チャート・マニア・ラボ (CML)

音楽チャート・ポップス等の動向・文化について頑張って研究しています!議論のネタになるような変わった視点からの記事を目指しています。

トップページ

ようこそ!音楽チャートの世界へ!

f:id:djk2:20170409233042p:plain

 

みなさん。こんにちは。知っている方も初めての方も、こんにちは!

はじめましてチャートと申します!

(ちなみにアンダーバー_は5個)

 

音楽チャート、またポップ音楽について考察していきたい、自称チャート研究者によるブログです。

 

音楽チャート、ポップ音楽のなるべくディープな世界について書いていきたいです。

 

未来のチャート少年がニヤっとできる記事と、新たな音楽の楽しみを提案するような記事、議論のタネになるような記事を作ることを目指しています!!

 

 

 

 ★当ブログのおすすめ記事です


 

 

 最近のお気に入り

djk2.hatenablog.com

 

12/8 リリース新曲/新作の初動を観察 【Big Sean + Metro Boominのジョイント作 / 各所でTravis Scottが活躍】

f:id:djk2:20171209224241p:plain

 

Big Sean + Metro Boominが大きく注目されています!

そのジョイント作、Migosなどが所属するレーベルQuality Controlのアルバム(ミクステ?)、そしてTrippie Reddの客演など、Travis Scottも多くの場所で活躍しています。写真は左からBig Sean、2 Chainz、Travis Scott、Quavo、Offset(と思います)

Travis Scottはその両アルバムに登場、2 ChainzはBig Sean + Metro Boominの2曲目に登場。

 

Spotify デイリーのアメリカトップ10 (金曜日=12/8)

1 Post Malone feat. 21 Savage rockstar
2 Lil Pump Gucci Gang
3 Post Malone I Fall Apart
4 Offset, Metro Boomin Ric Flair Drip
5 Post Malone Candy Paint
6 Mariah Carey  All I Want For Christmas Is You
7 Big Sean & Metro Boomin feat. Travis Scott Go Legend
8 G-Eazy feat. A$AP Rocky & Cardi B No Limit
9 Camila Cabello feat. Young Thug Havana
10 G-Eazy & Halsey Him & I

 

やや変動あり。1-5位はそこまで変化が無いですが、6-10位に変化が多めです。

まずは今週Hot 100に帰ってきたクリスマスの女王がSpotifyでもかなり上位にランクイン。この調子でSpotify1位・またはHot 100でトップ10入りを目指します。

そして先週Spotify12位と高い順位で登場したG-Eazy & HalseyのHim & Iが10位にランクイン。現在Spotify8位のNo Limitと合わせて2曲がSpotifyのトップ10に。アルバムリリースは来週なのですが、この2曲の調子を見る限りストリーミングでの好成績が期待できそうです。同じ週にEminemもアルバムリリースなのですが、どこまで食いつけるでしょうか。

さらに、Big Sean + Metro Boominのジョイント作からTravis ScottとのGo Legendが7位にランクイン!Diana RossのTheme From Mahogany (Do You Know Where You're Going To)のサンプリングから曲が始まり、そしてTravis ScottのバースとMetro Boominのビートがスタート!このスタートで一気に心を奪われます。

またBank Account、Perfect DuetなどはSpotifyトップ10から落ちました。

 

② 新曲/新アルバムからのシングル アメリカSpotifyデイリー順位 (金曜日)

※41 Big Sean & Metro Boomin feat. 21 Savage Pull Up N Wreck
53 Trippie Redd feat. Travis Scott Dark Knight Dummo
54 Big Sean & Metro Boomin feat. 2 Chainz Big Bidness
55 Eminem Untouchable
57 Camila Cabello Real Friends
64 Big Sean & Metro Boomin feat. Kash Doll So Good
66 Camila Cabello Never Be the Same
67 Big Sean & Metro Boomin Who's Stopping Me
77 6ix9ine KOODA
80 Migos & Marshello Danger
88 Big Sean & Metro Boomin (feat. Travis Scott) Savage Time
100 Big Sean & Metro Boomin In Tune
105 Big Sean & Metro Boomin feat. Young Thug (& Gucci Mane) Even The Odds
109 G-Eazy feat. Charlie Puth Sober
125 Big Sean & Metro Boomin feat. Swae Lee Reason
164 Big Sean & Metro Boomin No Hearts, No Love

 

そのBig Sean + Metro Boomin収録全10曲がすべてSpotify 200位圏内に。Big Sean、Metro Boominは両者とも今年にアルバム曲すべてをSpotify 200位圏内入れた実績のある「ストリーミング強者」ということもあり、今回のジョイント作も全曲が見事Spotify 200位圏内に。

Metro Boominは約1ヶ月前(10/31)に21 Savage, Offsetとのジョイント作をリリースしたばかりで、「感覚が短すぎてリスナーは少し食傷気味になるのでは?」という気もしましたが、それは杞憂でした。21 Savage, Offsetとのほうではダークな雰囲気で一貫していましたが、今回のジョイント作では上記のようなサンプリングを使ったり、Who's Stopping Me ラテン風サンプリング?でスタートするなど作風にもやや変化がありました。

ちなみにApple Music(Spotifyよりもヒップホップ / R&Bが強い)ではMetro Boomin作アルバムが2つとも上位に。

 

https://twitter.com/SirScottKing/status/939196492820119552

Big Sean + Metro Boominのジョイント作で2曲に登場(Savage Timeではfeat.表記はされていませんが)したTravis ScottはTrippie Reddの客演としても活躍し好調(Spotify 53位)を支えています。

ほかラッパーのリリースが今週は多く、GUMMOでブレイク中の気鋭6ix9ineの新曲KOODA、映画サントラでMarshmelloとタッグを組んだMigosのDanger、それぞれ来週のアルバムに向けてリリースされたEminemのUntouchable、G-Eazy・Charlie PuthのSoberなど。

また、アルバムCamilaを来年1月にリリースすると発表したCamila CabelloのNever Be the Same、Real Friendsの2曲も登場。次にシングル予定なのはNever Be the Sameみたいですが、Real FriendsのほうがSpotifyで順位が上ですね。Havanaも元はシングル扱いではなかったですが、果たしてこの2曲はどのような扱いに…………?

 

✫今週のクリスマス曲

6 Mariah Carey All I Want for Christmas Is You
33 Brenda Lee Rockin' Around The Christmas Tree
51 Wham! Last Christmas
56 Anita Kerr Singers Jingle Bell Rock
58 Andy Williams It's the Most Wonderful Time of the Year
62 Burl Ives A Holly Jolly Christmas
72 Frank Sinatra Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! 
73 Vince Guaraldi Trio Christmas Time Is Here
75 Bing Crosby White Christmas
87 Nat King Cole The Christmas Song
90 Elvis Presley Blue Christmas
94 Band Aid Do They Know It's Christmas? (1984)
103 Mykola Dmytrovych Leontovych Carol of the Bells
112 Bing Crosby Winter Wonderland
113 Perry Como It's Beginning to Look a Lot Like Christmas
116 Jose Feliciano Feliz Navidad
126 Justin Bieber Mistletoe
127 Michael Buble It's Beginning To Look A Lot Like Christmas
132 Ariana Grande Santa Tell Me
135 Chuck Berry Rund Rudolph Run
136 Burl Ives Rudolph The Red-Nosed Reindeer
140 Paul McCartney Wonderful Christmastime
141 Judy Garland Have Yourself A Merry Little Christmas
150 Eartha Kitt Santa Baby
162 Pentatonix Hallelujah
174 John Lennon Happy Xmas (War Is Over)
180 Dean Martin Silver Bells
188 Gene Autry Here Comes Sant Claus
192 Pentatonix Mary, Did You Know

 

5曲エントリーが増加し、またAll I Want For Christmas Is YouがSpotifyトップ10まで入るなど、時期が近づくにつれさらに勢力を拡大しています。

 

 iTunesアメリカップ10+新曲の順位 (金曜日)

1$ Ed Sheeran Perfect
2 Ed Sheeran & Beyoncé Perfect Duet
3 Camila Cabello feat. Young Thug Havana
4$ Post Malone feat. 21 Savage rockstar
5 Camila Cabello Never Be the Same
6 Imagine Dragons Thunder
7$ Bebe Rexha & Florida Georgia Line Meant to Be
8$ Halsey Bad at Love
9 Eminem Untouchable
10 G-Eazy & Halsey Him & I

 

Him & Iが先週からiTunesトップ10圏内をキープ、またPerfectとPerfect Duetの順位が入れ替わっています。Camila Cabelloの新曲も高めで登場。

 

12ク Mariah Carey All I Want For Christmas Is You
19 Taylor Swift  Rady For It? (BloodPop Remix)
20 Migos & Marshmello Danger
31ク Pentatonix  Hallelujah
34$ Gwen Stefani feat. Blake Shelton You Make It Feel Like Christmas
35 Big Sean & Metro Boomin feat. Travis Scott Go Legend
36 Camila Cabello Real Friends
37 G-Eazy feat. Charlie Puth Sober
43 Mat Kearney Fae To Face
54 Brooke Simpson Amazing Grace (The Voice Performance)
66ク Bobby Helms Jingle Bell Rock
69ク Wham! Last Chirstmas
77ク Trans-Siberian Orchestra Christmas / Sarajevo
79ク Brenda Lee Rockin' Around the Christmas Tree
81ク Faith Hill Where Are You Christmas
86 Quality Control, Quavo & Lil Yachty Ice Tray
95 Quality Control, Offset & Cardi B Um Yea
96 BTS Crystal Snow
98 Addison Agen Lucky (The Voice Performance)
99 Trippie Redd feat. Travis Scott Dark Knight Dummo

iTunesでもクリスマ曲が上がってきています。

 

iTunes アルバム順位 (アメリカ)

1 Luke Bryan What Makes You Country
2 Big Sean & Metro Boomin Double Or Nothing
3 Chris Stapleton From A Room: Volume 2
4 Ed Sheeran ÷ (Deluxe)
5 Taylor Swift Reputation
6 Pentatonix A Pentatonix Chirstmas Deluxe
7 Various Artists The Greatest Snowman
8 Qality Control Control the Streets, Vol.1
9 K.Michelle KIMBERLY: The People I Uced to Know
10 Walker Hayes boom.

 

カントリー界屈指の人気者Luke Bryanがトップに。おそらく店頭セールスも快調だと思われるので、これがこのまま週の1位でしょうか。対抗馬はストリーミングで大きくパンプアップしそうなBig Sean + Metro Boominでしょうか。

またMigosなどが収録のControl the Streets, Vol.1はリリースがやや遅い時間帯だったようで、もしかしたら明日以降少しストリーミングやセールスの数字が上がるかもしれません(まだ現時点では24時間フルで集計されていないのでは?ということです)Offset・Cardi Bの2人によるトラックもあります。この作品にもTravis Scottが登場します。

 

⑤現在ラジオで上り調子の10曲

3 Ed Sheeran Perfect
19 Dua Lipa New Rules
46 Taylor Swift feat. Ed Sheeran & Future End Game
45 Migos, Cardi B & Nicki Minaj MotorSport
53 Miguel feat. Travis Scott Sky Walker
28 Gucci Mane feat. Migos I Get The Bag
48 NF Let You Down
54 Macklemore feat. Kesha Good Old Days
12 G-Eazy feat. A$AP Rocky & Cardi B No Limit
1 Camila Cabello feat. Young Thug Havana

 

Ed SheeranのPerfectがラジオでも急上昇で1位をこの先数週キープするかもしれません。Dua Lipaはラジオを上げてHot 100のトップ10を目指します。

 

⑥各ラジオ局で今週かかりはじめた曲

ラジオの推定聴取者が分かるkworb.comを参考にしています(ビルボードの各ラジオとほぼ同じ順位で出ているので正確) 

 

✫ポップ系

40 G-Eazy & Halsey Him & I
43 Fergie A Little Work

ポップ系ラジオでは、Him & IがNo Limitを早々に抜かしています。

 

✫アダルトポップ系

46 Soffi Tukker feat. Nervo, The Knocks & Alisa Ueno Best Friend
48 Fergie A Little Work
49 The Heirs Suburban Wonderland

Soffi TukkerのBest Friendが順調にラジオ系統を広げています。

 

✫リズミック系

44 Ed Sheeran Perfect
46 G-Eazy & Halsey Him & I
48 Farruko, Bad Bunny & Nicki Minaj feat. 21 Savage & Rvssian Krippy Kush
50 Remy Ma feat. Lil' Kim Wake Me Up

ポップ系からPerfectが、ラテン系からKrippy Kushがリズミック系局に上陸!

 

✫アーバン系

34 The Game feat. Jeremih, Young Thug & Sevyn Oh I
49 Ball Greezy Nice & Slow

The Gameが急上昇中です。

 

※カントリー系はビルボードのCountry Airplayのほうがkworbより表示範囲が広くて、早く登場曲が分かるので、そちらを参照してください。

www.billboard.com

Ed SheeiTu5https://twitter.com/SirScottKing/status/939196492820119552

Hot 100 12/16 見どころ【新規層を開拓?G-Eazy + Cardi B再びトップ10へ / クリスマス女王の帰還】

f:id:djk2:20171206220531j:plain

 

今週の注目はG-Eazy・Cardi B・A$AP RockyのNo Limitのトップ10入り。G-Eazyは以前のMe, Myself & Iとは違うヒットの仕方をしているのですが、どう違うのかを説明していきます。写真の左にいるのはG-Eazyの恋人Halsey。

またクリスマス女王がHot 100に帰ってきました。

 

※Meant to Beの項目で確認不足による粗相をしてしました、申し訳ないです。(現在は訂正しました)

 

 

100 Shakira feat. Nicky Jam – Perro Fiel

Shakiraの今年のアルバムからの3曲目のシングル、Perro Fielが100位で登場。ラテン系ラジオ(2位)、YouTube(全体で14位)などが主要なポイント源で思われます。客演のNicky Jam色の強いレゲトン風ポップです。

 

99 Chloe Kohanski – Total Eclipse Of The Heart

The Voice出場者Chloe KohanskiによるTotal Eclipse Of The Heart(Bonnie Tylerのカバー)が99位で登場。ストリーミングで扱われておらず、商用リリースではなくラジオでもほぼかからないので、(だいたい)ダウンロードのみでのエントリーです。ダウンロードだけなら6位のこの曲ですが、他の要素がほぼ0なのでヒットを多角的に分析するHot 100では99位になってしまいます。

同じくThe Voice出場者のAddison AgenのA Case Of Youもダウンロード13位に登場していますが、同じくほぼダウンロードのみでのポイント集計のためHot 100に登場せず。今後数週はThe Voice勢のエントリーが続きそうです。

 

98 Kelsea Ballerini – Legends

前回のグラミーで新人賞にノミネートされていたカントリー歌手Kelsea BalleriniのLegendsが98位で登場。今年リリースされたセカンドアルバムUnapologeticallyからの1曲目のシングルです。リリースのタイミングではHot 100に登場しませんでしたが、カントリー系ラジオで人気となり(今週カントリー系ラジオ14位)今週Hot 100にエントリーしました。

※意外とソングライトを他人に任せている(=曲のソングライトのクレジットに自身が載っていない)カントリー歌手が多いのですが、Kelsea Balleriniはファースト・セカンドアルバムの両方の全曲に自身の名前がソングライトにクレジットされているようです。

 

91 Jake Paul feat. Team 10 (& Gucci Mane) – It’s Everyday Bro

アメリカのYouTuber、Jake PaulのIt’s Everyday Broが91位で再登場。ビルボードには表記されていませんが、Gucci Mane入りのリミックスをリリースして再注目されたことがHot 100に今週入った理由だと思われます。Jake Paul & Team 10名義のEPも12/1にリリースされています*1。このEPにはRae SremmurdのSlim Jxmmiも登場しています。

※日本でもYouTuberの曲は注目されていて、Hikakin & Seikinの『雑草』がiTunesで瞬間的に1位に入り、Billboard Japan Hot 100でも19位にランクインしていました。

 

86 Farruko, Nicki Minaj, Bad Bunny, 21 Savage & Rvssian – Krippy Kush

Farruko、Bad BunnyなどのKrippy Kushが86位で登場。ラテン界隈で人気だったこの曲にNicki Minaj、21 Savageがリミックスに加わることでHot 100に到達しました。

この曲のように、ラテンのヒットに北米のラッパー/歌手が新たに追加され、ヒットというパターンはDespacito、Mi Genteなど今年多くありましたが、今後は逆に英語圏のヒットにラテン系ラッパー/歌手が追加されヒットにつながるというパターンが増えるのか?と個人的に少し注目しています。

原曲を超えるほどではないですが、Camila CabelloのHavanaのDaddy Yankeeリミックスが最近それなりにヒットしています。またラテンとは少し違いますが、Iggy Azaleaがブラジル人シンガーAnittaを客演に迎えたところ、歌詞は英語ながらも英語圏ではなく母国ブラジルのみ(ほぼ)でヒットとなったという事例も今年あります。今後は非英語圏のパワーがどこまで英語圏に影響を及ぼすか?に注目です。

 

52 Kodak Black feat. Lil Wayne – Codeine Dreaming

Kodak Blackが今年のEP、Project Baby 2に何曲かを追加。そのうちCodeine Dreamingが人気で、Hot 100の52位で登場。このEPに同じく収録されているXXXTentacionとのRoll In Peace(53位で登場)と同じくらいの順位で登場しています。Apple Music内のトップ10をキープするなどストリーミングで好調なので、数週チャートに残りそうです。

 

40 Bebe Rexha & Florida Georgia Line – Meant To Be

ダウンロードの強さ(ここ最近ダウンロードがトップ10)に加え、ポップ系ラジオでの浮上(今週31位 → 28位)によりBebe Rexha, Florida Georgia LineのMeant To Beがトップ40に浮上しました!今週40位。Bebe Rexha「メイン」*2の曲では初のトップ40入りです。(I Got Youは43位ピークでした)

David Guetta、Louis Tomlinsonの客演、またEminemのソングライター(The Monsterにて)など裏方の仕事がこれまでは多かったBebe Rexhaですが、自身がスポットライトを浴びるシンガーとしても伸びてきていますね!

※今週からカントリー曲であると判断され、Hot Country Songsに入ったこのMeant to Be。従前のカントリー曲のうち最高位がHot 100で今週48位のLANCOのGreatest Love Storyなので、Meant To Beは今週Hot Country Songsで初登場1位を変わった形で成し遂げています。

何故このタイミングでジャンルの判断変更が起こるのかは不明。ビルボードのジャンルの判断基準はラジオのジャンル、また変更のタイミングはアルバムのリリースの前後にあることが多いのですが*3、この曲はアルバムリリースのタイミングでもなく、また最近ビルボードカントリー系ラジオチャートに登場した訳でもないので少し不思議なジャンル変更です。この曲のサウンド自体もカントリーというよりもポップのほうが強い気はします。

12/7追記 カントリー系ラジオにエントリーしていたので、ラジオを参考にジャンル判別をしているビルボードの妥当な判断でした。事実誤認の情報を伝えてしまい申し訳ありませんでした。今後はこのようなことがないように気をつけます。

 

36 Marshmello feat. Khalid – Silence

従来のストリーミング・ダウンロードでの好調に加え、ラジオで少しずつ上昇によってMarshmelloのSilenceがトップ40入り。今週36位。Illeniumのリミックスが好調でダウンロードが伸びた時は42位と惜しくもトップ40入りを逃していましたが、見事今週トップ40入り。

ただ、ストリーミングは今がピーク or 過ぎた感があり、さらなる伸びシロを求めるのは厳しいか。とはいっても短期間での2連トップ40入りは見事。Selena GomezとのWolvesは先週に引き続き20位。

 

29 NF – Let You Down

元から順調だったNFのLet You DownがiTunes割引によるダウンロード増でトップ40入りを達成。今週29位。今年自身初のアルバム1位を成し遂げてから勢いに乗っています。世界的にも人気で、Spotifyグローバルでもトップ10に入っています。(逆にアメリカでのSpotifyトップ10には入っていない)

歌唱法はラップと分類できるこの曲ですが、ヒップホップリスナーからはあまり注目されておらず、かかっているラジオの系統も専らポップです。

 

28 BTS feat. Desiigner – MIC Drop

BTSのMIC Dropが28位で登場!K-Popグループとしては初のトップ40入り。PSYは3曲でトップ40に入っていました。

韓国のアーティストとしては8曲目のHot 100エントリーです。(Wonder GirlのNobody、PSYのGangnam Style・Gentleman・Hangover・Daddy、CLのLifted、BTSのDNAに次ぐ) *4

Steve AokiとDesiignerを新たに加えたリミックス、そのビデオを一気にリリースしたことにより多くのダウンロード(今週4位の多さ)とそれなりのストリーミング(今週48位)によって高い順位での登場を達成しました。

これらの数字(特にダウンロード)はファンの力に依るところが大きいと思われますが、現在ポップ系ラジオでも上昇中でファン以外のライト層にも影響力を及ぼせるか注目です。

 

27 Kendrick Lamar feat. Zacari – LOVE.

シングル化以降好調のKendrick LamarのLove. 今週27位まで順位を上げていて、これはシングル化以降のLoyalty.(ビデオリリース時に31位。アルバムリリース時は14位)よりも高い順位で、今後シングルとしてのさらなる上昇が期待できそうです。

ヒップホップ系のラジオ局だけではなく、最近はポップ系のラジオ局にも人気が飛び火したようです。一回はHot 100から外れたLove.ですが、最近シングルとして浮上しHot 100に再登場。「第二のチャート人生」を送るLove.の動向を見守りたいです。

 

21 Mariah Carey – All I Want For Christmas Is You

クリスマス女王がHot 100に帰ってきた!All I Want For Christmas Is Youが21位で再登場。この曲が意外にもトップ10入りの経験が無いのは、リリース当時のHot 100は、シングルカットされた曲のみを取り扱っており、この曲はラジオでかかっているもののシングルカットされていなかったため、Hot 100の取扱対象外に。実はリリース時はHot 100に入ってすらいなかったのです。(このシングルカットのルールは1998年に解除されています)

その後もクリスマス時期に再浮上するのですが、過去のヒット曲とされチャート再登場に制限がかかっていました。ですが2012年以降過去の曲が再登場できるようになり、それ以降は毎年クリスマスの時期に再登場するようになりました(似たような事例にハロウィン期のThrillerがあります)

2015年にはトップ10目前の11位まで上昇していたこの曲。今年はそのピークを更新できるのかが見どころです。

ちなみにGoogleでこの曲を検索するとこんな粋な図らいが……

f:id:djk2:20171206220716j:plain

 

8 G-Eazy feat. A$AP Rocky & Cardi B – No Limit

G-Eazy、A$AP Rocky、Cardi BのNo Limitがトップ10に到達!G-Eazy、にとって2曲目のトップ10、A$AP Rockyにとっては*53曲目のトップ10。Cardi BはBodak Yellow以降待望の2曲目のトップ10入りです。Migos, Nicki MinajとのMotorSportも一時期14位(今週17位)とCardi BはBodak Yellow以降、勢いを落とすこと無く大活躍しているといえます。

※以前とのG-Eazyとの違いについて

前アルバムWhen It’s Dark OutでMe, Myself & Iなどヒットを連発したG-Eazy。その時の主戦場はポップスで、例えばMe, Myself & Iはポップ系ラジオの1位に到達。その他Some Kind of Drugでもポップ系ラジオ39位にはいり、またBritney SpearsやGraceの客演でポップ系ラジオの中位に達しています。一方Hip Hop / R&B系ラジオではChris Brown・Tory LanezとのDriftingが48位に入る程度。(When It’s Dark Outに収録)。

このようにラッパーながらもヒップホップ層から以前は注目されていなかった彼ですが、このシングルでは評価が逆転。このNo LimitはHip Hop / R&B系ラジオでは現在2位に入る一方、ポップ系ラジオでは未だ40位圏外。以前とは支持層が大きく変わる結果に。

ポップ系は今回軽視?かというとそうでもなく、次シングル、HalseyとのHim & Iはポップ系ラジオを快調に登っているようです(まだ40位圏内に入っていないようですが)

Cardi Bを擁しヒップホップ層の人気を勝ち取り、Halseyを擁しポップ層の人気を勝ち取る……この「二刀流」の姿勢はアルバムでどこまで花開くでしょうか。アルバムには他にヒップホップ層としてJay-ZやKehlani、E-40。ポップ層としてはCharlie Puthが登場予定。

意図的なのか偶然なのか、同じ白人ラッパーのEminemとアルバムのリリース日が被っているようです!この週のアルバムチャート争いは注目です。

 

 

今週チャートから外れた曲 (9曲)

【左の数字は先週の順位、右(ピーク順位🗻/チャート滞在週数⏰)】

 

98 Tim McGraw & Faith Hill – The Rest Of Our Life (🗻98位 /⏰1週)

97 Chris Stapleton – Broken Halos  (🗻92位 /⏰4週)

96 YoungBoy Never Broke Again – No Smoke (🗻96位 /⏰1週)

94 Chris Brown – Questions (🗻78位 /⏰13週)

93 Macklemore feat. Skylar Grey – Glorious (🗻49位 /⏰19週)

90 Machine Gun Kelly, X Ambassadors & Bebe Rexha – Home (🗻90位 /⏰1週)

84 Carly Pearce – Every Little Thing (🗻50位 /⏰17週)

81 Young Thug feat. Future - Relationship (🗻65位 /⏰14週)

79 Lil Peep – Awful Things (🗻9位 /⏰1週)

 

 

チャートで今週伸びを見せた曲たち

今週最もラジオで伸びた曲          Ed Sheeran - Perfect

今週最もダウンロードが上昇した曲 Halsey - Bad At Love

今週最もストリーミングが伸びた曲 NF - Let You Down

最も高い順位で新登場した曲         BTS feat. Desiigner - MIC Drop

 

 

来週以降にHot 100に入るポテンシャルを持った曲をピックアップしました

 

G-Eazy & Halsey – Him & I

カップル同士の1曲。ダウンロード(iTunes現在3位)・ストリーミング(Spotify 8位)でロケットスタートを切った上、ラジオでも順調とNo Limitに引き続きヒットになりそうです。少しHalseyのファーストアルバムっぽい雰囲気を感じます。

 

Brenda Lee - Rockin' Around The Christmas Tree

クリスマス曲の、次のHot 100エントリー候補です。

 

 

*1:本人的にはアルバム扱い?らしいです。Gucci Mane入りリミックスの音源の最後に”Album December 1 st!”と連呼しています

*2:客演などではなく、自身がメインの曲という意味。トップ10に入ったMe, Meself & IではG-Eazy “&” Bebe Rexha で客演ではなかったのですが、G-Eazyのアルバム用の曲なのでBebe Rexhaは客演のような立場なのでBebe Rexha「メイン」ではなかったです。とはいえなぜ客演ではなく”&”で括られたかというと、この曲がもともとBebe Rexhaが作った曲でそこにG-Eazyがラップを乗せたといされるなど、Bebe Rexhaの作詞への寄与度が高いから?と思われます。Martin GarrixとのIn the Name of Loveも似たような感じです

*3:例:Bruno Mars https://www.billboard.com/charts/r-b-hip-hop-songs/2016-12-17

*4:ちなみに日本のHot 100エントリー曲数と並んでいます。他のK-Popが先にHot 100に入るか、それとも植野有砂が客演にいて現在ラジオで上昇中のBest Friendが先にHot 100に入るか……

*5:F**kin’ Problems・Selena Gomezの客演Good For Youに次ぐ

12/1 リリース新曲/新作の初動を観察 【同じ曲?違う曲? / テイラーのストリーミング開放】

f:id:djk2:20171203233608j:plain

更新が通常よりも2日遅れてしまいました……

今週の2大ニュースはEd Sheeranが自身のPerfectにBeyonceを新たに追加したこと。そしてテイラーが早々にアルバムをストリーミングに開放したことです。これらについて今週は語っていきます。

 

Spotify デイリーのアメリカトップ10 (金曜日=11/24)

1 Post Malone feat. 21 Savage rockstar
2 Lil Pump Gucci Gang
3 Perfect Duet Ed Sheeran & Beyoncé
4 Post Malone I Fall Apart
5 Post Malone Candy Paint
6 Offset, Metro Boomin Ric Flair Drip
7 G-Eazy feat. A$AP Rocky & Cardi B No Limit
8 Camila Cabello feat. Young Thug Havana
9 A$AP Ferg Plain Jane
10 21 Savage  Bank Account

 

注目は3位に登場したPerfect Duet。Hot 100で現在5位など既に好調のPerfectにBeyoncéを新たに加え、さらなる上昇を見込んでいます。

その狙い通りSpotify3位で登場、そしてiTunesで圧倒的な1位を記録。これが適応される週のチャート(来週)での1位を取りに行っています。

さらに通常バージョンのPerfectも割引によってiTunesで上昇。(÷の曲は全て割引)1位獲得に向けて死角はありません。ラジオも好調で、今後長いこと1位をキープするかもしれません。ちなみに「バラードは冬に強い」という仮説があるみたいですが、以前Spotifyで各国で長く人気の曲を調査した時、スウェーデンでバラードが多めだったため、この仮説は割りと当たっているのかもしれません。

 

季節まで味方につけて1位を狙いに行っているPerfectですが、穴があるとすれば"Perfect" と "Perfect Duet" が別の曲扱いされるという点。Despacitoでは名義が微妙に違っても同じ曲扱いだったため、名義の違い(Perfect は”Ed Sheeran"、Perfect Duetは "Ed Sheeran & Beyoncé)はそこまで問われないでしょうが、問題なのは曲名も違うこと。

SpotifyiTunesのどの媒体でも"Perfect Duet"という曲名で表記されています。(Remix)や(Pt.2)、(○○Version)なら同じ曲扱いすると思いますが、曲名が違う場合はどうなるのか?というケースはあまり見たことがありません。

「新たなバージョンをリリースした!」ということを宣伝したい気持ちは分かりますが、曲名まで変えてしまうのは少し大げさな気がします。個人的には別曲扱いをしてほしいと思うのですが、どうなのでしょうか。普通に同じ曲扱いになる気がしますがね…………仮に別曲扱いでも原曲も好調なので、Duet版無しでもHot 100の1位になるかもしれませんが。

来週のチャートでPerfectが1位に入ることが濃厚なので、Havanaは今週に1位を取っておきたいですね。

 

ほか、Post MaloneのCandy Paintがさらに上昇しています。

 

② 新曲/新アルバムからのシングル アメリカSpotifyデイリー順位 (金曜日)

12 G-Eazy & Halsey Him & I
52 Miguel feat. Travis Scott Sky Walker
55 Taylor Swift ..Ready For It?
57 Taylor Swift Look What You Made Me Do
68 Taylor Swift feat. Future & Ed Sheeran End Game
69 Taylor Swift Gorgeous
75 Martin Garrix & David Guetta feat. Jamie Scott & Romy Dya So Far Away
78 Taylor Swift I Did Something Bad
85 Taylor Swift Call It What You Want
89 Taylor Swift Don't Blame Me
91 Taylor Swift Delicate
96 Miguel feat. J.Cole & Salaam Rami Come Through and Chill
111 Louis Tomlinson Miss You
125 Taylor Swift Getaway Car
142 Taylor Swift So It Goes..
147 Taylor Swift This Is Why We Can't Have Nice Things
151 Taylor Swift King Of My Heart
154 Miguel Pineapple Skies
157 Taylor Swift Dress
161 Taylor Swift Dancing With Our Hands Tied
167 blackbear feat. Ne-Yo top priority
170 Taylor Swift New Year's Day

 

テイラーのreputationがストリーミングで開放され、全曲がSpotify200位圏内に。このようにアルバム全曲がSpotify 200位圏内に入るのは、女性シンガーとしてはLordeに次いで今年2人目・アメリカ人シンガーとしては今年初!です。(アメリカ人以外のシンガーはEd Sheeran、Harry Styles、Lorde、Sma Smithが全曲ランクイン。アメリカ人で今年一番惜しかったのはLana Del Reyの14/16曲)

因縁の相手?Katy Perryはちなみに4/15曲エントリー。その時はテイラーが同時に過去作をSpotifyに開放するという行動に出ていました。(↓参考)

 

ちなみに元カレCalvin Harrisも同じくアルバムは全曲がSpotify200位圏内に入りました。

ポップシンガーとしては上々のストリーミング成績を叩き出したように思えるテイラーですが、全曲入っている割には順位が低めで意外と微妙な成績だと思います。

同じくアルバム全曲がSpotify 200位圏内に入っていたLordeでしたが、アルバムリリース週のHot 100には1曲も入っていませんでした。今回のテイラーのストリーミング成績はその時のLordeと同じくらいなので、アルバムがストリーミングに開放されたからといって急上昇はあまり望めないと思います。Hot 100に既にエントリーしている曲が少し上昇する程度しか効果がでないと思います。

正直テイラーはアルバムをリリースすれば全曲がHot 100に入るくらいのパワーを持っていると思っていたので、物足りなさを感じます。アルバムリリースとストリーミング開放を中途半端にズラす戦略も、あまりうまくいったと思えません。売上を伸ばしたいならもう少し後のストリーミング開放で良かったと思います。

 

ほかMiguelのアルバムからは3曲が圏内に入っています。

 

シングルで最も高く登場したのはG-EazyとHalseyのHim & I。現在交際中の2人ですが、両者とも勢いのあるシングル(No LimitとBad At Love)があるためか、かなり順調なスタートを切っています。ストリーミングだけでなくiTunesでもかなり上位につけています。12/15にアルバムがリリース予定のG-Eazy。EminemN.E.R.D.と強敵ぞろいの週ですが、アルバムチャート争いでどこまで食らいつけるか。

 

ほかMartin Garrix & David Guettaと大物DJ同士のコラボ曲、ロック調サウンドのLouis Tomlinsonの新曲などが登場しています。

 

今週のクリスマス曲はこんな感じです。先週と比べて1曲増加(HallelujahのSpotify開放?)とそこまで変化は無いです。

15 Mariah Carey All I Want for Christmas Is You
44 Brenda Lee Rockin' Around The Christmas Tree
62 Wham! Last Christmas
64 Andy Williams It's the Most Wonderful Time of the Year
65 Anita Kerr Singers Jingle Bell Rock
80 Burl Ives A Holly Jolly Christmas
90 Frank Sinatra Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! 
94 Bing Crosby White Christmas
101 Vince Guaraldi Trio Christmas Time Is Here
104 Nat King Cole The Christmas Song
108 Band Aid Do They Know It's Christmas? (1984)
118 Mykola Dmytrovych Leontovych Carol of the Bells
123 Elvis Presley Blue Christmas
133 Michael Buble It's Beginning To Look A Lot Like Christmas
139 Justin Bieber Mistletoe
140 Perry Como It's Beginning to Look a Lot Like Christmas
141 Jose Feliciano Feliz Navidad
144 Bing Crosby Winter Wonderland
145 Ariana Grande Santa Tell Me
165 Chuck Berry Rund Rudolph Run
171 Burl Ives Rudolph The Red-Nosed Reindeer
175 Eartha Kitt Santa Baby
184 Paul McCartney Wonderful Christmastime
185 Pentatonix Hallelujah

 

 iTunesアメリカップ10+新曲の順位 (金曜日)

1 Ed Sheeran & Beyoncé Perfect Duet
2$ Ed Sheeran Perfect
3 G-Eazy & Halsey Him & I
4 Camila Cabello feat. Young Thug Havana
5 Imagine Dragons Thunder
6$ Post Malone feat. 21 Savage rockstar
7 Louis Tomlinson Miss You
8$ Halsey Bad at Love
9$ Bebe Rexha & Florida Georgia Line Meant to Be
10 Taylor Swift feat. Future & Ed Sheeran End Game

2トップがEd Sheeranに。End Gameも上昇。

 

13ク Mariah Carey  All I Want For Christmas Is You
20 Five Finger Death Punch Gone Away
28 Chloe Kohanski Total Eclipse of the Heart (The Voice Performance
32 Joyner Lucas I'm Not Racist
38 Martin Garrix & David Guetta feat. Jamie Scott & Romy Dya So Far Away
39 New Kids On the Block Unwrap You
40 Juicy J feat. Cardi B Kamasutra
42 Logic & Rag'n'Bone Man Broken People
46 New Kids On the Block December Love
48 New Kids On the Block One Night of Peace
60ク Pentatonix Hallelujah
66ク Pentatonix Mary, Did You Know?
69 Addison Agen A Case of You (The Voice Performance)
83 Kris Wu B.M.
92 Luke Bryan Out of Nowhere Girl
100 New Kids On the Block feat. DMX We Were Here

The Voice勢がそこそこダウンロードを獲得。もしかしたら次のHot 100で何曲か登場するかも。

 

iTunes アルバム順位 (アメリカ)

1 Chris Stapleton From A Room: Volume 2
2 U2 Songs of Experience (Deluxe)
3 Taylor Swift reputation
4 Miguel War & Leisure
5 Danielle Bradbery I Don't Believe We've Met
6 Pentatonix A Pentatonix Christmas Deluxe
7 New Kids On the Block Thankful (Unwrapped)
8 U2 Songs of Experience
9 Five Finger Death Punch A Decade of Destruction
10 Lindsey Stirling Warmer in the Winter

カントリー歌手Chris Stapletonが1位。次いでU2テイラーはストリーミング開放、シングルのダウンロードを生かしてアルバムチャート1位キープなるか。

ほかトップ10付近に世界有数の知名度を誇るJake Paulのアルバムがランクインしています。

 

⑤現在ラジオで上り調子の10曲

19 Kendrick Lamar feat. Zacari LOVE.
6 Ed Sheeran Perfect
61 NF Let You Down
9 Halsey Bad At Love
26 Luke Bryan Light It Up
38 Maren Morris I Could Use A Love Song
22 Garth Brooks Ask Me How I Know
54 SZA The Weekend
49 Selena Gomez & Marshmello Wolves
33 Brett Young Like I Loved You

 

Havana、rockstarの勢いが少し止まりつつあります。かかるラジオ系統が広がったKendrick LamarのLOVE.、HalseyのBad At Loveなどが上昇中です。

 

⑥各ラジオ局で今週かかりはじめた曲

✫ポップ系

44 Kendrick Lamar feat. Zacari LOVE.
50 BTS feat. Desiigner MIC Drop (Steve Aoki Remix)

先週爆発的なダウンロードを記録したBTSのMIC Dropがラジオにも早々に登場。アメリカでの定着度が上がってきています。

 

✫アダルトポップ系

47 Keelan Donovan Touch and Go
49 Post Malone feat. 21 Savage rockstar

着々とラジオを伸ばすrockstar。ラップ曲としてはラジオの高さが特徴です。

 

✫リズミック系

47 Taylor Swift feat. Future & Ed Sheeran End Game
48 Selena Gomez & Marshmello Wolves
49 Dua Lipa  New Rules

ポップ系ラジオで好調の3曲がリズミック系に上陸。

 

✫アーバン系

48 Young Doloh Go Get Sum Mo
49 Rich the Kid feat. Kendrick Lamar New Freezer
50 A Boogie Wit da Hoodie Say A

ラップのミックステープはリリースした瞬間が一番ストリーミングで注目を集める傾向にあるので、ラジオの周期とはどうしても少しズレますね。

 

✫カントリー系

50 Morgan Wallen feat. Florida Georgia Line Up Down

客演活動が多いFlorida Georgia Line。

Hot 100 12/9 見どころ 【Go Lani!Go Lani! +AMAで複数曲がダウンロード増】

f:id:djk2:20171130233916j:plain

R&B界で期待を受ける歌姫Kehlaniが客演でHot 100に登場しています。まだトップ40が無いのでこの曲でトップ40に入れると良いですね。タイトルのGo Lani!Go Lani!というフレーズは曲の最後にLil Yachtyが言うフレーズです。LaniはKehlaniのことです。彼はKehlaniとコラボするのが夢だったみたいです。


グラミーの主要部門(Alubm of the Year、Song of the Year、Record of the Year、New Artist)にはノミネートされていないKehlaniですが、なぜかグラミーのノミニーのページのトップ画像に採用されています。Kehlaniがエントリーしているのは、DistractionのR&Bパフォーマンス、Undercover (Adventure Club Remix)のリミックス部門。後者はリミキサーに与えられる賞な気がしますが!

f:id:djk2:20171130235152j:plain

ボブ・ディランケリー・クラークソンも主要部門にノミネートされてはいませんがね)

 

100 Calvin Harris feat. Kehlani & Lil Yachty – Faking It (New)

Calvin Harrisの今年のアルバム、Funk Wav Bounces Vol.1 から5曲目のシングルFaking Itが100位で登場。ポップ系・リズミック系などラジオが好調です。ストリーミングの数字が着いてくれば上位も見えてきますかね。

トップ40に入るようなヒットになり、(この中でトップ40入りの経験がない)Kehlani*1のさらなる飛躍のきっかけになれば嬉しいです。客演の立場から二人をトップ10に導いた(BroccoliでDRAMを、iSpyでKyleを)トップ10請負人Lil Yachtyは再びパワーを発揮できるか!

※Radio Editバージョンがストリーミングで多く流布しているようですが、元バージョンとRadio Editの違いは、Fワードが消されていることと、上記したLil Yachtyの最後の”Go Lani!Go Lani!”という掛け声が消されているところです。

 

 

98 Tim McGraw & Faith Hill – The Rest Of Our Life (New)

今週アルバム2位のTim McGrawとFaith Hillのタッグ作からの1曲。The Rest Of Our Lifeが98位で登場。

今週のアルバムチャートは先週に引き続きTaylor Swiftが1位。デビュー曲のタイトルがTim McGrawだったテイラーですが、2週目ながらもそのTim McGrawにダブルスコアを付けて1位をキープしています。

ほかアルバムチャートの4位にはGarth BrooksのCDボックスセット(CDのみ販売)など。クリスマスアルバムもじわじわ上昇中で、PentatonixのA Pentatonix Christmasが5位、SiaのEveryday Is Christmasが27位(新リリース)など。

 

96 YoungBoy Never Broke Again – No Smoke (New)

YoungBoy Never Broke AgainがUntouchableに引き続き2曲目のHot 100入り。No Smokeが96位で登場。今年のワイルドスピードのサントラにも登場し、21 Savageと共演しました。ルイジアナ出身。

 

92 Tank – When We (New)

TankのWhen Weが92位で登場。アダルトR&B系ラジオで1位など、ラジオのポイントが効いてHot 100に登場しました。16年前にトップ40入りをしたベテランR&Bシンガー。Hot 100への登場は2011年以来(客演で)、自身の曲では約10年ぶりの登場です。複数Chris Brownと組んだ曲があります。

 

90 Machine Gun Kelly, X Ambassadors & Bebe Rexha – Home (New)

映画Brightのサントラからの1曲。同サントラから現在3曲がリリース済みですが、これが初のHot 100登場。近年ポップ系アクトとの共演が続く*2Machine Gun Kelly、昨年Suicide SquadのサントラでSucker For Painのヒットに寄与したX Ambassadors、そしてBebe Rexhaの3人によるコラボ曲です。

同サントラからのその他の曲もそれなりに好調で、Future, Ty Doll $ignとKiiaraのDark Sideが先週の122位相当、そしてBastilleのWorld Gone Madがオルタナティブ系ラジオで急上昇中です(この系統での伸び幅今週最大です)まだリリースされていない曲の中ではMarshmelloとMigosの曲が大きな注目を集めそうでしょうか。ほかPortugal. The Man、Lil Uzi Vert、Logicなど今年ヒットを飛ばした面々、Rag’n’Bone Man、Alt-Jなどイギリス勢などがアルバムに登場します。

※David GuettaなどのDJ、G-Eazyなどのラッパー、そして最近はカントリーのFloriga Georgia Lineと幅広いジャンルとタッグを組んできたBebe Rexhaですが、このHomeではロックバンドのX Ambassadorsと組み、さらに幅を広げています。

 

86 Taylor Swift feat. Ed Sheeran & Future – End Game (New)

Taylor Swiftのアルバム内注目シングル、End Gameが86位で登場。客演はFutureとEd Sheeran。アルバムリリース時はアルバム内の曲をシングル単位で買えなかった(アルバムごとしか買えない!)のですが、それが後にシングル単位で変えるようになったこと、そしてポップ系ラジオでの上昇でポイントが増えHot 100に登場しました。相変わらずストリーミングには解禁されていません。

現状の勝負シングルは..Ready For It?で、こちらはまだ「プロモーションシングル」扱いのようです。ですがアルバムReputationの全曲をポップ系ラジオがかけている、という情報もあるので、その中の人気曲が正式シングルではないものの、そこそこラジオでかかっているという状態でしょうか。

ストリーミングサービスにもまだ流れておらず、またシングル化のタイミングでリリースされる傾向のあるビデオも無いので、しばらくはHot 100集計の3大要素を欠きながらチャートで勝負することに。シングル化すれば何かしらのプロモがあるでしょうが。

※Chance the Rapperは昨年同じくHot 100集計の3大要素を欠きながら(ダウンロード抜き)チャートで戦い、見事Hot 100の43位まで到達。大健闘でした。3大集計要素のうち、比率は(ダウンロード>ラジオ>ストリーミング)なので、ここまで到達するとは意外でした。逆にEnd Gameが欠いているのは一番比率の低いストリーミングなので、案外問題なくチャートを駆け上がるかも。

 

※2012年のアルバムRed収録のEverything Has Changedでもタッグを組んだTaylor SwiftとEd Sheeranですが、当時は両者ともカントリー要素、アコースティック要素が強く、現在のスタイルとの違いから少し隔世の感があります。

 

79 Lil Peep (feat. Lil Tracy) – Awful Things (New)

Lil Peepの急逝を受けて関連曲がストリーミングを中心に最注目されました。Awful Thingsが79位で登場しています。これがLil Peepにとって初のHot 100に。ビルボードは表記していませんでしたが、Lil Tracyという客演が表記されている場合もあります。

またこの曲が収録されたアルバムCome Over When You’re Soberが38位に上昇しています。(ピーク更新しています)

 

47 Luis Fonsi & Demi Lovato – Échame La Culpa (New)

Despacitoで世界的ブレイクを遂げたLuis Fonsiの次なる挑戦、Demi LovatoとのÉchame La Culpaが47位で登場。順調な出だしといえます。リリース初週の今週はダウンロードが主なポイント源ですが、YouTube今週1位、Spotifyでも中位につけるなどストリーミングでも好調なので今後も期待が持てそう。まずは目指せトップ40ですかね。

Spotifyグローバルでは既にトップ10入り

 

29 6ix9ine – Gummo (↑)

先週58位でHot 100に登場した6ix9ineのGummoですが、さらに今週順位を伸ばして29位まで到達。トップ40入り。勢いが凄まじいです。

先週Hot 100で6位まで到達したBobby ShmurdaのHot N***aと比較しましたが、そのHot N***aを上回る破竹の勢いでチャートを駆け上がっていて、どこまで上昇するか楽しみです。

※Hot N***aは3週目で53位、4週目で45位、5週目で25位でした。2週目で29位のGummoはこのペースを維持できるでしょうか

 

20 Selena Gomez & Marshmello – Wolves (↑)

11/19に行われたAmerican Music Awardでパフォーマンスされた複数曲がダウンロードで上昇。95位にP!nkのBeautiful Traumaが登場(次のシングル)、93位にMacklemoreのGloriousが再登場。また、Hailee SteinfeldなどのLet Me Goが66位→53位、KhalidのYoung Dumb & Brokeが29位→22位、Demi LovatoのSorry Not Sorryが12位→9位と順位を上げる曲も多く見られました。

その中でも一際大きく順位を上げたのはSelena GomezとMarshmelloのWolves。パフォーマンスによるダウンロード上昇だけでなく、iTunes値引き、ビデオのリリースと複数の宣伝が効きました。ちなみに今週の20位はBad Liarのピークと同じ順位。今後もHot 100で順位を上げてBad Liarを超えられるでしょうか。

※同じくAMAでパフォーマンスされ、少し順位を上げたFeel It Still(9位→8位)は今週Alternative系ラジオチャート(Alternative Songs)で20週目の1位を記録。同チャートで歴代最長の1位曲となりました。*3

 

1 Post Malone feat. 21 Savage – rockstar (→)

ラジオを大きく伸ばし、ダウンロードも1位をキープして猛追してくるHavana。それをかわしたPost Maloneのrockstarが7週目の1位。ビデオのリリースが1位をキープできた要因の一つと思われます。Havanaほどでは無いですが、rockstarもなかなかラジオで好調で、今週ラジオ4位に浮上。これは今年Hot 100で1位になった5曲のうちで最も高いラジオ順位です。アーバン系などヒップホップ関連の局だけではなく、規模の大きいポップ系でもある程度人気な点がラジオでの好調につながっています。

 

※rockstarのつくラップ曲といえば 10年前にShop BoyzのParty Like A Rockstarという曲がヒットしていました。週のピーク2位で年間14位でした。こちらはトラックもロックを意識したサウンドになっています。個人的には今リリースしてもそこそこヒットになる気がするのですが、どうでしょうか。ノリやすいサウンドでストリーミングとの相性が良いように思います。

 

× The Chainsmokers & Coldplay – Something Just Like This (↓)

ピーク3位、チャート39週滞在と好成績でチャートを後にしたSomething Just Like This。

Closerに引き続き、【リリース時から大きく注目を集めてダウンロードとストリーミングが爆発的に上昇 → その後ラジオでポイントを稼ぎつつ緩やかに降下】というヒットの必勝法パターンを受け継いでいました。Closerほどの爆発力はなく、週間で1位は取れませんでしたが、ラジオで長持ちだったこともありロングヒットに。Coldplayの影響もあってロック系のラジオでもそこそこ人気でした(ロック系ラジオ最高8位)

ラジオの影響でロングヒットになった曲は総合的に見るとヒット度が高く、年間チャートでは高く出る傾向にあります。年間トップ10入りが見込まれます。

 

× Lil Uzi Vert – XO TOUR Llif3 (↓)

Lil Uzi VertのXO TOUR Llif3がピーク7位、チャート滞在34週という結果を残してチャートを後に。それまでの自身の曲での最高位がYou Was Rightのピーク40位なので、このシングルで一気に飛躍したことが分かります。

このXO TOUR Llif3のヒットを機に注目度がさらに高まり、今年8月にリリースされた初のスタジオアルバム、Luv Is Rage 2は収録曲のうち10曲がHot 100に入りました!デビュー作でここまで多くの曲が入ったのは偉業です。

 

 

このような活躍もあって、今年のグラミー新人賞にノミネートされました。ほか、ベストラップパフォーマンス部門には客演を務めたBad And Boujeeがノミネートされています。

 

※Rap/Sung パフォーマンス部門にノミネートされたGoldlinkのCrewも今週Hot 100から外れました。

 

 

チャートで今週伸びを見せた曲たち

今週最もラジオで伸びた曲          Camila Cabello feat. Young Thug - Havana

今週最もダウンロードが上昇した曲 Selena Gomez & Marshmello - Wolves

今週最もストリーミングが伸びた曲 6ix9ine - Gummo

最も高い順位で新登場した曲          Luis Fonsi & Demi Lovato – Échame La Culpa

 

※先週表示されていなかったジャンル別「最も伸びた」が今週復活していました。先週は単なる編集ミスでしょうか

 

今週チャートから外れた曲 (11曲)

【左の数字は先週の順位、右(ピーク順位🗻/チャート滞在週数⏰)】

 

100 Future & Young Thug feat. Offset – Patek Water (🗻50位 /⏰4週)

96 G-Eazy – The Plan (🗻96位 /⏰1週)

92 Florida Georgia Line – Smooth (🗻89位 /⏰7週)

89 Taylor Swift – Gorgeous (🗻13位 /⏰4週)

88 21 Savage, Offset & Metro Boomin feat. Quavo – Rap Saved Me(🗻64位 /⏰3週)

73 Taylor Swift – Call It What You Want (🗻27位 /⏰2週)

69 Keith Urban – Female (🗻69位 /⏰1週)

50 Goldlink feat. Brent Faiyaz & Shy Glizzy – Crew (🗻45位 /⏰21週)

49 The Chainsmokers & Coldplay – Something Just Like This (🗻3位 /39週)

48 Lil Uzi Vert – XO TOUR Llif3 (🗻7位 /34週)

43 Kane Brown feat. Lauren Alaina – What Ifs (🗻26位 /⏰23週)

 

 

来週以降にHot 100に入るポテンシャルを持った曲をピックアップしました

 

Kodak Black feat. Lil Wayne - Codeine Dreaming

Roll in Peace、Transportin’などが収録されたミックステープBaby Project 2に追加された曲が好調。Apple Musicではトップ10に入っているのでストリーミングのポイントで来週はHot 100入りですかね。

 

Chloe Kohanski - Total Eclipse of the Heart

Addison Agen - A Case of You

The Voiceでパフォーマンスを行った数名がiTunes上位に。ただしストリーミングで解禁されていないため、ポイントがダウンロードでしか期待できず、そのダウンロードも週半ばリリースなのでやや厳しいかも。

 

Jane Zhang - 808 (Jack Novak Remix)

Jane Zhang - Work for It

Kris Wu - B.M.

中国のスター、Jane ZhangとKris Wuが瞬間的にアメリカのiTunes トップ10に登場。すぐに落ちてしまったため、Hot 100に入るようなことはなさそうです。

Kris Wu(元EXOで中国出身)は前回のDeserveは104位相当にランクインしましたが、今回はそこまで行けなさそうです。

 

 

*1:Gangsta =41位、Good Life=59位と映画のサントラ収録曲でそこそこ上位につけたことはありますが、映画のタイミングで「のみ」急浮上するので、あまり本格的なヒットとはいえず……自身のDistractionとCRZYは両方85位ピークです。

*2:アルバムで多くのポップ系シンガーを迎えただけでなく、Little Mixの客演にも登場

*3:MuseのMadnessを抜いての