Last Rocket 4.9万枚(相当) →同4位

 

 そしてこの記事には載っていませんが、それぞれのソロ名義でのHot 100エントリー数は……

Quavo 21曲

Offset 18曲

Takeoff 3曲

 

▽11 Panic! At the Disco – High Hopes

 躍進を果たしていたPanic! At the Discoの“High Hopes”。しかし今週11位とトップ10から陥落してしまいました。それと同時に先週まで1位だったラジオ再生数も今週2位になり、ヒットがある程度落ち着いた印象があります。(代わってラジオ1位になったのはHalseyの”Without Me”)

 この曲は先週まで14週と長いことラジオ再生数1位をキープしており、これは歴代で5番目タイに長い数字です。

 

18週:Goo Goo Dolls – Iris

16週:No Doubt – Don’t Speak

16週:Mariah Carey – We Belong Together

16週:Maroon 5 feat. Cardi B – Girls Like You

14週:Celine Dion – Because You Loved Me

14週:Alicia Keys – No One

14週:Panic! At the Disco – High Hopes

(~13週は Hot 100 Airplay (Radio Songs) - Wikipedia に記載されている)

 

 しかしルールで弾かれた曲(“Iris”と”Don’t Speak”、そしてNatalie Imbrugliaの“Torn”)を除くと、10週以上ラジオ1位になった曲の中で“High Hopes”のピーク4位は最低位です。(ほとんどがHot 100首位に立っている。ただし”Donna Lewisの”I Love You Always Forever"のみは2位止まり)

 ラジオヒットが必ずしもHot 100での高順位に繋がらない昨今の状況を表している印象です。(逆に時代が少し違えば”High Hopes”は複数週にわたりHot 100首位を獲得するような特大ヒットだったということです)

 

※ルールで弾かれた曲とは:1990年代後半、一部のアーティストはシングルではなくアルバムのヒットを狙い、シングルをラジオでかけるものの「シングル」という媒体で販売しないことが増加。ビルボードはこれに対して「シングル」という媒体で販売しない曲をHot 100から除外。そしてラジオヒットとHot 100の乖離が課題に。このルールは1998年末に解消。ラジオのみでかかる曲もHot 100に入るようになった。

 “Iris”や”Don’t Speak”はこのルールで犠牲になった曲の代表例として取り上げられています。“Iris”のピークは8位、”Don’t Speak”は圏外!

 

△9 Blueface – Thotiana

 Bluefaceの“Thotiana”が9位に到達。キャリア初のHot 100入りでトップ10まで到達しました。この曲はCardi Bバージョン、YGバージョン、両方バージョンなど様々なバージョンがありますが、最も人気なのはオリジナルと判定されHot 100では客演などの表記はありません。チャートではこれらのバージョンの成績が合算で計上されています。

 ビデオが公開されたのはCardi Bバージョンで、YouTube上ではこのバージョンが一番人気なようです。またこの曲(複数バージョンの合算)はYouTubeで今週再生数1位になっています。

 この曲はNicki Minajのアレンジ“Bust Down Barbiana”やYoung M.A.のアレンジもありますが、これは別の曲として扱われているようです。

 この曲は主にストリーミングからポイントを得ていますが、ラジオでも一定の人気があります。Hip-Hop / R&B系ラジオ・リズミック系の両方で今週20位以内に入っています。

 Bluefaceは雑誌FADERの春号で表紙を飾っています(彼はわりとビジュアル方面でも人気な印象) ※もう一つの表紙はBillie Eilish

 

 

☆その他のトップ10情報

・J. Cole – MIDDLE CHILD ビデオ公開により11位→5位と浮上

Travis Scott – SICKO MODE 今週10位。トップ10滞在30週目(歴代6番目タイ)

 

△1 Lady Gaga & Bradley Cooper – Shallow

 オスカー効果でLady GagaとBradley Cooperの“Shallow”が首位浮上!DLがかなりの伸びを見せたほか(今年最高の11.5万DL)、ストリーミングとラジオもピークを更新しています。この首位浮上はどのような数字なのか?を見ていきます。

 

Lady Gagaにとって“Born This Way”以来8年ぶり、4曲目のHot 100首位

 Lady Gaga久々のHot 100首位。歴代のHot 100首位は以下の通りです。

 

Just Dance (feat. Colby O’Donis):4週 (2009年)

・Poker Face:1週 (2009年)

・Born This Way:6週 (2011年)

・Shallow(+Bradley Cooper):1週 (2019年)

 

 1位滞在が最も長いのは“Born This Way”ですが、この曲は順位を落とすのが急速だったため、トータルのヒット度では”Just Dance”が1番高いようです。(↓ビルボードが「トータルでのヒット度」順に並べたLady Gagaのヒット曲リストです)

 

 思ったよりも首位曲が少ない印象があります。特に“Bad Romance”が首位を獲っていないのは意外です。この曲はロングヒットだったので、トータルで見ると”Born This Way”よりもヒット度は上だったようです。

 

・オスカーのBest Original SongsがHot 100で首位になるのは“Lose Yourself”以来

 この賞の受賞をした曲でも、音楽的ヒットはあまり狙っていない場合も多く、Hot 100にエントリーすらしない曲もあります。つまりこの曲の受賞=必ずヒットになるという訳ではないです。

 21世紀にこの賞を受賞した曲でHot 100のトップ10入りしたのはEminemの“Lose Yourself”と”Shallow”のほか、Adeleの“Skyfall”(8位)、Idina Menzelの”Let It Go”(5位)です。

 “Lose Yourself”は2002年のリリースながらも最近でもストリーミング人気の高い曲で、2018年にも何回かSpotifyのグローバルランキング入りを果たしています。そんな映画+音楽と多角的に評価されてレジェンドと化した”Lose Yourself”と同様に、この“Shallow”も長く愛される曲になっていくでしょうか。

  

 “Shallow”以外にも“Always Remember Us This Way”は47位、”I’ll Never Love Again”は62位に再登場しています。

 またアルバムチャートではこれらが収録されている”A Star Is Born”のサウンドトラックが首位に返り咲き。またLady Gagaのファーストアルバム“The Fame”が142位に再登場しています。

 

 この曲でBradley Cooperは初のHot 100首位を獲得。Hot 100を初めて獲得したアーティストが出るたびにNicki Minajが話題になりがちです。(まだ首位を獲得していないため)

 

×× Gesaffelstein & The Weeknd – Lost in the Fire

 GesaffelsteinとThe Weekndの“Lost in the Fire“が今週チャートから外れました。ピークは27位、滞在はわずか6週でした。

 リリース時はストリーミングで好成績を記録。その後ストリーミングの数字を落としたものの、ラジオが大きく伸びたため一時期Hot 100中位をキープしていました。しかしここ数週でそのラジオも急落したため、早々にHot 100を後にしました。

 この曲が注目を集めたのはThe Weekndがいたからと推測されますが、(GesaffelsteinのHot 100エントリー3つは全てThe Weekndとのコラボ)この曲の不発はThe Weekndのプレゼンス低下による可能性もあると考えられます。果たして今後巻き返せるか……?

 ちなみにGesaffelsteinは今週アルバムをリリースする模様。ゲストにはPharrellやHAIMが参加しています。

 

 今週はほかにもTravis Scottのアルバムからのシングルの”YOSEMITE"や、大所帯シングルの”Arms Around You"、そしてBillie Eilishの”when the party's over"や”lovely"がチャートから外れています。

 Ariana Grandeのアルバム曲は今週4曲が外れ、今週Hot 100には残ったのは(収録)12曲中8曲です。

 ほかZeddとKaty Perryの"365"は1週間でチャートを外れました。これに関してビルボードは「Katy Perry、沈黙のチャート帰還」と評しています。

 

今週チャートから外れた曲 (19曲)

【左の数字は先週の順位、右(ピーク順位🗻/チャート滞在週数⏰)】

100 Michael Ray – One That Got Away (🗻100位 /⏰1週)

99 A Boogie Wit da Hoodie feat. Offset & Tyga – Startender (🗻59位 /⏰9週)

98 XXXTENTACION & Lil Pump feat. Maluma & Swae Lee – Arms Around You (🗻28位 /⏰17週)

97 Dustin Lynch – Good Girl (🗻44位 /⏰15週)

95 Ariana Grande – make up (🗻48位 /⏰2週)

94 Alec Benjamin feat. Alessia Cara – Let Me Down Slowly (🗻79位 /⏰5週)

93 Cody Johnson – On My Way To You (🗻91位 /⏰4週)

91 Riley Green – There Was This Girl (🗻91位 /⏰1週)

89 Travis Scott (feat. Gunna & NAV)– YOSEMITE (🗻89位 /⏰18週)

88 Billie Eilish – when the party’s over (🗻52位 /⏰18週)

86 Zedd & Katy Perry – 365 (🗻86位 /⏰1週)

82 Loud Luxury feat. Brando – Body (🗻80位 /⏰8週)

79 Billie Eilish & Khalid – lovely (🗻64位 /⏰17週)

76 Lil Baby – Pure Cocaine (🗻46位 /⏰11週)

74 Ariana Grande – in my head (🗻38位 /⏰2週)

69 Thomas Rhett – Sixteen (🗻42位 /⏰15週)

62 Ariana Grande – ghostin (🗻25位 /⏰2週)

61 Gesaffelstein & The Weeknd – Lost in the Fire (🗻27位 /⏰6週)

57 Ariana Grande – fake smile (🗻26位 /⏰2週)

 

 

・アルバムチャート(Billboard 200)に新登場した作品

3 Gunna – Drip Or Drown 2

4 Offset – FATHER OF 4

6 Gary Clark Jr. – This Land 🎫

7 Lil Pump – Harverd Dropout 👕

9 Kehlani – While We Wait

24 Dream Theater – Distance Over Time

88 Claypool Lennon Delirium – South Of Reality

133 Eric Bellinger – The Rebirth Ⅱ

140 Badflower – OK, I’M SICK

158 Overkill – The Wings Of War

 

アルバムチャート長期滞在

1周年 :Gunna – Drip Season 3 (今週156位)

100週目:George Strait – 50 Number Ones (今週123位)

200週目:Zac Brown Band – Greatest Hits So Far... (今週164位)

 

その他

 

・今週ラジオで伸びた曲

☆Ariana Grande – 7 rings

(ここのソースになっているKworbというサイトのラジオ項目がダウン中です💦 頑張れー!Kworb!)

 

・来週以降Hot 100に入るかもしれない?曲

 

・Jonas Brothers – Sucker

 バンドの復帰シングルが絶好調。リリース時にはiTunesSpotifyApple Musicの全てで1位に立っていたので、来週のHot 100で首位に立つ可能性もあります。

 

・2 Chainz feat. Travis Scott – Whip

・Lil Skies – i

 来週収録曲が複数Hot 100に入るかもしれないアルバム候補です。

 

 

ビルボードによる今週のHot 100 / アルバムチャート解説(記事を書くうえで参考にしています)