チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

Billboard Hot100 2015 8/22

f:id:djk2:20150815231246p:plain

Sage the GeminiとNick Jonasが組んだGood Thingがギリギリの100位。こう見えて、この二人同い年(1992年)なんです。他の1992年生まれの歌手に、Sam Smith、Charli XCXなどがいます

 

f:id:djk2:20150815231345p:plain

カナダ人の1996年生まれのシンガーソングライター、Alessia CaraのHereが95位で新登場。母国カナダのチャートでは現在28位。この曲はローリングストーン誌の2015年前期ベストソングの14位に選ばれています。

 

f:id:djk2:20150815231412p:plain

8月末にリリースされる予定のThe GameのアルバムThe Documentary 2からの、Drakeをフューチャリングしたシングル、100が90位で登場。

 

f:id:djk2:20150815231437p:plain

ZeddのBeautiful Nowが74位に上昇。先週までZedd絡みの曲(本人の曲かソングライトリストに名を連ねた曲)のHot100に登場した曲の中でピークが一番低い曲でしたが、ガガのG.U.Y.(ピーク76位)を今週抜きました。

 

f:id:djk2:20150815231504p:plain

明日発表のUK ChartでCharlie PuthのMarvin Gayeと首位争いをしているCalvin HarrisのHow Deep Is Your Loveですが、アメリカでも上位に行けるでしょうか。現在69位。

※結局今週のUK1位はCharlie Puthでした。

 

f:id:djk2:20150815231558p:plain

 先週の107位相当からHot100圏内の64位にジャンプアップしたDisclosureとSam SmithのOmen。Latch(ピーク7位)みたいなヒットを期待ですね。ただUK Chartでは意外と不調なようですが 

※OmenはUK Chartで現在13位でピークも13位。それに対してLatchはピーク11位でした。

 

f:id:djk2:20150815231826p:plain

今週のアルバムチャートBillboard 200で首位のDescendantsという映画のサントラからのシングル、Rotten To The Coreが38位で新登場。

 

f:id:djk2:20150815231850p:plain

Maroon5の新曲、This Summe's Gonna Hurt Like…は不調のままに終わりそうですが、ボーカルのアダムがフューチャリングされたこのLocked Awayは35位に上昇と調子が良い模様。

 

f:id:djk2:20150815231918p:plain

現在Meek Millとビーフ(分かりやすく言えば言い争い)中のDrakeが、そのMeek Millに向けた曲を数曲リリースしましたが、そのうち3曲が21位、66位、78位で新登場。これでDrakeの曲が6曲Hot100に今週います

※さらにその影響でMeek Millのチャートに影響が出たようですね。

 

f:id:djk2:20150815232032p:plain

順位は1位下降も、ポイントは上昇しているDemi LovatoのCool For The Summer。個人的に期待している曲なのですが、夏にピークを持ってくるためにはもう少し前にリリースしたほうが良かったかもしれませんね。

例えばCalvin HarrisのSummerは3月にリリースされて、6月-8月の間にトップ10期間を迎えていました。

 

f:id:djk2:20150815232128p:plain

ついにトップ10から陥落したWalk the MoonのShut Up And Dance。4月にトップ10に入り、17週間滞在しました。ラジオでのポイントが大きかったです。

 

f:id:djk2:20150815232154p:plain

2週連続で、ラジオでのポイント上昇幅最大となり、5位まで浮上したLean On。まだまだポイントが伸びそうな気配を見せており、ロングヒットの可能性を感じます。

 

f:id:djk2:20150815232212p:plain

One Directionのゼイン脱退後の初のシングルDrag Me Downが3位で登場。彼らは今まで3曲がいきなりトップ10圏内で新登場していますが、そのうちの全てが次週はトップ10圏外に落ちています。この曲は果たして…

※Live While We're Young 3位デビュー→次週21位

 Best Song Ever 2位デビュー→次週15位

 Story Of My Life 6位デビュー→次週11位 です。

 

f:id:djk2:20150815232549p:plain

ついにCan't Feel My Faceが首位。これで2012年から2015年の4年連続でカナダ人の曲がHot100で首位に立つことに。The Weekndはちなみに昨年のカナダ版グラミーの(ようなもの)のベストカナダ人アクトです。

※Junoアウォーズです。昨年よりむしろ今年にあげたい気が…笑

ちなみにその対象になる2012年~2015年にHot100首位を獲ったカナダ人の中で、The Weekndはトップ10シングルの数が最多です。

2012 Carly Rae Jepsen - Call Me Maybe(1)  Good Time(8)

2013 Robin Thicke - Blurred Lines (1)

2014 Magic! - Rude (1)

2015 The Weeknd - Can't Feel My Face (1)  Earned It (3)  Love Me Harder (7) The Hills (10)

()内の数字はピーク順位です。

 

f:id:djk2:20150815233105p:plain

50週という驚異的なロングヒットとなったShake It Off。そのおかげで2015年の年間順位が2014年の13位より上になる可能性も!また、歴代ランキングで100位圏内に入っている可能性もわずかながらあります。

 

f:id:djk2:20150815233131p:plain

  SiaのElastic Heartがチャートから姿を消しました。ビデオ効果で17位でデビューした後は、そこそこな順位をさまよっていましたが、チャート滞在期間が長いので、年間でトップ50に入れるか入る可能性も。 

※Love Me Harder、UsherのI Don't Mind、Stay With Meあたりと近い年間順位になると予想されています。